健康食品・サプリメントの泉

エラスチン

「死霊の恋」などを書いた19世紀のフランスの詩人で小説家で劇作家のテオフィル・ゴーティエはプレース紙の記者をしていたことがありました。

あるとき、ゴーティエは当時評判のブーシャルディの「聖ポールの鐘突き男」という劇のダイジェストの紹介を命じられました。

しかし、劇のストーリーが複雑で、劇のダイジェストを紹介できなくなったゴーティエは劇の作者のブーシャルディに聞きにいきました。

ところがブーシャルディは12時間もしゃべったあげく、「こんがらがって私にもわからなくなったよ」といいました。

エラスチンもコラーゲンにからんで込み入っていますが、その劇はえらく込み入ったストーリーの劇だったのですね。

そんな込み入った劇が一般の観客に受け入れられたのでしょうか。

エラスチンとは

エラスチンはコラーゲンの繊維を支える役割を持つタンパク質の繊維で、コラーゲンの繊維の網目状の部分にスプリングのようにコイル状に巻きついています。

エラスチンは体内では血管筋肉平滑筋細胞、皮膚の繊維芽細胞などで生合成されます。

エラスチンはゴムのように柔軟性や伸縮性を持っていて、弾性繊維とも呼ばれていますが、皮膚にハリや弾力を与え、血管や靭帯(じんたい)の柔軟性・伸縮性を維持しています。

人間の体のエラスチン含有量は、靭帯(じんたい)で78〜80%、動脈で約50%、で約20%、真皮で約2〜5%を占めています。

エラスチンの働き

皮膚などにあるコラーゲンも弾力性がありますが、エラスチンはおもにコラーゲンを支える働きをしていて、皮膚のハリや弾力性を維持します。

エラスチンは加齢とともに減少し、血管や皮膚などの器官では25歳前後がピークとなります。

血管や皮膚などのエラスチンが不足するとコラーゲンを支えることができなくなり、動脈硬化の原因やシワやたるみなどの原因になります。

これは加齢のほか紫外線の影響でエラスチンが減少し、伸縮性が鈍くなって起こるからなのです。

エラスチンを摂ることで、皮膚の真皮の伸縮活動を活発にしていくと皮膚を若々しく保つことが期待できます。

エラスチンの摂取法

エラスチンはタンパク質ですので、タンパク質を含む食物を摂取することがエラスチン摂取することにつながります。具体的には肉、魚、卵、大豆製品などです。

また、コラーゲンを含む手羽先などの食物やゼラチンなども効能が期待できます。

化粧品として摂取するエラスチンは皮膚の真皮にまでは届きませんので、外側から皮膚のハリを取り戻すということは難しいのですが、実はエラスチンには保湿の効能も期待できます。

エラスチンは保湿成分としても注目が高まっている成分の1つになっていますが、エラスチンが皮膚表面や角質層で水分を抱え込むことで、湿度が低い環境でも皮膚の水分量を保持することができます。

エラスチンはもともと体内に存在する成分ですので、皮膚へのなじみもよく、安心して使うことのできる成分です。

エラスチンだけで使っても保湿の効能は期待できますが、水分を抱え込んでいるだけですので、時間が経ったら水分は蒸発してしまいます。

皮膚の乾燥がひどい場合には、同じように保湿の効能の期待できるセラミドが配合された化粧品と併用するとよいでしょう。

セラミドももとから体内に存在する保湿成分ですので、エラスチンと一緒に使用しても心配はありません。

エラスチンとセラミドの両方が配合されている化粧品もありますので、うまく使って皮膚の水分量を逃がさないようにすると皮膚のシワやたるみの改善に効能が期待できます。

エラスチンのまとめ

エラスチンはコラーゲンの繊維を支える役割を持つタンパク質の繊維で、コラーゲンの繊維の網目状の部分にスプリングのようにコイル状に巻きついています。

エラスチンはゴムのように柔軟性や伸縮性を持っていて、弾性繊維とも呼ばれていますが、皮膚にハリや弾力を与え、血管や靭帯(じんたい)の柔軟性・伸縮性を維持しています。

エラスチンは加齢とともに減少し、血管や皮膚などの器官では25歳前後がピークとなります。

血管や皮膚などのエラスチンが不足するとコラーゲンを支えることができなくなり、動脈硬化の原因やシワやたるみなどの原因になります。

エラスチンはタンパク質ですので、タンパク質を含む食物を摂取することがエラスチン摂取することにつながります。具体的には肉、魚、卵、大豆製品などです。

また、コラーゲンを含む手羽先などの食物やゼラチンなども効能が期待できます。

化粧品として摂取するエラスチンは皮膚の真皮にまでは届きませんので、外側から皮膚のハリを取り戻すということは難しいのです。

しかし、エラスチンは保湿成分としても注目が高まっている成分で、エラスチンが皮膚表面や角質層で水分を抱え込むことで、湿度が低い環境でも皮膚の水分量を保持することができます。

エラスチンはもともと体内に存在する成分ですので、皮膚へのなじみもよく、安心して使うことのできる成分です。

エラスチンだけで使っても保湿の効能は期待できますが、水分を抱え込んでいるだけですので、時間が経ったら水分は蒸発してしまいます。

皮膚の乾燥がひどい場合には、同じように保湿の効能の期待できるセラミドが配合された化粧品と併用するとよいでしょう。

セラミドももとから体内に存在する保湿成分ですので、エラスチンと一緒に使用しても心配はありません。

エラスチンとセラミドの両方が配合されている化粧品もありますので、うまく使って皮膚の水分量を逃がさないようにすると皮膚のシワやたるみの改善に効能が期待できます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ