健康食品・サプリメントの泉

男性ホルモン

大正のあるときに九州の某新聞が懸賞小説を募集し、応募作を予選して審査員の田山花袋(たやまかたい)、徳田秋声(とくだしゅうせい)、島崎藤村(しまざきとうそん)にまわしました。

島崎藤村はそれにを通し「当選作この中になし。予選もれを送れ。全作を見るのは選者の権利だ」といい張りました。

そして、本当に落選の方からよい作品を見つけだしたそうです。

島崎藤村は男性的ですね。

男性ホルモンがたっぷりでていたのでしょうか。

男性ホルモンとは

男性ホルモン、アンドロゲンは睾丸(こうがん)のライディッヒ細胞と呼ばれる間質細胞から分泌されるテストステロンを始めとして、アンドロステロンなどを含む男性を男性らしくする作用を持ったいろいろなステロイドホルモンの総称です。

これらのホルモンは、男性の外陰部の陰茎、陰嚢(いんのう)、前立腺の発育と機能の維持をするという働きがあります。

しかし、男性ホルモンの中で95%を占めてもっとも分泌量が多く作用も強いのがテストステロンです。

テストステロンは睾丸のライディッヒ細胞と呼ばれる間質細胞の中でコレステロールにいろいろな酵素が働いてつくられます。

精巣から血液に入ったテストステロンは身体をつくっている末端細胞に取り込まれ、男性らしい身体をつくる筋肉などのタンパク質の合成が行われます。

なお、女性も男性ホルモンを副腎皮質で副腎皮質ホルモンとして産生していて、女性ホルモンの抑制などホルモンバランスをとるのに使われています。

男性ホルモンの働き

男性ホルモンのうち、テストステロンのおもな働きは男性性器の発育と機能の維持です。

男性は2次性徴のときに性器の成熟、体毛・恥毛・ヒゲの発生、変性、夢精、性欲の高まり、筋肉・骨格の成長などの男性らしさが思春期に現れます。

男性の2次性徴は思春期に血中のテストステロンが急激に増えることによって起こります。

男性ホルモンはまた、や筋肉の強度・性機能の維持、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)、生活習慣病動脈硬化の予防、さらにはの働きなどに関わっています。

また、加齢による疲れやすさにも男性ホルモンが関わっているといわれています。

男性ホルモンの値の高い方は年をとっても疲れにくい身体になっています。

男性ホルモンの意義

女性ホルモンエストロゲンには理性の蓋(ふた)をして恋に盲目にする作用があるそうです。

しかし、男性ホルモンのテストステロンにはチャレンジ精神といった試練や冒険を求める作用があるそうです。

女性の場合は何であんな男といっしょになるのかと親や兄弟が反対しても結婚してしまうことになり、男性の場合は何であんな無謀なことをしてしまったのかということになります。

それは、女性の場合は理性に蓋(ふた)をすることで種族を繁栄させることになり、男性の場合は能力やチャンスに恵まれないものを淘汰するという自然の摂理であるのかも知れません。

男性ホルモンのまとめ

男性ホルモン、アンドロゲンは睾丸(こうがん)のライディッヒ細胞と呼ばれる間質細胞から分泌されるテストステロンを始めとして、アンドロステロンなどを含む男性を男性らしくする作用を持ったいろいろなステロイドホルモンの総称です。

これらのホルモンは、男性の外陰部の陰茎、陰嚢、前立腺の発育と機能の維持をするという働きがあります。

しかし、男性ホルモンの中で95%を占めてもっとも分泌量が多く作用も強いのがテストステロンです。

男性ホルモンはまた、骨や筋肉の強度・性機能の維持、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)、生活習慣病や動脈硬化の予防、さらには脳の働きなどに関わっています。

また、加齢による疲れやすさにも男性ホルモンが関わっているといわれています。

男性ホルモンの値の高い方は年をとっても疲れにくい身体になっています。

なお、健康食品やサプリメントとしての消臭サプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ