健康食品・サプリメントの泉

捻挫(ねんざ)

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは「ファウスト」「若きウェルテルの悩み」などを書いた18〜19世紀のドイツの詩人で小説家です。

1808年10月2日、ゲーテはドイツ中部のエルフルトでフランス皇帝ナポレオン・ボナパルトと謁見しました。

ナポレオンは「あなたの『若きウェルテルの悩み』を読んだが、あの結末が気に入らない」といいました。

するとゲーテは「陛下が小説に結末があることをお好きとは思いませんでした」と答えました。

ゲーテはナポレオンを暗に俗物といっているのですね。

皇帝ならもっと高尚な批評をして欲しいと。

しかし、皇帝といっても人間ですから体調不良にもなることもあるでしょう。

ましてやナポレオンは軍人ですから、軍人であれば骨折や捻挫(ねんざ)なんて日常茶飯事でしょう。

そんな人間に高尚な批評など期待すること自体がおかしいと思いますがねえ。

捻挫(ねんざ)とは

捻挫(ねんざ)は足や手などの関節を不自然な形にひねることで関節の靭帯(じんたい)腱(けん)軟骨などが損傷することです。

捻挫(ねんざ)は身体のどこの関節にも起こる恐れがありますが、捻挫(ねんざ)は足首や手首、指などに多く見られます。

突き指も指の関節の捻挫(ねんざ)の場合もありますし、脱臼(だっきゅう)の場合もあります。

捻挫(ねんざ)をすると足首や手首などの関節を構成する関節包や靭帯(じんたい)、滑膜(かつまく)がねじれ、部分的に断裂してしまい、内出血し、炎症を起こして腫れ上がります。

捻挫(ねんざ)の原因

足首や手首、指の関節などには一定の可動方向と可動範囲があります。

しかし、スポーツなどで可動方向以外の方向へ関節を動かそうとした場合や可動範囲以上に動かそうとした場合に捻挫(ねんざ)をします。

それは関節を構成する関節包や靭帯(じんたい)、滑膜(かつまく)がねじれ、部分的に断裂してしまい、内出血し、炎症を起こして腫れ上がるからです。

捻挫(ねんざ)は靭帯(じんたい)などが損傷をしている状態をさすことばですので、がはずれている脱臼(だっきゅう)とはちがいます。

脱臼(だっきゅう)とは関節の動かせる範囲を超える動きをしたために、骨同士がはずれて正しい位置からずれてしまった状態のことをさします。

とくに股関節(こかんせつ)や肩関節(かたかんせつ)や肘関節(ちゅうかんせつ)、あご、指の関節などによく起こります。

肩やあごの脱臼(だっきゅう)はくせになりやすく、何度も繰り返すことがあります。

なお、捻挫(ねんざ)は脱臼(だっきゅう)が自然に回復したものだという考え方があります。

それは関節の骨と骨の位置が一時的にずれてから、骨の位置が自然にもとにもどったものということです。

この場合、骨の位置をもとにもどす整復作業がほとんど必要なく、周りの組織の損傷の治療に専念することができるということです。

捻挫(ねんざ)の症状

捻挫(ねんざ)をすると、捻挫(ねんざ)した足首や手首、指などの関節が腫れ、軽く押しても痛む、圧痛があります。

ときには内出血があり、しばらくしてから、関節の周りの部分が腫れあがって、紫色になることがあります。

痛みは、捻挫(ねんざ)したときと同じ方向に足首や手首、指の関節を動かすと強くなります。

ひどく捻挫(ねんざ)をすると、足首や手首、指の関節が激しい痛みや熱をもって、歩けなくなり、手や指が使えなくなります。

軽い捻挫(ねんざ)の場合は湿布剤で処置できますが、一般的には次のような処置を行います。

  1. アイシング
    捻挫(ねんざ)を起こした関節部分を冷やす
  2. テーピング
    テープや包帯などで圧迫する
  3. 挙上(きょじょう)
    手や指などを心臓よりも上にあげる

以上の処置をするとともに関節を固定します。

痛みが激しい、患部の腫れがひどいときは骨折や脱臼(だっきゅう)の可能性もありますので、早めに整形外科などの専門医を受診して治療をしてもらいましょう。

捻挫(ねんざ)のまとめ

捻挫(ねんざ)は足や手などの関節を不自然な形にひねることで関節の靭帯(じんたい)や腱(けん)、軟骨などが損傷することです。

捻挫(ねんざ)は身体のどこの関節にも起こる恐れがありますが、捻挫(ねんざ)は足首や手首、指などに多く見られます。

突き指も指の関節の捻挫(ねんざ)の場合もありますし、脱臼(だっきゅう)の場合もあります。

捻挫(ねんざ)をすると関節を構成する関節包や靭帯(じんたい)、滑膜(かつまく)がねじれ、部分的に断裂してしまい、内出血し、炎症を起こして腫れ上がります。

捻挫(ねんざ)をすると、捻挫(ねんざ)した足首や手首、指などの関節が腫れ、軽く押しても痛む、圧痛があります。

ときには内出血があり、しばらくしてから、関節の周りの部分が腫れあがって、紫色になることがあります。

痛みは、捻挫(ねんざ)したときと同じ方向に足首や手首、指の関節を動かすと強くなります。

ひどく捻挫(ねんざ)をすると、足首や手首、指の関節が激しい痛みや熱をもって、歩けなくなり、手や指が使えなくなります。

軽い捻挫(ねんざ)の場合は湿布剤で処置できますが、一般的にはアイシング、テーピング、挙上などの処置をするとともに関節を固定します。

痛みが激しい、患部の腫れがひどいときは骨折や脱臼(だっきゅう)の可能性もありますので、早めに整形外科などの専門医を受診して治療をしてもらいましょう。

なお、健康食品やサプリメントとしてのグルコサミンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ