健康食品・サプリメントの泉

軟骨

明治から昭和にかけての小説家、直木三十五(なおきさんじゅうご)は大衆文学に与えられる直木賞の由来となった小説家です。

直木の姓は本名の植村の植の文字を偏の木とつくりの直にわけ左右を逆にして直木としました。

そして、三十五の名は年齢で、毎年、三十三、三十四と増やしていきました。

三十六になった年に、三十五のまちがいだろうと気をきかした雑誌社が訂正して印刷してしまったので、それっきり三十五で止まってしまったそうです。

軟骨も毎年そんなふうに年齢とともに増えると関節症になる方はいなくなるでしょうね。

でも、iPS細胞を使った軟骨再生医療が行われるもの近そうですし、それまでは、関節症の方はお互いに身体を大切にして生活しましょう。

軟骨とは

軟骨関節靭帯(じんたい)などにある弾力性のある器官です。

軟骨はプロテオグリカンやコンドロイチン、コラーゲンを含んでいて、水分を多く含み、関節などのと骨の間のクッションの役割を果たしています。

軟骨には血管神経リンパ管がなく、軟骨に変形や断裂などの異常が起きても軟骨自体には痛みや腫れは生じません。

しかし、軟骨自体に痛みや腫れはなくても、軟骨をおおう組織、関節の滑膜に炎症が生じて、関節腔に関節液の過剰滞留が起きることがあります。

つまり、俗に水が溜まる場合に痛みや腫れは変形性関節症などの関節炎の副次症状として生じます。

軟骨の成分

軟骨は軟骨細胞と細胞外マトリックス(Extracellular Matrix)とも呼ばれる細胞外基質から成り立っていて、細胞外基質の主成分はプロテオグリカンという物質です。

プロテオグリカンの中にはコンドロイチンという物質が含まれていて、コンドロイチンは水を大量に引きつけるので、軟骨には水分が豊富にあります。

プロテオグリカンとコンドロイチンがその水分によって軟骨の弾力性を支えているといえます。

軟骨細胞の周辺にはヒアルロン酸が少量存在していることがわかっています。

ヒアルロン酸が軟骨の表面と表面の間にできた間隙にはさまり、軟骨と軟骨が直接接触しないようにクッションの役割も果たしています。

軟骨にも硝子軟骨や繊維軟骨などの種類があって、椎間板や関節円板などに見られる繊維軟骨と呼ばれる軟骨にはコラーゲンが多く含まれ、固く、強い圧力に耐えることができるようになっています。

軟骨の再生

軟骨は軟骨細胞を含んでいますので、関節液などの体液からその栄養分や酸素を受取り、老廃物を排出しています。

つまり、代謝活動と呼ばれる活動は軟骨でも起きています。

軟骨に変形や断裂が生じても人体の自己修復能力で、ある程度は再生し、修復できます。

しかし、軟骨細胞の細胞分裂能力には限界があり、軟骨損傷後に完全な軟骨が再生されるとは限りません。

加齢とともに軟骨細胞の分裂能力は減少していき、徐々に軟骨が再生されなくなっていきます。

軟骨細胞の新陳代謝は20代以降ほとんど行われなくなるという報告もあります。

軟骨の再生能力が少なくなって、軟骨の損傷が激しくなると、関節の骨と骨が直接当たって関節の滑膜が炎症を起こすことになります。

また、関節液の過剰滞留が起きて、水が溜まってしまいます。

関節の動きが悪くなって、痛みが生じて水が溜まる前に整形外科の医師などの専門家の診断を受けることが大切です。

痛みが生じても、初期のうちならばヒアルロン酸の注射を行うなど、痛みの緩和や機能の回復を試みる治療は可能です。

体重の増加は膝関節(しつかんせつ)や股関節(こかんせつ)に過度の負荷がかかることになり、軟骨損傷の原因の1つです。

膝関節や股関節の軟骨が損傷するとロコモティブシンドローム(運動器症候群)になる可能性があります。

よって、ダイエットをして肥満を予防することや、生活習慣を見直し、生活習慣病メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を予防することはロコモティブシンドロームの予防をすることになります。

また、軟骨の再生がスムーズに行われるようにグルコサミンやヒアルロン酸、コラーゲンなどを含む食物やサプリメントを摂ることは関節症の予防に効能が期待できます。

軟骨のまとめ

軟骨は関節や靭帯(じんたい)などにある弾力性のある器官です。

軟骨組織はプロテオグリカンやコンドロイチン、コラーゲンを含んでいて、水分を多く含み、関節などの骨と骨の間のクッションの役割を果たしています。

軟骨組織には血管や神経、リンパ管がなく、軟骨に変形や断裂などの異常が起きても軟骨自体には痛みや腫れは生じません。

しかし、軟骨自体に痛みや腫れはなくても、軟骨をおおう組織、関節の滑膜に炎症が生じて、関節腔に関節液の過剰滞留が起きることがあります。

つまり、俗に水が溜まる場合に痛みや腫れは変形性関節症などの関節炎の副次症状として生じます。

関節の動きが悪くなって、痛みが生じて水が溜まる前に整形外科の医師などの専門家の診断を受けることが大切です。

痛みが生じても、初期のうちならばヒアルロン酸の注射を行うなど、痛みの緩和や機能の回復を試みる治療は可能です。

体重の増加は膝関節(しつかんせつ)や股関節(こかんせつ)に過度の負荷がかかることになり、軟骨損傷の原因の1つです。

膝関節や股関節の軟骨が損傷するとロコモティブシンドローム(運動器症候群)になる可能性があります。

よって、ダイエットをして肥満を予防することや、生活習慣を見直し、生活習慣病やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を予防することはロコモティブシンドロームの予防をすることになります。

なお、サプリメントとしてのグルコサミンはあくまでも、サプリメントですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ