健康食品・サプリメントの泉

脱臼(だっきゅう)

古代ローマの将軍マリウスはローマのために戦ってくれたカメリア市の1,000人の兵士にローマの市民権を与えました。

これをローマの法律違反だととがめた人間がありましたが、マリウスはそれに答えました。

「なにしろ、武器の物音がやかましくて、法律のことばなど聞こえなかったのだ」

自分は安全なところにいて、こういう文句をつける人間は昔からいるのですね。

死ぬか生きるかの瀬戸際で戦ってくれた兵士の恩義に報いるのは当然だと思いますが。

戦争は昔も今も、脱臼(だっきゅう)程度のケガではすみませんからね。

脱臼(だっきゅう)とは

脱臼(だっきゅう)とはスポーツなどで関節の動かせる範囲を超える動きをしたために、骨同士がはずれて正しい位置からずれてしまった状態のことをさします。

のずれる程度によって完全脱臼(かんぜんだっきゅう)と不完全脱臼(ふかんぜんだっきゅう)にわけられます。

また、脱臼(だっきゅう)の原因により、外傷性と疾患性にもわけることができます。

しかし、脱臼(だっきゅう)は骨が折れるなどして、骨そのものに異常が起きた状態ではありません。

脱臼(だっきゅう)はとくに股関節(こかんせつ)や肩関節(かたかんせつ)や肘関節(ちゅうかんせつ)、あご、指の関節などによく起こります。

脱臼(だっきゅう)の症状

脱臼(だっきゅう)をすると、関節の周りの靭帯(じんたい)腱(けん)も同時に損傷することが多いので、激しく痛み、関節を動かせなくなることもあります。

脱臼(だっきゅう)自体は骨の位置を整復し、ギプスやテーピングなどを行って安静にしていると治すことができます。

しかし、自分の判断で治療を中止して、スポーツなどをすると、再脱臼することがあります。

肩やあごの脱臼(だっきゅう)は癖(くせ)になりやすく、何度も繰り返すことがありますので、注意が必要です。

治療が遅れて正常な状態に戻せなくなっていたり、脱臼(だっきゅう)が癖になっていたりする場合は手術療法を行うこともあります。

捻挫(ねんざ)とのちがい

捻挫(ねんざ)は関節を構成する関節包や靭帯(じんたい)、滑膜(かつまく)がねじれ、部分的に断裂してしまい、内出血し、炎症を起こして腫れ上がった状態をいいます。

捻挫(ねんざ)は靭帯(じんたい)などが損傷をしている状態をさすことばですので、骨が外れている脱臼(だっきゅう)とはちがいます。

なお、突き指は脱臼(だっきゅう)も捻挫(ねんざ)もあります。

脱臼(だっきゅう)のまとめ

脱臼(だっきゅう)とはスポーツなどで関節の動かせる範囲を超える動きをしたために、骨同士がはずれて正しい位置からずれてしまった状態のことをさします。

脱臼(だっきゅう)はとくに股関節(こかんせつ)や肩関節(かたかんせつ)や肘関節(ちゅうかんせつ)、あご、指の関節などによく起こります。

脱臼(だっきゅう)をすると、関節の周りの靭帯(じんたい)や腱(けん)も同時に損傷することが多いので、激しく痛み、関節を動かせなくなることもあります。

脱臼(だっきゅう)自体は骨の位置を整復し、ギプスやテーピングなどを行って安静にしていると治すことができます。

しかし、自分の判断で治療を中止して、スポーツなどをすると、再脱臼することがあります。

肩やあごの脱臼(だっきゅう)は癖(くせ)になりやすく、何度も繰り返すことがありますので、注意が必要です。

治療が遅れて正常な状態に戻せなくなっていたり、脱臼(だっきゅう)が癖になっていたりする場合は手術療法を行うこともあります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ