健康食品・サプリメントの泉

変形性頚椎症

1883年(明治16年)の春、自由民権運動の雄、板垣退助(いたがきたいすけ)はフランスに行きました。

フランスに行った板垣退助は「レ・ミゼラブル」を書いた小説家ヴィクトル・ユゴーに会いました。

その当時、ユゴーは小説家としても有名ですが、政治家や思想家としても有名でした。

板垣退助の訪問を受けたユゴーは喜んでいいました。

「もう年をとって長く話はできないから一言で自分の考えをお話ししよう。それは『ただ進め、退くな』ということだ」

それでいいのでしょうか?

三十六計逃げるにしかず、という言葉もありますから、場合によっては退いてもいいのでは?

臨機応変に対応することが勝利への近道だと思います。

まあ、昔の日本軍のように退却を転進などといいかえることは論外ですが。

それに、ずっと前進姿勢では年をとると変形性頚椎症になる可能性がありますよ。

変形性頚椎症とは

変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)とは頚椎の加齢による変形のため、首の痛みや肩こり、背中の痛みなどの症状が起きる疾患です。

頚椎は椎骨(ついこつ)というと、椎間板(ついかんばん)、椎間関節の3つのパーツから構成されています。

加齢により椎間板の水分が減少して、支持力が低下するほか、椎骨の縁に骨棘(こっきょく)ができる、椎間関節がすり減るなどにより、頚椎全体の形状が変化します。

頚椎全体の形状が変化したため首の痛み、肩こり、背中の痛みなどの症状が起きます。

変形性頚椎症の症状

変形性頚椎症の痛みの原因は椎間板、椎間関節、筋肉靭帯(じんたい)などいろいろです。

一般的には変形性頚椎症の痛みは、肩こりと首を動かすときに生じることが多く、背中の痛みも比較的多い症状となっています。

変形性頚椎症の痛みは首の動きに応じて生じる痛みですので、横になって安静にしていると痛みが和らぐところが特徴です。

また、長時間同じ姿勢をとっていても痛みがおきますので、スマートフォンやパソコンを長時間することは変形性頚椎症を悪化させることになります。

診断は頚部のX線検査により椎骨の骨棘などの頚部の加齢変化が認められ、その他神経などに異常がなければ変形性頚椎症として診断されます。

変形性頚椎症の治療

頚椎の骨棘を削るなどの手術療法は神経が集中している部位ですので、あまり行うことはありません。

通常は、痛みの軽減を目的としたが保存療法を行います。

痛みが激しい場合は消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などの薬物療法、頚部を温めるなどの温熱療法、局所麻酔剤の注射などを行います。

また、日常生活でも痛みを軽減するために、長時間同一姿勢をとることを避けるほか、頚部の軽い筋力トレーニングを行うことも有効です。

頚部の筋肉の疲労回復のため十分な睡眠をとること、ストレス解消に散歩などによる精神的リラックスも有効です。

変形性頚椎症のまとめ

変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)とは加齢によって頚椎全体の形状が変化したため、首の痛みや肩こり、背中の痛みなどの症状が起きる疾患です。

加齢により椎間板の水分が減少して、支持力が低下するほか、椎骨の縁に骨棘(こっきょく)ができる、椎間関節がすり減るなどにより、頚椎全体の形状が変化します。

頚椎全体の形状が変化したため首の痛み、肩こり、背中の痛みなどの症状が起きます。

変形性頚椎症の痛みの原因は椎間板(ついかんばん)、椎間関節、筋肉、靭帯(じんたい)などいろいろです。

通常は、痛みの軽減を目的としたが保存療法を行います。

痛みが激しい場合は消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などの薬物療法、頚部を温めるなどの温熱療法、局所麻酔剤の注射などを行います。

また、日常生活でも痛みを軽減するために、長時間同一姿勢をとることを避けるほか、頚部の軽い筋力トレーニングを行うことも有効です。

頚部の筋肉の疲労回復のため十分な睡眠をとること、ストレス解消に散歩などによる精神的リラックスも有効です。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ