健康食品・サプリメントの泉

疲労

岩波書店創業者の岩波茂雄(いわなみしげお)は早起きで、起きるとすぐ新聞の書籍の広告を見ました。

そして、良い本がほかの出版社の広告にでていると、自社の編集者の家に電話をかけ、まだ寝ていた社員を怒鳴りつけました。

「なぜこんな立派な本をよそにとられた!!」

社員はたまりませんね。

おちおち寝てもいられません。

これではストレスから疲労がたまりっぱなしになり、慢性疲労になりますよね。

疲労とは

疲労(ひろう)とは疲れとも呼ばれ、精神的にまたは肉体的に負荷が継続的に加えられたために感覚や動作などの機能が一時的に低下し、本来の機能ができなくなる状態のことです。

疲労は身体的・精神的疲労、全身・局所疲労、急性・慢性疲労などにわけることができます。

疲労は神経筋肉など、身体の損傷に対する自己防衛の役割もあり、運動やトレーニングによって個人差が大きくなります。

疲労は筋力、作業量、ブロッキング、反応時間、フリッカー値、視力などによって疲労度が測定されます。

また、倦怠感、不快感、脱力感などの自覚症状、および自律神経機能、循環機能などの検査によっても疲労度が測定されます。

疲労は作業や運動などの終了後、一定の時間または期間、休息と食事と睡眠をとって休養すると、たいていは軽減あるいは消失します。

身体的疲労

身体的疲労は肉体的運動や作業の結果、おもに骨格筋疲労することによって起こるものです。

それで、従来は、乳酸は疲労物質ではないかといわれていましたが、最近の研究で実は逆に疲労を回復させる物質であることがわかりました。

乳酸は運動によって筋肉中のグリコーゲンブドウ糖などが使われるときに同時に生成されます。

そして、この乳酸が蓄積することによって、ふだん中性である筋肉が酸性に傾き、同時に血液も過剰に酸性になるアシドーシスという状態になります。

このとき、体内に蓄積された乳酸は肝臓においてブドウ糖などの再合成に利用され、エネルギー源となって血液循環によって各組織へ運ばれます。

この一連の過程を乳酸回路またはコリ回路といいます。

つまり、乳酸はエネルギー源として再利用されるのです。

筋肉疲労はエネルギー源の減少が大きな原因となっていると考えられています。

しかし、実際には筋肉の酸素不足の結果発生する乳酸によって筋肉内部の水素イオン濃度(pH)が低下し、代謝が全般的に遅くなるアシドーシスという状態が筋肉疲労の大きな原因となっています。

また、伝達疲労が筋肉疲労の原因となっている場合もあります。

それは神経線維と筋肉との連結部、つまり神経筋肉接合部における刺激伝達がうまくいかなくなった結果として筋肉の収縮力が低下する場合です。

身体的疲労は乳酸などの代謝産物の蓄積、アドレナリン分泌の低下による糖質利用の低下、毛細血管壁の酸素拡散速度の減少など、多くの要因が複雑に関係しあって生じると考えられています。

精神的疲労

精神的疲労は単調な作業の繰り返しや高度な知的作業を長時間続けたときに出現します。

しかし、精神的疲労は身体的疲労とは異なり、はっきりとした生理的変化が現れませんし、個人差も大きいため、その判定は難しいものとなっています。

また、精神的疲労時には大脳皮質の活動性が低下しますが、これには視床下部が大きく関係していると考えられています。

さらに精神的疲労は心理的側面も大きく関係しています。

仕事に満足し、それに意欲を燃やしているときには疲労感は生じにくいものですが、仕事に失敗したとたんに疲労感に襲われることはよく経験することです。

身体的疲労では心地よい疲れ、つまり快感をともなうことがあります。

それに対し、精神的疲労ではふつう不快感をともない、怒りっぽくなったり、気分がめいったりするようになります。

それは、視床下部が感情を調節している大脳辺縁系とも密接に関連しているからなのです。

精神的疲労が慢性化すると、情緒の不安定やノイローゼ症状をきたすことがあります。

疲労回復のために

身体的疲労や精神的疲労に対するもっとも有効な手段は休息と食事と睡眠です。

疲れたら休み、食事し、眠るということは誰もが知っていて、実行しています。

しかし、どの程度疲れたら、どのくらい休み、食事し、眠る必要があるかということはわかりません。

ただし、身体的疲労の場合は、筋力の低下、脈拍数の増加などによって本人も疲れの程度がわかり、休息や食事、睡眠のタイミングを知ることができます。

精神的疲労に関しては個人差が大きいことのほか、疲労の程度を判定するためのはっきりとした症状がないことが問題です。

とくに計器の監視する作業のように、単調で長時間にわたる作業では、精神的疲労が激しく、時間とともに間違いが増えていきます。

こんな場合には、一定の時間を決めて休息をとることが望ましいです。

1日の仕事の疲労は、帰宅して入浴後休息し、食事して、睡眠をとることによって回復します。

1日の仕事の疲労は翌日に持ち越さないことがもっとも望ましいものです。

しかし、仕事の内容によっては、その日のうちには疲労から回復せず、しだいに疲労が蓄積することがあります。

疲労の慢性化を防ぐためには、何日か働いたあとに1日休息することが望ましいです。

また、疲労の回復のためには、ただ単に休息するよりも、仕事とは無関係のことに集中することが望ましいです。

たとえば、読書でも仕事とは無関係の本を読むとか、疲れを残さない趣味や軽いスポーツ、遊びをすることです。

家の中でごろごろ寝転がってのんびりするのもいいですが、外で散歩や映画、ショッピングなど気分転換をはかることが疲労回復には望ましいことです。

疲労のまとめ

疲労(ひろう)とは疲れとも呼ばれ、精神的にまたは肉体的に負荷が継続的に加えられたために感覚や動作などの機能が一時的に低下し、本来の機能ができなくなる状態のことです。

疲労は身体的・精神的疲労、全身・局所疲労、急性・慢性疲労などにわけることができます。

疲労は神経や筋肉など、身体の損傷に対する自己防衛の役割もあり、運動やトレーニングによって個人差が大きくなります。

疲労は筋力、作業量、ブロッキング、反応時間、フリッカー値、視力などによって疲労度が測定されます。

また、倦怠感、不快感、脱力感などの自覚症状、および自律神経機能、循環機能などの検査によっても疲労度が測定されます。

疲労は作業や運動などの終了後、一定の時間または期間、休息と食事と睡眠をとって休養すると、たいていは軽減あるいは消失します。

1日の仕事の疲労は、帰宅して入浴後休息し、食事して、睡眠をとることによって回復します。

1日の仕事の疲労は翌日に持ち越さないことがもっとも望ましいものです。

しかし、仕事の内容によっては、その日のうちには疲労から回復せず、しだいに疲労が蓄積することがあります。

疲労の慢性化を防ぐためには、何日か働いたあとに1日休息することが望ましいです。

また、疲労の回復のためには、ただ単に休息するよりも、仕事とは無関係のことに集中することが望ましいです。

たとえば、読書でも仕事とは無関係の本を読むとか、疲れを残さない趣味や軽いスポーツ、遊びをすることです。

家の中でごろごろ寝転がってのんびりするのもいいですが、外で散歩や映画、ショッピングなど気分転換をはかることが疲労回復には望ましいことです。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ