健康食品・サプリメントの泉

肘関節

19世紀のフランスの詩人アルチュール・ランボーは「地獄の季節」を1874年に出版しましたが、6部を知人に贈ったほかは焼いたといわれていました。

ところが、1901年に400冊以上も見つかりました。すると6部の所有者たちは、新発見の本を「詩人の意思を尊重して焼け」と要求しました。

それもある意味ではもっともですね。

希少価値が下がるどころか暴落ですもんね。

でも、それと詩人の意思とは別の話でしょう。

それでは詩作という芸術の話ではなく、経済の話になってしまいます。

ところで、野球肘(やきゅうひじ)になるとプロの方は仕事を続けるか、仕事を辞めるかの選択に迫られます。

自分に生活を依存している人間が多勢いると、自分の意思とは無関係に野球肘を治して仕事を続行しなければならないことになります。

つらいところですね。

肘関節とは

肘関節(ちゅうかんせつ)は上腕の上腕骨と橈骨(とうこつ)、尺骨(しゃっこつ)の3つのの間の肘(ひじ)にある関節です。

肘は英語でelbowといいますが、elがギリシャ語の肘とか前腕を、bowは弓とか曲げるを意味し、腕を曲げるという意味になります。

肘関節の働き

肘関節は上腕の屈曲や伸展、つまり曲げ伸ばし、上腕の回内や回外、つまり回転ができるようになっています。

また、肘関節は肩関節と手首の関節の間にあり、肩関節と手首の関節と連動して複雑な動作ができるようになっています。

変形性肘関節症

変形性肘関節症(へんけいせいちゅうかんせつしょう)は変形性関節症の一種で、おもに関節の骨の軟骨がすり減って、肘に痛みや変形などが起こる疾患です。

変形性肘関節症には原因不明の一次性変形性肘関節症と特定の原因による二次性変形性肘関節症があります。

変形性肘関節症は中高年にも多く、発症する方は仕事やスポーツなどで肘を長年にわたって酷使してきた方が大半です。

変形性肘関節症は生活に支障がない限り、安静にすることで日常生活には問題がないことが多くあります。

野球肘(やきゅうひじ)

野球肘は少年期やプロ野球の選手に多く、肘を投球で酷使して、靭帯(じんたい)、腱(けん)、尺骨神経を痛める内側型野球肘があります。

また、外側型野球肘は軟骨部分がすり減り、骨に骨棘(こっきょく)できるほか、鼠(ねずみ)と呼ばれる骨のかけらが、関節遊離体となって関節内を動くことがあります。

プロ野球の選手などどうしても肘を使う必要がある方で鼠の場合は手術療法によって鼠を取り除きます。

腱(けん)を痛めている方は手術療法によって腱(けん)の移植手術を行って肘関節の機能を回復させます。

肘関節のまとめ

肘関節(ちゅうかんせつ)は上腕の上腕骨と橈骨(とうこつ)、尺骨(しゃっこつ)の3つの骨の間の肘(ひじ)にある関節です。

肘関節は上腕の屈曲や伸展、つまり曲げ伸ばし、上腕の回内や回外、つまり回転ができるようになっています。

また、肘関節は肩関節と手首の関節の間にあり、肩関節と手首の関節と連動して複雑な動作ができるようになっています。

変形性肘関節症(へんけいせいちゅうかんせつしょう)は変形性関節症の一種で、おもに関節の骨の軟骨がすり減って、肘に痛みや変形などが起こる疾患です。

変形性肘関節症は生活に支障がない限り、安静にすることで日常生活には問題がないことが多くあります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ