健康食品・サプリメントの泉

心臓

「マッチ売りの少女」などの童話を書いたハンス・クリスチャン・アンデルセンは1829年、大学の入学試験を受けるとき、ある家に招かれました。

アンデルセンは客の1人の若い男も受験生だろうと思い、「あなたも試験に行きますか?」と尋ねました。

その若い男は「もちろん行きますとも」と答えました。

試験場でアンデルセンとその若い男は会いました。

若い男は試験官のシュミッテン教授でした。

アンデルセンは「あっ」と驚いたでしょうね。

受験生を装っていたシュミッテン教授もたいした心臓でした。

心臓とは

心臓(しんぞう)は筋肉でできている中が空洞になっているコブシ大の器官で、胸の中心よりやや左にあります。

心臓の右側と左側にはそれぞれ2つの部屋があり、上の部屋、心房で血液を集めて下の部屋、心室で血液を血管に送りだします。

心臓の右側は右心房と右心室からなり、肺に血液を送りだし、全身からの血液を静脈を通じて回収しています。

心臓の左側は左心房と左心室からなり、肺と肝臓から血液を回収し、全身に動脈を通じて血液を送りだしています。

心臓の働き

心臓の機能はポンプのように血液を送りだすことだけです。

心臓の右側の部分は右心房と右心室からなっていて、右心室は肺へ血液を送り込み、血液のガス交換、酸素二酸化炭素の入れ替えを行わせています。

心臓の左側の部分は左心房と左心室からなっていて、肝臓からの血液を左心房に集め、さらに左心室から全身に血液を送りだしています。

全身から血液を集める静脈は右心房に繋がり、右心房はその静脈血を右心室に送りだしています。

これらの心臓の働きにより、全身の組織に酸素と栄養分が運ばれると同時に、各組織で二酸化炭素などの老廃物が血液中に取り込まれ、肺や腎臓(じんぞう)で排出されるために運ばれます。

不整脈

心臓は毎分60回から70回、毎日10万回以上、一定のリズムで脈拍を打っています。

この脈拍が不規則になる、遅くなる、速くなるといった状態を総称して不整脈(ふせいみゃく)と呼んでいます。

心臓は電気刺激によって筋肉の収縮と弛緩を行っていますが、この規則的な電気刺激のリズムが乱れた状態が不整脈です。

ただし、不整脈自体は健康な方でも1日に数回程度起こるものであり、日常生活に支障がある場合を除いて気にすることはありません。

不整脈には

  1. 頻脈(ひんみゃく)
    脈拍が速くなるもの
  2. 徐脈(じょみゃく)
    脈拍が遅くなるもの
  3. 期外収縮(きがいしゅうしゅく)
    脈拍が不規則になるもの

などがあります。

頻脈が心房で起きた場合は心房細動(しんぼうさいどう)ですが、頻脈が心室で起きた場合は心室細動(しんしつさいどう)という生命に関わる状態になることがあります。

心室細動を起こすと心臓がピクピク痙攣(けいれん)してポンプの機能を果たせなくなり、意識を失います。

心室細動を起こした場合、ためらわず、AED(自動式体外式除細動器)が近くにあれば使わなければなりません。

さもないと、生命を失うことにもなりかねません。

また、たとえ助かってもへの酸欠から脳死状態になるほか、重い後遺症のために社会復帰ができなくなります。

徐脈は脈拍数が毎分40回以下になって身体を動かすときに息切れをする場合、心不全の可能性がありますので、早急に専門医の診断と治療を受ける必要があります。

期外収縮は精神的なストレスなどでも起き、動悸が激しくなったと思うと、脈がとんだような感じがする場合です。

期外収縮が連続して起きると脈拍は弱く、感じられなくなって、脈がとんだような感じを受けます。

脈拍が弱いので、全身に送りだされる血液の量が減り、目眩(めまい)や息切れを起こすことになります。

頻繁に心臓が期外収縮を起こすようであれば、心臓に何らかの病変がある可能性がありますので、専門医の診断を受けることが大切です。

心臓のまとめ

心臓(しんぞう)は筋肉でできている中が空洞になっているコブシ大の器官で、胸の中心よりやや左にあります。

心臓の右側と左側にはそれぞれ2つの部屋があり、上の部屋、心房で血液を集めて下の部屋、心室で血液を血管に送りだします。

心臓の右側は右心房と右心室からなり、肺に血液を送りだし、全身からの血液を静脈を通じて回収しています。

心臓の左側は左心房と左心室からなり、肺と肝臓から血液を回収し、全身に動脈を通じて血液を送りだしています。

心臓の右側の部分は右心房と右心室からなっていて、右心室は肺へ血液を送り込み、血液のガス交換、酸素と二酸化炭素の入れ替えを行わせています。

心臓の左側の部分は左心房と左心室からなっていて、肺や肝臓からの血液を左心房に集め、さらに左心室から全身に動脈を通じて血液を送りだしています。

全身から血液を集める静脈は右心房に繋がり、右心房はその静脈血を右心室に送りだしています。

心臓は毎分60回から70回、毎日10万回以上、一定のリズムで脈拍を打っています。

この脈拍が不規則になる、遅くなる、速くなるといった状態を総称して不整脈と呼んでいます。

心臓は電気刺激によって筋肉の収縮と弛緩を行っていますが、この規則的な電気刺激のリズムが乱れた状態が不整脈です。

ただし、不整脈自体は健康な方でも1日に数回程度起こるものであり、日常生活に支障がある場合を除いて気にすることはありません。

不整脈には頻脈、徐脈、期外収縮がありますが、頻脈が心室で起きた場合は心室細動(しんしつさいどう)という生命に関わる状態になることがあります。

心室細動を起こすと心臓がピクピク痙攣(けいれん)してポンプの機能を果たせなくなり、意識を失います。

心室細動を起こした場合、ためらわず、AED(自動式体外式除細動器)が近くにあれば使わなければなりません。

さもないと、生命を失うことにもなりかねません。

また、たとえ助かっても脳への酸欠から脳死状態になるほか、重い後遺症のために社会復帰ができなくなります。

なお、健康食品やサプリメントとしての酢・黒酢はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ