健康食品・サプリメントの泉

骨盤

大正から昭和の劇作家、高田保(たかだたもつ)は前歯が欠けていました。

前歯は高田の中学時代に欠いたものでしたが、高田は他人に継ぎ歯をすすめられると

「それはゴマカシである。ゴマカシなど男子たるもののなすべき所業ではない!」

といって断りました。

カッコイイですね。

今風にいえばクールでしょうか。

しかし、欠けたを直すのはゴマカシではなく、相手に対する礼儀ではないでしょうか。

第一、欠けた前歯は誰が見ても見苦しいですよね。

ところで、男性と女性では骨盤の形が違います。

女性は子どもを産みやすいように骨盤が広く浅くなっています。

これは男性が女装してもゴマカシようのない事実です。

高田保が現代の女装した男性、つまり女装男子を見たらどういうでしょうか?

骨盤とは

骨盤(こつばん)は第5腰椎(ようつい)、左右の寛骨(かんこつ)とその間にある仙骨(せんこつ)、尾骨(びこつ)からなる腰部の蝶のような形をした骨格です。

寛骨はさらに腸骨(ちょうこつ)、恥骨(ちこつ)、座骨(ざこつ)に区別されます。

また、骨盤は湾曲する分界線によって、上部の大骨盤と下部の小骨盤とにわけられます。

左右の寛骨とこれにはさまれる脊柱(せきちゅう)の部分、つまり第5腰椎・仙骨・尾骨の上部は鉢状に開き、大骨盤と呼ばれ、下部は円筒状で小骨盤と呼ばれます。

小骨盤には女性では膣(ちつ)、子宮卵巣、直腸、尿道、膀胱(ぼうこう)など、男性では直腸や前立腺、尿道、膀胱などの臓器があります。

骨盤は最も男女差があり、女性は出産のために骨盤の内部の腔が広く浅くなっています。

骨盤の働き

骨盤は頭蓋(とうがい)や胸部のと異なり、きわめて厚い堅固な壁を形成している骨格です。

骨盤は腰椎から上部の脊柱(せきちゅう)の可動部分を支え、体幹の重量も支えています。

骨盤はとくに腸管や骨盤内の臓器の保持に役立っているほか、下肢骨の大腿骨(だいたいこつ)の基部にもなっています。

なお、骨盤を意味するラテン語pelvisはたらいの意味です。

骨盤の男女差

骨盤は10歳前後から男女差が著しく出始め、思春期になると完全に男女差ができ上がります。

しかし、骨盤の大きさは男女差ばかりでなく同性間における個人差も大きくなります。

女性の骨盤は分娩時に胎児の産道となるため、これに適した形になり、男性にくらべて、大骨盤は広く外方に広がり、小骨盤は低くて広くなります。

骨盤のまとめ

骨盤(こつばん)は第5腰椎(ようつい)、左右の寛骨(かんこつ)とその間にある仙骨(せんこつ)、尾骨(びこつ)からなる腰部の蝶のような形をした骨格です。

寛骨はさらに腸骨(ちょうこつ)、恥骨(ちこつ)、座骨(ざこつ)に区別されます。

骨盤は頭蓋(とうがい)や胸部の骨と異なり、きわめて厚い堅固な壁を形成している骨格です。

骨盤は腰椎から上部の脊柱(せきちゅう)の可動部分を支え、体幹の重量も支えています。

骨盤はとくに腸管や骨盤内の臓器の保持に役立っているほか、下肢骨の大腿骨(だいたいこつ)の基部にもなっています。

骨盤は10歳前後から男女差が著しく出始め、思春期になると完全に男女差ができ上がります。

しかし、骨盤の大きさは男女差ばかりでなく同性間における個人差も大きくなります。

女性の骨盤は分娩時に胎児の産道となるため、これに適した形になり、男性にくらべて、大骨盤は広く外方に広がり、小骨盤は低くて広くなります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのコラーゲンを含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ