健康食品・サプリメントの泉

アルギニン

神聖ローマ皇帝カール4世は1378年11月29日の4時4分過ぎに亡くなりました。

4人の医師がカール4世の死を看取りました。

カール4世が最後にいった言葉は「さよなら」でしたが、それを4回繰り返していったあとに亡くなりました。

淀川長治(よどがわながはる)さんではあるまいし、何かねえ。

4づくしですか。

カール4世は4月4日の4時4分過ぎに亡くなったというふうにもっと4をつくさないと4づくしとはいえないでしょうね。

ところで、カール4世は62歳で亡くなっていますから、あの当時の寿命からすれば長生きしたほうでしょうね。

でも、アルギニンを摂取していれば、カール4世ももっと長生きできたかも知れません。

アルギニンとは

アルギニンは準必須アミノ酸の一種で、体内で必須アミノ酸から合成できますが、成長期には大量に必要で食物より摂取しなければならないアミノ酸です。

アルギニンは朝鮮人参やマカ、クラチャイダムのほか、鶏肉や魚、大豆などに多く含まれています。

アルギニンは体内のアンモニアを代謝する、尿素回路に必要なアミノ酸です。

アルギニンは、シトルリンとアスパラギン酸から生成され、酵素アルギナーゼの働きにより尿素とオルニチンに分解されます。

アルギニンの働き

アルギニン脳下垂体を刺激し、成長ホルモンやプロラクチンなどのホルモンを放出を促す働きがあります。

そのため、アルギニンは筋肉増強を促すほか、基礎代謝量をあげ、疲労回復や精力増強、身体の成長を促す働きがあります。

また、アルギニンは胸腺を刺激し、リンパ球T細胞NK細胞の分泌を促進します。

アルギニンが分解されてできた、オルニチンは白血球マクロファージ(大食細胞)を活性化する働きがあります。

つまり、アルギニンは免疫機能の向上の働きがあります。

アルギニンは一酸化窒素の基材となり、一酸化窒素は血管を広げ、血流の増加の働きがあります。

アルギニンは運動と併用することで脂肪の燃焼、筋肉成長の促進する働きがあります。

アルギニンは血液の流れを良好にして、ストレスで弱体化するとされている男性ホルモンを助け、ストレス耐性をアップさせるなどの効能が期待できます。

つまり、アルギニンは精力に対しても重要な役割を果たしていて、不足すると精力減退の原因になります。

必須アミノ酸とは

必須アミノ酸とは体内で十分な量を生成することができないため、栄養分として食物などから摂取しなければならない9種のアミノ酸のことです。

必須アミノ酸はトリプトファン、フェニルアラニン、ロイシン、リシン(リジン)、トレオニン(スレオニン)、イソロイシン、メチオニン、バリン、ヒスチジンの9種類です。

必須アミノ酸はどれか1つでも必要量に達しない場合は、や筋肉、皮膚、毛髪ツメなどが正常に生成されなくなり、障害が起こるアミノ酸です。

アルギニンのまとめ

アルギニンは準必須アミノ酸の一種で、体内で必須アミノ酸から合成できますが、成長期には大量に必要で食物より摂取しなければならないアミノ酸です。

アルギニンは朝鮮人参やマカ、クラチャイダムのほか、鶏肉や魚、大豆などに多く含まれています。

アルギニンは脳下垂体を刺激し、成長ホルモンやプロラクチン放出を促す働きがあります。

そのため、アルギニンは筋肉増強を促すほか、基礎代謝量をあげ、疲労回復や精力増強、身体の成長を促す働きがあります。

また、アルギニンは胸腺を刺激し、リンパ球のT細胞、NK細胞の分泌を促進します。

アルギニンが分解されてできた、オルニチンは白血球のマクロファージ(大食細胞)を活性化する働きがあります。

つまり、アルギニンは免疫機能の向上の働きがあります。

アルギニンは一酸化窒素の基材となり、一酸化窒素は血管を広げ、血流の増加の働きがあります。

アルギニンは運動と併用することで脂肪の燃焼、筋肉成長の促進する働きがあります。

アルギニンは血液の流れを良好にして、ストレスで弱体化するとされている男性ホルモンを助け、ストレス耐性をアップさせるなどの効能が期待できます。

つまり、アルギニンは精力に対しても重要な役割を果たしていて、不足すると精力減退の原因になります。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁を含む食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ