健康食品・サプリメントの泉

関節液

「煤煙」などを書いた明治から昭和の小説家、森田草平(もりたそうへい)は文豪といわれた小説家、夏目漱石(なつめそうせき)門下の弟子でした。

あるとき、森田草平が夏目漱石に「先生がもし死んでから閻魔大王に、もう1回生き返らせてやるといわれたらどうしますか?」と尋ねました。

すると、夏目漱石は「そうさな、胃病を治してくれてのうえでなら、また生き返ってもいいな」と答えました。

夏目漱石の死因は胃潰瘍(いかいよう)による大量出血であったそうですが、よほど悩まされていたのですね。

でも、胃潰瘍ではなくても、変形性関節症などに悩んでいる方はまた生き返らせてもらえるなら関節を自由に動かせるようにしてほしいと思うでしょうね。

関節の滑膜に炎症が生じて関節液が滞留し、関節がひどく痛む方なら、なおさらその願いは切実でしょうね。

関節液とは

関節液(かんせつえき)は関節の関節包(かんせつほう)のすき間である関節腔(かんせつこう)を満たしている淡黄色の透明で粘り気のある組織液の一種です。

関節液は膝関節(しつかんせつ)でも数㏄ほどしかないので、検査のための採取であっても難しいものとなっています。

関節液の働き

関節液の働きは2つあって、1つは潤滑、もう1つは栄養の維持です。

関節液にはヒアルロン酸が含まれていて、関節を動かすときに関節腔の中の関節包の軟骨や滑膜(かつまく)が直接触れ合って、摩擦のために傷まないようにする潤滑油の役割をしています。

また、関節の軟骨には血管がなく、血液からの栄養分の補給ができないため、関節液が血液の代わりに栄養を供給しています。

軟骨

軟骨は関節や靭帯(じんたい)などにある弾力性のある器官です。

軟骨はプロテオグリカンコンドロイチン、コラーゲンを含んでいて、水分を多く含み、関節などのと骨の間のクッションの役割を果たしています。

軟骨には血管や神経リンパ管がなく、軟骨に変形や断裂などの異常が起きても軟骨自体には痛みや腫れは生じません。

しかし、軟骨自体に痛みや腫れはなくても、軟骨をおおう組織、関節の滑膜に炎症が生じて、関節腔の関節液の過剰滞留が起きることがあります。

つまり、俗に水が溜まる場合に痛みや腫れは変形性関節症の関節炎の副次症状として生じます。

関節液のまとめ

関節液(かんせつえき)は関節の関節包(かんせつほう)のすき間である関節腔(かんせつこう)を満たしている淡黄色の透明で粘り気のある組織液の一種です。

関節液の働きは2つあって、1つは潤滑、もう1つは栄養の維持です。

関節液にはヒアルロン酸が含まれていて、関節を動かすときに関節腔の中の関節包の軟骨や滑膜(かつまく)が直接触れ合って、摩擦のために傷まないようにする潤滑油の役割をしています。

また、関節の軟骨には血管がなく、血液からの栄養分の補給ができないため、関節液が血液の代わりに栄養を供給しています。

なお、サプリメントとしてのグルコサミンはあくまでも、サプリメントですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ