健康食品・サプリメントの泉

腎不全

世界童話集の著者として知られている19世紀末のスコットランドの詩人で民俗学者のアンドルー・ラングはある人物を家に招いていいました。

「クロムウェル街道を真っ直ぐに歩いて来たまえ。歩いて、歩いて、歩いて、くたびれてへたばりそうになったとき、そこに見えるのが僕の家なんだ」

ラングは健脚だったのですね。

生活習慣病とは無縁な、当然、腎不全などありえない人物だったのですね。

腎不全とは

腎不全(じんふぜん)とは腎臓(じんぞう)が炎症などを起こして、血液をろ過する機能が落ち、老廃物を十分排泄できなくなった状態のことをいいます。

腎不全は急性腎不全と慢性腎不全にわけられます。

腎不全は腎臓(じんぞう)の働きが正常の30%以下に低下した状態ですが、腎不全が慢性化し、慢性腎不全になると腎臓(じんぞう)の機能は回復できなくなります。

急性腎不全は心不全や脱水、尿路結石、薬剤アレルギー、腎臓(じんぞう)への急激な血流の減少などで起こります。

慢性腎不全は糖尿病高血圧が大きな原因です。

糖尿病と高血圧により動脈硬化の症状が進行して腎臓(じんぞう)が硬くなり小さくなって腎機能が低下していきます。

腎不全の症状

腎臓(じんぞう)は体内の老廃物を排泄していますので、腎不全を起こすと体内に不必要なものや身体にとって有害なものがたまってきます。

腎不全を起こすと次のような症状が起きます。

  1. 尿毒症
    • 尿毒症は思考力の低下、不眠、頭痛、全身倦怠感、吐き気、口臭、かゆみ、黒ずんだ皮膚、尿が少なくなるなどの症状がでます。
    • 腎不全になると酸性物質が身体にたまることで身体が酸性になります。
    • 身体が酸性になると尿毒症を起こす物質が身体にたまります。
    • この尿毒症を起こす物質が何かはまだわかっていませんが、血液中の尿素窒素とクレアチニンとほぼ並行して増えることがわかっています。
    • 血液検査で尿素窒素とクレアチニンをチェックすることでこの物質のたまり具合を推定することができます。
    • 尿素窒素の適正値は8.0〜21.0㎎/㎗で、クレアチニンの適正値は男性で0.6〜1.1㎎/㎗、女性で0.4~0.8㎎/㎗です。
  2. 心不全
    • 心不全は心臓の働きが弱くなり、全身へきれいな血液をうまく送れない状態で、手や足などに水がたまりいろいろな症状がでてきます。
    • 心不全は体重の増加、浮腫(むくみ)、息切れ、食欲低下、吐き気、消化不良、咳(せき)、痰(たん)などの症状がでます。
    • 腎不全を起こすと老廃物や身体の水分が排出できなくなり、身体の中に水分がたまって心不全を起こしやすくなります。
  3. 高カリウム血症
    • 腎不全では血液中の電解質の調整ができなくなり、カリウムが尿から排泄されず、血中にカリウムが多くなります。
    • カリウムの血中濃度が異常に高くなると、高カリウム血症を起こし、心臓が止まることもあります。
    • また、症状がなく高カリウム血症になることもありますので、注意が必要です。
    • 血液検査におけるカリウムの適正値は3.5〜5.1mEq/ℓです。
    • mEqはミリエクイバレントと読み、ミリ当量を指します。
    • まあ、カリウム粒子の数と思ってください。
    • 電解質などのイオンの場合は単純に重さや容積で比較できませんので、個数で比較します。
    • なお、カリウムは果物や生野菜に多く含まれていますので、腎不全の場合には果物や生野菜の摂取には十分な注意が必要です。
  4. 貧血
    • 腎臓(じんぞう)は血液をつくるホルモン、エリスロポエチンを分泌し、骨髄(こつずい)の赤血球の産生を促しています。
    • 腎不全を起こすとエリスロポエチンの分泌が低下し、血液中の赤血球の量が減少し、貧血を起こしやすくなります。
  5. 高血圧
    • 腎臓(じんぞう)は血圧が下がり、血液量が減少するとレニンという酵素を分泌し、血圧を上げるように働きかけます。
    • 腎不全を起こすとレニンが過剰に分泌され、体内に水がたまり、血圧も上昇して高血圧になりやすくなります。
  6. 骨粗しょう症
    • ビタミンDは食物から摂るほか、直射日光の紫外線により皮膚でつくられ、腎臓(じんぞう)で活性化されます。
    • 活性型ビタミンDは腸から血液中にカルシウムを吸収することを助けますので、腎不全を起こすとにカルシウムが足りなくなり骨粗しょう症を起こすことがあります。

人工透析

人工透析(じんこうとうせき)は腎不全を起こしたときなど、腎臓(じんぞう)が正常な機能を果たさなくなったときに使われる治療法です。

人工透析は人工の透析装置で腎臓(じんぞう)の代わりに血液の浄化を行い、老廃物や水分を身体の外に排出します。

一般的な人工透析では定期的に透析を行うことができる病院などで、週2〜3回、1回につき4〜5時間も透析を行わなければなりません。

また、血液を人工透析装置に送るために静脈動脈をつなぐシャント血管を人工透析の前に、外科手術でつくらなければなりません。

そうして、血液にたまった毒素や老廃物、余計な水分を除去して、浄化した血液をまた、体内に戻さなければなりません。

人工透析は腎臓(じんぞう)の代わりに血液の浄化を行ってくれますが、腎不全を治療してくれるわけではありません。

ですから、人工透析を行うことになったら、死ぬまで透析を行う必要があります。

人工透析のお世話にならないようにするためには、ふだんから生活習慣病などの予防をし、腎臓(じんぞう)をいたわるような生活習慣をつけることが大切です。

腎不全のまとめ

腎不全(じんふぜん)とは腎臓(じんぞう)が炎症などを起こして、血液をろ過する機能が落ち、老廃物を十分排泄できなくなった状態のことをいいます。

腎不全は急性腎不全と慢性腎不全にわけられます。

腎不全は腎臓(じんぞう)の働きが正常の30%以下に低下した状態ですが、腎不全が慢性化し、慢性腎不全になると腎臓(じんぞう)の機能は回復できなくなります。

急性腎不全は心不全や脱水、尿路結石、薬剤アレルギー、腎臓(じんぞう)への急激な血流の減少などで起こります。

慢性腎不全は糖尿病と高血圧が大きな原因です。

糖尿病と高血圧により動脈硬化の症状が進行して腎臓(じんぞう)が硬くなり小さくなって腎機能が低下していきます。

腎不全は尿毒症、心不全、高カリウム血症、貧血、高血圧、骨粗しょう症などを起こします。

人工透析(じんこうとうせき)は腎不全を起こしたときなど、腎臓(じんぞう)が正常な機能を果たさなくなったときに使われる治療法です。

人工透析は人工の透析装置で、腎臓(じんぞう)の代わりに血液の浄化を行い、老廃物や水分を身体の外に排出します。

一般的な人工透析では定期的に透析を行うことができる病院などで、週2〜3回、1回につき4〜5時間も透析を行わなければなりません。

人工透析は腎臓(じんぞう)の代わりに血液の浄化を行ってくれますが、腎不全を治療してくれるわけではありません。

ですから、人工透析を行うことになったら、死ぬまで透析を行う必要があります。

人工透析のお世話にならないようにするためには、ふだんから生活習慣病などの予防をし、腎臓(じんぞう)をいたわるような生活習慣をつけることが大切です。

なお、健康食品やサプリメントとしての乳酸菌を含む食品はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ