健康食品・サプリメントの泉

アセトアルデヒド

宗教改革を行った16世紀のドイツの神学者マルティン・ルターは自分の投げ与える肉片を一心に見つめて待っている子イヌを見ていましたが、やがていいました。

「ああ! 私もこのイヌのような気持ちで、ただ1つのものだけで心をいっぱいにして祈れたらなあ」と。

ルターは宗教改革を行ったくらいですから、当時のキリスト教に疑念がいっぱいで、一心には祈れなかったのでしょうね。

疑念といえば、アセトアルデヒドは二日酔いの犯人ではないかと疑われていましたが、確定したようです。

さらに、発ガン性のリスクも確定しましたね。

アセトアルデヒドとは

アセトアルデヒドアルコールを酸化するときにできる、特有の刺激臭のある青臭い無色の液体で、、鼻、気道の粘膜に対する刺激作用があります。

アセトアルデヒドは有機化学工業の原料であり、合成染料・プラスチック・合成ゴムなどの中間原料として重要な化合物です。

アセトアルデヒドは天然には植物や麴菌(こうじきん)によってふつうにつくられ、とくに果実などに多く含まれています。

ブドウなどの果実には酵母菌がついていて、アルコール発酵でワインをつくることができます。

しかし、酢酸菌もついていますから、アルコール発酵が進むとその後、酢酸発酵が行われ、酢ができます。

酢酸菌は酵母菌がつくったアルコールを酸化・分解するときにアセトアルデヒドをつくります。

アセトアルデヒドはさらに酢酸菌によって酸化・分解されて酢酸、つまり酢がつくられます。

酵母菌は糖質を分解してアルコールをつくるときのエネルギーを、酢酸菌はアルコールが酸化・分解されるときのエネルギーを使って生活しているわけです。

ワインは酵母菌のアルコール発酵が終わって、酢酸菌による酢酸発酵が始まるまえに、フィルターで酵母菌や乳酸菌、酢酸菌などをろ過するか、加熱殺菌します。

そして、酢酸菌の発酵をさせないようにしますので、ワインのアルコールはアセトアルデヒドや酢酸にならないのです。

アセトアルデヒドの分解

アセトアルデヒドタバコの煙や自動車の排気ガスにも含まれていますが、アルコール飲料を飲むことによって体内でも生成されます。

アセトアルデヒドは体内では血液中のアルコールが肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)によって分解された中間代謝物です。

このアセトアルデヒドは、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)により分解されて酢酸になり、最終的には二酸化炭素と水にまで分解されます。

二日酔いとアセトアルデヒド

体内に入ったアルコールが肝臓で分解されてできたアセトアルデヒドは血液によってに運ばれて脳細胞に作用して、血管が拡張して顔が赤くなる、吐き気がする、動悸がする、眠くなるフラッシング反応を引き起こします。

アセトアルデヒドは悪酔い、二日酔いの原因であり、DNAタンパク質と結合しやすい性質をもっていて、アルコール性臓器障害や肝臓ガンなどのガンを生じさせます。

アルコール飲料は生産の過程で高濃度のアセトアルデヒドを含んでいますし、タバコの煙も高濃度のアセトアルデヒドを含んでいます。

口の中や消化管の中では常在細菌がアルコールを発酵させてアセトアルデヒドをつくるため、とくに高濃度のアセトアルデヒドができます。

したがって、タバコを吸うほか、多量にアルコールを飲む方は口腔ガン、舌ガン、咽頭ガン、食道ガン、胃ガン大腸ガン、肺ガン、肝臓ガンなどのガンのリスクにつねに直面しています。

アセトアルデヒドのまとめ

アセトアルデヒドはアルコールを酸化するときにできる、特有の刺激臭のある青臭い無色の液体で、目、鼻、気道の粘膜に対する刺激作用があります。

アセトアルデヒドは有機化学工業の原料であり、合成染料・プラスチック・合成ゴムなどの中間原料として重要な化合物です。

アセトアルデヒドはタバコの煙や自動車の排気ガスにも含まれていますし、アルコール飲料を飲むことによって体内でも生成されます。

アセトアルデヒドは体内では血液中のアルコールが肝臓のアルコール脱水素酵素(ADH)によって分解された中間代謝物です。

このアセトアルデヒドは、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)により分解されて酢酸になり、最終的には二酸化炭素と水にまで分解されます。

体内に入ったアルコールが肝臓で分解されてできたアセトアルデヒドは血液によって脳に運ばれて脳細胞に作用して、血管が拡張して顔が赤くなる、吐き気がする、動悸がする、眠くなるフラッシング反応を引き起こします。

アセトアルデヒドは悪酔い、二日酔いの原因であり、DNAやタンパク質と結合しやすい性質をもっていて、アルコール性臓器障害や肝臓ガンなどのガンを生じさせます。

口の中や消化管の中では常在細菌がアルコールを発酵させてアセトアルデヒドをつくるため、とくに高濃度のアセトアルデヒドができます。

したがって、タバコを吸うほか、多量にアルコールを飲む方は口腔ガン、舌ガン、咽頭ガン、食道ガン、胃ガン、大腸ガン、肺ガン、肝臓ガンなどのガンのリスクにつねに直面しています。

なお、健康食品やサプリメントとしての酢・黒酢はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ