健康食品・サプリメントの泉

二日酔い

酒宴の席で古代ギリシャの雄弁家のイソクラテスが「何かおもしろいことをしろよ」とすすめられました。

すると、イソクラテスはこれを断っていいました。

「私の一番得意な演説は酒の余興(よきょう)には向かないし、酒席向きの芸の方はさっぱり不得手なので」と。

まあ、まっとうないい分ですが、ちっともおもしろくありませんね。

こんな場合のためにジョークの1つや2つぐらい雄弁家なら用意しておくべきでは?

この手の酒の飲み手といっしょに酒を飲むと、二日酔いになるまえに、酒がさめてしまいますよね。

二日酔いとは

二日酔いは宿酔(しゅくすい)ともいい、お酒などをアルコール分解能力以上に摂取することにより引き起こされる不快な身体的症状がある状態のことをいいます。

一般に飲酒後、アルコールはで水分とともに吸収されると血液中に放出され、肝臓アセトアルデヒドから最終的に水と二酸化炭素に分解されます。

しかし、肝臓のアルコール処理能力以上のアルコールを摂取すると、まだ分解処理が終わっていないアセトアルデヒドが血液中に残ってしまいます。

このアセトアルデヒドが悪心、頭痛・目眩(めまい)、胸焼け、吐き気、脱力感などを引き起こし、二日酔いになります。

二日酔いの対策

二日酔いの対策はお酒を楽しくおいしく飲むということの主旨からは外れますが、お酒を飲む前に二日酔いにならない対策をします。

具体的には、牛乳をコップ1杯飲んでからお酒を飲むようにして、胃の壁にカゼインの膜をつくり、胃からアルコールが吸収されないようにします。

二日酔いになってしまったら、まず身体からアルコール分をなくすようにします。

胸焼けや吐き気があるようであれば指を舌の奥に突っ込んで積極的に吐きます。

悪心や脱力感などの症状にはビタミンB1ビタミンC、スポーツ飲料、果物、ハチミツなどが有効とされています。

迎え酒

迎え酒は二日酔いの症状がでているときに、お酒をさらに飲むことをいいます。

しかし、迎え酒はさらなるアルコールにより感覚が鈍くなることや一時的に血行がよくなるため、頭痛や悪心などが治まって一見効果があるように見えるだけです。

そのため、迎え酒のアルコールが処理されず血液中のアセトアルデヒドがさらに増える状態になると、二日酔いがひどくなります。

そして、ひどくなった二日酔いを抑えるために、さらに迎え酒を飲むといういわばアルコール中毒の状態になりますので注意が必要です。

二日酔いのまとめ

二日酔いは宿酔(しゅくすい)ともいい、お酒などをアルコール分解能力以上に摂取することにより引き起こされる不快な身体的症状がある状態のことをいいます。

肝臓のアルコール処理能力以上のアルコールを摂取すると、まだ分解処理が終わっていないアセトアルデヒドが血液中に残ってしまいます。

このアセトアルデヒドが悪心、頭痛・目眩(めまい)、胸焼け、吐き気、脱力感などを引き起こし、二日酔いになります。

二日酔いの対策はお酒を楽しくおいしく飲むということの主旨からは外れますが、お酒を飲む前に二日酔いにならない対策をします。

二日酔いになってしまったら、まず身体からアルコール分をなくすようにします。胸焼けや吐き気があるようであれば指を舌の奥に突っ込んで積極的に吐きます。

悪心や脱力感などの症状にはビタミンB1やビタミンC、スポーツ飲料、果物、ハチミツなどが有効とされています。

なお、健康食品としての酢・黒酢を含む健康食品やサプリメントはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ