健康食品・サプリメントの泉

ビタミンB6

「英語辞典」の編集で有名な18世紀のイギリスの詩人で批評家で文献学者のサミュエル・ジョンソンはあるとき少し頭の弱い男と議論をしていました。

その少し頭の弱い男が「どうもあなたのおっしゃることは理解できないのですが」といいました。

すると、ジョンソンは「わたしはあなたと議論してあげることはできるが、理解力まであげることはできないよ」といったそうです。

ふつうの人なら議論、討論は理解力を上げる機会にはなりますから、理解力を与えることにはなりますよね。

しかし、もともと頭が弱いということではダメですか。

ビタミンB6は頭が良くなるビタミンといわれていますから、この少し頭の弱い男もビタミンB6をしっかり摂取していたらジョンソンと議論ができたかも知れませんね。

ビタミンB6とは

ビタミンB6はピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミンの3つの成分に代表される水溶性のビタミンです。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝、糖質の代謝、脂質の代謝に関係する酵素の補酵素の働きや神経伝達物質の合成、血液ヘモグロビンの合成やヒスタミンの合成、それにホルモン調節の作用があります。

ビタミンB6の欠乏と過剰摂取

ビタミンB6は欠乏すると中枢神経の異常興奮によるけいれん、貧血、脂漏性皮膚炎、舌炎、口角症、リンパ球減少症などを引き起こします。

腸内の乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌(ぜんだまきん)がビタミンB6を合成するので不足することはないといわれています。

ただし、抗生物質を使用することによって腸内細菌が減少し、ビタミンB6の合成が行われず、不足することがあります。

ビタミンB6は肉類ではレバー、魚介類ではサンマ、マグロ、カツオなどに豆類では大豆製品、ピスタチオなどに、またその他には卵、にんにく、バナナなどにも多く含まれています。

ビタミンB6は水溶性のビタミンですので、過剰摂取してもふつうは尿中に速やかに排出されます。

しかし、1日あたり数gを数カ月ほど摂取するような大量の摂取の仕方をしたときにまれに多発性神経炎のような末梢神経の障害、の痛み、筋肉が弱くなる、精巣萎縮、精子数の減少などの症状が現れることがあります。

厚生労働省が定めるビタミンB6の18〜50歳の大人の1日当たりの摂取量の上限は50〜60㎎です。

銀杏中毒

イチョウの実の銀杏(ぎんなん)にはビタミンB6の類似物質が含まれていて、大量に食べるとビタミンB6の働きを阻害してビタミンB6欠乏症を起こします。

大人の場合はかなりの量を食べないと銀杏中毒になりませんが、5歳ぐらいまでの子どもが食べると5〜6粒でも銀杏中毒をおこし、神経障害によるけいれんの症状を起こすことがあります。

ビタミンB6のまとめ

ビタミンB6はピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミンの3つの成分に代表される水溶性のビタミンです。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝、糖質の代謝、脂質の代謝に関係する酵素の補酵素の働きや神経伝達物質の合成、ヘモグロビンの合成やヒスタミンの合成、それにホルモン調節の作用があります。

ビタミンB6は肉類ではレバー、魚介類ではサンマ、マグロ、カツオなどに豆類では大豆製品、ピスタチオなどに、またその他には卵、にんにく、バナナなどにも多く含まれています。

ビタミンB6は欠乏すると中枢神経の異常興奮によるけいれん、貧血、脂漏性皮膚炎、舌炎、口角症、リンパ球減少症などを引き起こします。

腸内の乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌(ぜんだまきん)がビタミンB6を合成するので不足することはないといわれています。

ただし、抗生物質を使用することによって腸内細菌が減少し、ビタミンB6の合成が行われず、不足することがあります。

ビタミンB6は水溶性のビタミンですので、過剰摂取してもふつうは尿中に速やかに排出されます。

しかし、1日あたり数gを数カ月ほど摂取するような大量の摂取の仕方をしたときにまれに多発性神経炎のような末梢神経の障害、骨の痛み、筋肉が弱くなる、精巣萎縮、精子数の減少などの症状が現れることがあります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのにんにくを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ