健康食品・サプリメントの泉

動脈硬化の

万有引力の法則を発見したイギリスの科学者アイザック・ニュートンはきわめて非科学的なエッセイ「悪魔論」や「神秘論」も書きました。

その原稿はケンブリッジ大学の図書館に保管されていますが、出版されていません。

それはニュートンのイメージがそこなわれると困るからだそうです。

ニュートンほどの偉人でも光と影、表と裏があるということですね。

ところで、現代の生活にも光と影、表と裏があります。

現代の生活はとても便利で快適になり、とても速く楽に移動することや、好きなものを好きなだけ食べて飲むことができます。それは光、表の方です。

しかし、その快適さの裏に高血圧による動脈硬化と肥満によるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)が進行していたりすることがあります。

それが現代の生活の影、裏の方になります。

現代の生活は影、裏の方の影響をいかに少なくするかが快適さを長く続けるポイントです。

動脈硬化とは

動脈硬化(どうみゃくこうか)とは心臓から全身に血液を送る血管動脈の内側の壁が厚くなり硬くなった状態のことをいいます。

動脈硬化には動脈の内側の壁がコレステロールなどのアテローム(粥腫)のプラーク(隆起)によって厚くなる場合と、動脈の中の膜がカルシウムによって硬くなる場合の2つのタイプがあります。

また、全身から心臓に血液を戻す血管の静脈には硬化は起こりにくくなっています。

それは逆流を防ぐ弁があって静脈の血流の速度が遅いことや、静脈の血管の壁は動脈の血管の壁よりも薄いことによります。

動脈硬化の症状

動脈硬化になると動脈の内側にコレステロールが蓄積されてアテロームのプラークが発生します。

プラークは長い時間をかけて大きくなり血液を流れにくくします。

プラークが突然破れると血管内で血液が固まり血栓ができます。

血栓は動脈をふさぎ、あるいは流れていってさらに細い動脈に詰まります。

詰まった血栓は血流を遮断し、酸素や栄養分を重要な臓器へ送ることができなくなります。

こういう状態で発生した血栓による疾患は臓器ごとに疾患名がつけられ、脳梗塞(のうこうそく)、心筋梗塞(しんきんこうそく)などといわれます。

心臓の場合は完全に血流が遮断されていない狭心症という疾患があるため、心筋梗塞と併せて虚血性心疾患という疾患名が使われることもあります。

これらはいずれも死亡率の高い疾患であり、動脈硬化の発生を予防することは日本においても大変重要な国民保健的課題となっています。

動脈硬化には動脈の血管壁にプラークが蓄積するのではなく、血管の中膜にカルシウムが蓄積し骨化することで進行する動脈硬化もあります。

このタイプの動脈硬化は血管が狭くなりませんが、進行につれて中膜が硬くもろくなり、血管が破裂してしまうことがあります。

このタイプの動脈硬化は大動脈や下肢の動脈、頸部の動脈に起こりやすく、また50歳を過ぎた方に男女を問わず見られます。

動脈硬化の治療

現在、悪玉コレステロールといわれる低密度リポタンパク質、LDLコレステロールの血中濃度が高い場合、糖尿病の方や高血圧の方、タバコを吸う方などでは動脈硬化が進行しやすいことがわかっています。

動脈硬化の予防はいわゆる生活習慣病の予防で、糖質脂質など高calを避けるなど食生活の改善、体脂肪を減らし血糖値を下げる運動、禁煙などが有効です。

そして、動脈硬化の治療には生活習慣を改めたうえで、血圧降圧剤、脂質降下剤、糖尿病治療剤の薬物療法も併用します。

また、お茶に含まれているカテキンなどのポリフェノールは血液中のコレステロール値を調整して血中脂質を正常化する働きがあり、動脈硬化の予防の効能が期待できます。

なお、最近では動脈硬化の危険因子の1つと考えられている脂質異常症や動脈硬化を急速に進行させるといわれているメタボリックシンドロームについての研究が盛んになっています。

メタボリックシンドロームは体脂肪が内臓脂肪型肥満になっていて、高血糖・高血圧・脂質異常などの3つのうちの2つ以上該当した場合にいいます。

血管の中膜にカルシウムが蓄積し骨化することで進行するタイプの動脈硬化は今のところ血圧を下げる以外に根本的な対策はありません。

動脈硬化のまとめ

動脈硬化(どうみゃくこうか)とは心臓から全身に血液を送る血管の動脈の内側の壁が厚くなり硬くなった状態のことをいいます。

動脈硬化には動脈の内側の壁がコレステロールなどのアテローム(粥腫)のプラーク(隆起)によって厚くなる場合と、動脈の中の膜がカルシウムによって硬くなる場合の2つのタイプがあります。

悪玉コレステロールといわれる低密度リポタンパク質、LDLコレステロールの血中濃度が高い場合、糖尿病患者、高血圧患者、喫煙者などでは動脈硬化が進行しやすくなります。

そのため、動脈硬化の予防には生活習慣病の予防として糖質・脂質など高calを避けるなど食生活の改善、体脂肪を減らし血糖値を下げる運動、禁煙などが有効です。

また、お茶に含まれているカテキンなどのポリフェノールは血液中のコレステロール値を調整して血中脂質を正常化する働きがあり、動脈硬化の予防の効能が期待できます。

そして、動脈硬化の治療には生活習慣を改めたうえで、血圧降圧剤、脂質降下剤、糖尿病治療剤の薬物療法も併用します。

しかし、血管の中膜にカルシウムが蓄積し骨化することで進行するタイプの動脈硬化は今のところ血圧を下げる以外に根本的な対策はありません。

なお、健康食品やサプリメントとしての動脈硬化の予防の効能が期待される酢・黒酢はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ