健康食品・サプリメントの泉

ビタミンA

アメリカの雑誌記者のメロニー夫人が放射性元素ラジウムの発見で有名なキュリー夫人に「今一番ほしいものは…」と尋ねたことがあります。

キュリー夫人が「研究のためのラジウム1gです」と答えましたので、メロニー夫人が驚いて「発見者のあなたが?」とさらに尋ねました。

すると、キュリー夫人は「ええ、高くて買えません」と答えました。

そこで、メロニー夫人は帰国すると募金活動をして、ラジウムを買い、キュリー夫人に贈りました。

発見者がその研究をすることができないという残酷物語ですね。

いくら能力があっても資金や機会がないとその能力を活かせません。

ところで、ビタミンAの発見者はアメリカ人ですが、研究をして補助栄養素として売りだし、莫大な利益をあげたのは日本の理研こと理化学研究所です。

この場合、能力と資金と機会がマッチしたということでしょうか。

ビタミンAとは

ビタミンAはレチノール、レチナールおよびレチノイン酸のことで、おもに動物性食物に含まれている脂溶性ビタミンの1つです。

食物からビタミンAを摂取すると脂質とともに小腸粘膜上皮細胞から吸収されます。

一定量は肝臓に貯蔵され、ほかは血液によって全身に運ばれ、各組織のタンパク質と結合し、組織を健全に保護する働きをしています。

ビタミンAの働き

ビタミンA網膜にある光や色を感じる物質、ロドプシンをつくる重要な働きがあります。

ロドプシンは光が当たるとビタミンAに分解されて視覚を生じさせ、その後、ビタミンAからロドプシンに再合成されます。

長時間の目の酷使などでは再合成が間に合わず、ロドプシンが減少していき眼精疲労が起きます。

また、ビタミンAは暗順応にも関係していますので、ビタミンAが不足すると明るい場所から暗いところに移動した際、目が慣れるまで時間がかかります。

ビタミンAの不足は暗いところで物が見えにくくなる症状である夜盲症を引き起こしやすくなるとされています。

美容の方ではビタミンAは皮膚などの粘膜を形成するのを助けて皮膚の角質化を防ぐ作用がありますので、「肌荒れ」、「乾燥肌」を防止する、シミ・シワの予防、ニキビ対策などにも効能が期待できます。

さらに、ビタミンAには、腸や気管支などの粘膜を正常に保ち、健康な皮膚を作る役割があります。

ビタミンAが不足すると、のどや鼻などの粘膜に細菌ウイルスが侵入しやすくなりインフルエンザ風邪などの原因になります。

ビタミンAの不足は脂質吸収不良、タンパク質欠乏症、エネルギー欠乏症などによって起こることがあります。

また、過度のアルコール摂取は貯蔵されているビタミンAを消耗し、ビタミンAの欠乏症を引き起こすことがあります。

ビタミンAの過剰摂取

ビタミンAは脂溶性であることから過剰摂取にも注意が必要です。ビタミンAは脂溶性のため、摂りすぎると体内に蓄積されます。

ビタミンAを過剰摂取すると吐き気、頭痛、脳脊髄液の上昇、めまい、目のかすみ、筋肉協調運動障害、中枢神経系の異常、肝臓、、皮膚などの異常が起こります。

また、妊婦の方がビタミンAを過剰摂取すると、胎児に奇形を起こすリスクが高くなります。

β(ベータ)-カロテンなどのビタミンA前駆体のプロビタミンAは効率よくビタミンAに変換されます。

β-カロテンの場合、体内でビタミンAが不足すると必要量だけがビタミンAに変換されます。

変換されないβ-カロテンは脂肪組織に蓄えられるか、または排泄されます。

ビタミンAのまとめ

ビタミンAはレチノール、レチナールおよびレチノイン酸のことで、おもに動物性食物に含まれている脂溶性ビタミンの1つです。

ビタミンAは目の網膜にある光や色を感じる物質、ロドプシンをつくる重要な働きがありますので、不足すると、夜盲症などの視覚異常が起こることがあります。

美容の方ではビタミンAは皮膚などの粘膜を形成するのを助けて皮膚の角質化を防ぐ作用がありますので、「肌荒れ」、「乾燥肌」を防止する、シミ・シワの予防、ニキビ対策などにも効能が期待できます。

さらに、ビタミンAには胃、腸や気管支などの粘膜を正常に保ち、健康な皮膚を作る役割があります。

ビタミンAが不足すると、のどや鼻などの粘膜に細菌やウイルスが侵入しやすくなりインフルエンザや風邪などの原因になります。

一方、ビタミンAは脂溶性であることから過剰摂取には注意が必要です。ビタミンAは脂溶性であるため、摂りすぎると体内に蓄積されます。

ビタミンAを過剰摂取すると吐き気、頭痛、脳脊髄液の上昇、めまい、目のかすみ、筋肉協調運動障害、中枢神経系の異常、肝臓、骨、皮膚などの異常が起こります。

妊婦の方がビタミンAを過剰摂取すると、胎児に奇形を起こす可能性が高くなります。

β(ベータ)-カロテンなどのビタミンA前駆体であるプロビタミンAは効率よくビタミンAに変換されます。

β-カロテンの場合、体内でビタミンAが不足すると必要量だけがビタミンAに変換されます。

変換されないβ-カロテンは脂肪組織に蓄えられるか、または排泄されます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ