健康食品・サプリメントの泉

血液

「考える人」などを制作したオーギュスト・ロダンと夫人のマリーは長く入籍していませんでしたので、友人たちはすすめて2人に正式な結婚式をさせました。

花婿のロダンは77歳、花嫁のマリーは73歳でした。

マリーは生まれて初めて白粉(おしろい)をつけてうれしそうでした。

ところが、結婚式後2週間ほどたって、マリーは風邪がもとで亡くなりました。

これも人生でしょうね。

ところで、血液型の場合は自分では選べませんので、人生ではなく、運命でしょうか。

血液とは

血液(けつえき)は身体の各組織へ酸素や栄養分を運び各組織の細胞の新陳代謝を行い、ケガをしたときの止血、細菌ウイルスなどの病原体の撃退なども行っている体液です。

当たり前ですが、血液は人間が生きていくためにはたいへん重要なものです。

血液は血漿(けっしょう)と血球で構成されていて、液体成分が血漿で赤血球、白血球血小板の有形成分が血球です。

血液の約55%は血漿で、残りの約45%は血球です。

血液の成分

  1. 血漿
    • 血漿の91%は水分で、残りの約9%はアルブミン、グロブリン、血液凝固因子などのタンパク質です。
    • このほかにミネラル糖質脂質を含んでいます。
    • 血漿は体内に酸素や栄養を運び、二酸化炭素などの老廃物を腎臓(じんぞう)に運ぶ働きをしています。
    • 血漿の凝固因子は出血が起きたときに、血小板や赤血球と一緒に頑丈な血栓をつくって傷口をふさぎます。
    • また、血漿にはいろいろな抗体が含まれ、病原体の排除に重要な働きをしています。
  2. 赤血球
    • 赤血球は血液1㎖に大人の男性で約500万個、大人の女性で約450万個、幼児で約690万個あります。
    • 赤血球は直径約10μmの円盤形ですが、両面にくぼみがあるため、ドーナツのような形をしています。
    • 赤血球は骨髄でつくられて、古くなるとおもに脾臓(ひぞう)肝臓で壊されますが、その間の寿命は約120日間です。
    • 赤血球は肺で酸素を取り込み、身体の各組織に運搬し、各組織で酸素と二酸化炭素を交換、二酸化炭素を回収して肺から放出します。
    • 血液検査の赤血球の適正値は42,000〜57,000個/μℓです。
  3. 血小板
    • 血小板は血液1㎖に20〜40万個あります。
    • 血小板は直径約2μmの円盤形の細胞です。
    • 血小板の寿命は10日間ほどです。
    • 血小板はケガなどで血管が傷ついて出血したとき、傷ついた部分を見つけて張り付き、周りのほかの血小板や凝固因子を引き寄せて、血栓をつくり出血を止める働きがあります。
    • 血小板数が減少すると出血しやすくなります。
    • また、止血しにくくなります。
    • 血液検査の血小板数の適正値は140,000〜360,000個/㎗です。
  4. 白血球
    • 白血球は血液1㎖に大人で平均7,500個あります。
    • 白血球は顆粒球、単球、リンパ球からなっています。
    • 顆粒球は好中球、好酸球、好塩基球の3種類があり、リンパ球はT細胞B細胞NK細胞の3種類にわけられます。
    • 単球は血管から組織に入りマクロファージ(大食細胞)に変わります。
    • 白血球は病原体やガン細胞を直接、あるいは抗体をつくって間接的に攻撃し、疾患から身体を守る働きをしています。
    • 血液検査の白血球の適正値は3,800〜9,800個/μℓです。

血液型

血液型というと赤血球の型が一般的ですが、白血球、血小板にも血液型があります。また、血漿にも血液型があり、輸血する際にはこれらの血液型をあわせる必要があります。

  1. ABO血液型
    • 最もよく知られた赤血球の血液型で、A型の方はA型物質を持ち、B型の方はB型物質を持っています。
    • AB型の方は両方の型物質を持ち、どちらも持っていない方はO型になります。
    • ABO血液型は赤血球以外にも多くの組織、細胞に存在します。
  2. Rh血液型
    • Rh血液型は赤血球だけに存在し、D、C、c、E、eの5種類の抗原で分類されます。
    • もっとも多い方で5種類全部、もっとも少ない方でも、Cかcのどちらか1つと、Eかeのどちらか1つのあわせて2種類の抗原を持っています。
    • このうち、D抗原を持たない方をRhマイナス型といいます。
    • まれにD抗原しか持たない方(-D-、バーディーバー型)や抗原をまったく持たない方(Rhナル型)がいます。
  3. まれな血液型
    • まれな血液型とは、100名中に1名以下でしか見つからない血液型をいいます。
    • バーディーバー型やRhナル型はまれな血液型です。
  4. HLA型
    • HLA(human leukocyte antigen)、つまりヒト白血球抗原はA、B、C、DR、DQ、DPに大きくわけられ、それぞれに多くの型があります。
    • HLAは白血球だけでなく、赤血球を除く、多くの組織や細胞に存在し、健康な細胞と疾患の細胞、あるいは自分の細胞と他人の細胞を区別する重要な働きがあります。
    • このため、白血病などの血液難病のために行う骨髄移植においては他人の細胞であると区別されないように、HLA型、特にA、B、DRの型を厳密にあわせる必要があります。
    • また、血小板を輸血した場合、HLA抗体によって輸血した血小板が壊されてしまうことがあり、このような場合はHLA型を調べて輸血することが必要です。
  5. 血漿型
    • 血漿は非常に多くの成分を含んでいます。
    • ほとんどの方は量の多少はありますが、同じ成分を持っています。
    • しかし、健康上問題のない範囲で、ある成分を持っていない方がいます。
    • 有名なものはIgA、つまり免疫グロブリンAというタンパク質の欠損です。
    • IgA欠損症の方が他の方から輸血を受けると抗体がつくられ、強い副作用を起こし、免疫不全症を引き起こすことがあります。

ドロドロ血液

血液がドロドロとかサラサラとかいわれますが、ドロドロの原因は次のようなものです。

  1. 赤血球が増える
    • 熱中症などによって身体が脱水状態になると、血液中の液体成分が減り、比率として赤血球が増加した状態となってドロドロ血液になります。
    • 対策としては水分を補給することが重要です。
    • もちろん、汗や尿となって出たミネラルも補給しなければなりません。
  2. 赤血球が硬くなる
  3. 血小板が固まりやすくなる
    • メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)で体脂肪が多く、中性脂肪コレステロール値の高い方、または水分不足で脱水状態の方、飲酒などの原因によって血小板が固まりやすくなり、ドロドロ血液になります。
    • 対策としては生活習慣を改善して、メタボリックシンドロームの状態にならないようにすることです。
    • 生活習慣病は日常生活の中で適度な運動をする、食事の量や栄養のバランスをよくする、アルコールを節制する、睡眠を十分とる、禁煙をすることなどによって予防することができます。
    • また、動物性脂肪を含んだ肉や魚を過剰に食べることを避け、ビタミン、ミネラルを多く含み、食物繊維を含む野菜をたくさん食べる、青汁やお茶、コーヒーを適度に飲むことも生活習慣病の予防に効能が期待できます。
  4. 白血球がひっつきやすくなる
    • 細菌やウイルスなどの病原体やキズ、ケガなどによって身体に炎症があると、白血球は細菌などを探すために粘着性を高めます。
    • そのため、血管にくっつきやすくなり流れを悪くして、ドロドロ血液になります。
    • 風邪を引いたときに顔色が悪く見えるのは、白血球が血液の流れを悪くしているためです。
    • ストレスタバコによっても、白血球の粘着性は高くなり、ドロドロ血液になります。
    • したがって、炎症の原因となっているインフルエンザや風邪などの疾患を治す、ストレスを避け睡眠などの休養を十分取る、禁煙するなどの対策が考えられます。
    • しかし、これらも生活習慣病の予防と重なるところが多いので、生活習慣病の予防が対策と考えられます。

献血

人間の血液の量は体重の約13分の1といわれていますが、血液の量の12%を献血しても医学的には問題がないといわれています。

すると、体重65㎏の方の血液は約5㎏で、その12%は約0.6㎏ということになります。

血液の比重は1.05前後ですので、約570㏄の血液を献血しても大丈夫ということになります。

そして、献血後の血液の量は水分を摂取することにより短時間で回復するということですので、ここは積極的に献血するべきでしょうね。

問題は量ではなく質の血液の成分の回復する速さですが、その成分によって回復する速さが異なります。

個人差がありますが、血漿成分は約2日、血小板成分が4〜5日、赤血球は2〜3週間で回復するそうです。

血液のまとめ

血液(けつえき)は身体の各組織へ酸素や栄養分を運び各組織の細胞の新陳代謝を行い、ケガをしたときの止血、細菌やウイルスなどの病原体の撃退なども行っている体液です。

当たり前ですが、血液は人間が生きていくためにはたいへん重要なものです。

血液は血漿(けっしょう)と血球で構成されていて、液体成分が血漿で赤血球、白血球、血小板の有形成分が血球です。

血液の約55%は血漿で、残りの約45%は血球です。

血液には血液型があり、ABO血液型、Rh血液型、まれな血液型、HLA型、血漿型で分類されます。

血液は赤血球が増える、赤血球が硬くなる、血小板が固まりやすくなる、白血球がひっつきやすくなることでドロドロの状態になることがあります。

ドロドロ血液は生活習慣病の予防や対策が有効です。生活習慣病は日常生活の中で適度な運動をする、食事の量や栄養のバランスをよくする、アルコールを節制する、睡眠を十分とる、禁煙をすることなどによって予防することができます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのグルコサミンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ