健康食品・サプリメントの泉

繊維芽細胞

古代ギリシャの犬儒派の哲学者の始祖アンティステネスに「国家とはどういうものでしょうか」と尋ねた人がいました。

哲学者の答えは「それは火みたいなものだ。近づきすぎると火傷(やけど)するし、遠ざかりすぎると凍えるよ」でした。

政治をする人にとって国家は火のようなものかも知れませんが、政治に関心がない人にとってはその恩恵を十分に受け取れないということですね。

今の若い方たちに聞かせてあげたいことばですね。政治に無関心だと凍えるよと。

若いということは繊維芽細胞からつくったiPS細胞のように何にでもなれる無限の可能性を持っています。

今の若い方たちに申し上げたいのですが、その可能性を活かすためにも、政治に関心を持って、世の中を回してみませんか?

繊維芽細胞とは

繊維芽細胞(せんいがさいぼう)は皮膚などの結合組織を構成する細胞の1つで、皮膚の機能を正常に保つ上での重要な細胞です。

繊維芽細胞は皮膚だけではなく全身に存在し、組織が損傷して傷ができると血小板により集められ、繊維を創出して修復を助ける働きをしています。

繊維芽細胞が創出する成分はコラーゲンだけではなく、エラスチンやヒアルロン酸といった皮膚の真皮の主要となる成分です。

繊維芽細胞と皮膚

繊維芽細胞は皮膚のハリや弾力のもととなるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を創出する細胞です。

繊維芽細胞が活発であると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸のターンオーバーと呼ばれる新陳代謝がスムーズに行われ、皮膚のハリと弾力が保たれています。

しかし、加齢や紫外線などのダメージを受けると繊維芽細胞が衰えてきて皮膚の新陳代謝が鈍ってきます。

コラーゲンやエラスチンが変性して弾力がなくなってしまい、ヒアルロン酸も失われてきて水分が足りなくなってきます。

その結果、皮膚の真皮はたるんだ状態となり、シワやたるみが表れてきます。

皮膚の老化の原因は繊維芽細胞の減少と働きの低下です。

繊維芽細胞の減少と働きの低下の原因は加齢と紫外線以外にもメイクや化粧品による炎症、ストレスタバコ不眠などによる睡眠不足、栄養失調などがあります。

繊維芽細胞の減少と働きの低下を防ぐには早ければ早いほどよいという早期対応が肝心ですので、若いころから次の対策を行います。

  1. 日傘、帽子、サングラス、日焼け止めなどの紫外線対策をする
  2. 化粧品はパッチテストをしっかりする
  3. ストレスは溜め込まず発散する
  4. 禁煙する
  5. 睡眠をしっかり取る
  6. コラーゲンのもとのタンパク質をしっかり摂る
  7. 野菜や果物を食べて食物繊維ビタミンCビタミンEなどのビタミンを摂取する
  8. 便秘の予防に漬け物ヨーグルトなどの乳酸菌が入った発酵食品を摂る

繊維芽細胞とiPS細胞

2012年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学の山中伸弥教授の開発したiPS細胞は実は皮膚の繊維芽細胞からつくられています。

iPS細胞は皆さんご存知のとおり再生医療のキーとなる技術です。

iPS細胞は皮膚だけではなく、筋肉神経などにも分化することができます。

iPS細胞を網膜の視細胞に分化させ、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)の治療に使うところまで技術が進んでいます。

iPS細胞の長所は本人の繊維芽細胞を使いますので、拒絶反応の心配がいらないということです。

iPS細胞の短所は各組織への分化の際に、まだガン細胞が出現するリスクがあるということですが、それも克服するのは時間の問題であるといわれています。

同じように再生医療のキーとなる技術にES細胞があります。

しかし、ES細胞は人間の受精卵からとった胚性幹細胞を使いますので、運用を慎重にしなければなりませんし、拒絶反応の心配もあります。

繊維芽細胞のまとめ

繊維芽細胞は皮膚などの結合組織を構成する細胞の1つで、皮膚の機能を正常に保つ上での重要な細胞です。

繊維芽細胞は皮膚だけではなく全身に存在し、組織が損傷して傷ができると血小板により集められ、コラーゲン繊維を創出して修復を助ける働きをしています。

繊維芽細胞が活発であると、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸のターンオーバーと呼ばれる新陳代謝がスムーズに行われ、皮膚のハリと弾力が保たれています。

しかし、加齢や紫外線などのダメージを受けると繊維芽細胞が衰えてきて皮膚の新陳代謝が鈍ってきます。

コラーゲンやエラスチンが変性して弾力がなくなってしまい、ヒアルロン酸も失われてきて水分が足りなくなってきます。

その結果、皮膚の真皮はたるんだ状態となり、シワやたるみが表れてきます。

皮膚の老化の原因は繊維芽細胞の減少と働きの低下です。

繊維芽細胞の減少と働きの低下の原因は加齢と紫外線以外にもメイクや化粧品による炎症、ストレス、タバコ、不眠などによる睡眠不足、栄養失調などがあります。

繊維芽細胞の減少と働きの低下を防ぐには早ければ早いほどよいという早期対応が肝心ですので、若いころから次の対策を行います。

  1. 日傘、帽子、サングラス、日焼け止めなどの紫外線対策をする
  2. 化粧品はパッチテストをしっかりする
  3. ストレスは溜め込まず発散する
  4. 禁煙する
  5. 睡眠をしっかり取る
  6. コラーゲンのもとのタンパク質をしっかり摂る
  7. 野菜や果物を食べて食物繊維やビタミンC、ビタミンEなどのビタミンを摂取する
  8. 便秘の予防に漬け物、ヨーグルトなどの乳酸菌が入った発酵食品を摂る

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ