健康食品・サプリメントの泉

アルキルピラジン

19世紀のイギリスのロマン派詩人のウィリアム・ワーズワースはあるとき、小説家のチャールズ・ラムにいいました。

「僕もその気になれば、シェークスピアくらいのものは書けると思うんだ」

ラムはそれに答えて「そうだとも、君にはその気が足りないだけだ」といいました。

つまり、ワーズワースはその気になれば書けるくらい、シェークスピアよりも才能があるといいたいわけですね。

それに対して、ラムはワーズワースがシェークスピアよりも才能がないと皮肉っているのですね。

どうでしょう。

確かにワーズワースは才能がありますが、シェークスピアとくらべてはねえ。

ワーズワースもアルキルピラジンの入った麦茶を飲めば、血液がサラサラになって血液のめぐりがよくなり、才能が伸びたかも。

アルキルピラジンとは

アルキルピラジンは2つの窒素原子と4つ水素原子を持つケクレ環、つまり亀の甲構造をしたピラジンの4つの水素原子がエチル基やメチル基で置換された芳香を持つ化合物です。

アルキルピラジンは麦茶の大麦の焙煎やコーヒー豆の焙煎の際にメイラード反応により生成され、香ばしい香気の重要な成分となっています。

メイラード反応は糖質タンパク質とが化学的に作用してメラノイジンという褐色物質を生みだす反応です。

メイラード反応はこんがりした焼き色などの着色、焼き上がりのパンや焼き肉の香ばしさなどの香気成分の生成などにも関わる反応です。

アルキルピラジンの働き

アルキルピラジンは血液の血小板カルシウムの取り込みを抑制して、血小板の凝集作用を抑制します。

そのため、アルキルピラジンは血液の抗凝固作用があり、血液をかたまりにくくサラサラにする効能が期待できます。

また、アルキルピラジンはその香ばしい香気からリラックス作用も効能が期待できます。

アクリルアミド

メイラード反応は糖質とタンパク質とが化学的に作用してメラノイジンという褐色物質を生みだす反応でした。

メラノイジンは抗酸化物質でもありますので、メイラード反応はおいしくなるだけではなく整腸作用が期待できるなど、健康にも役立つ反応です。

一方で、メイラード反応はアスパラギンというアミノ酸ブドウ糖などの単糖類が一緒に加熱されるとできるアクリルアミドという物質を作る反応でもあります。

アクリルアミドは無色なのでメラノイジンではありませんが、アクリルアミドはフライドポテトやポテトチップスに高い濃度で含まれ、発ガン性が疑われています。

日本ではアクリルアミドは遺伝毒性を有する発ガン物質であるとの研究報告がされています。

遺伝毒性は遺伝子を傷つけることでガンを生じる毒性という意味です。

さまざまな研究結果から、糖質とアスパラギンを含む食品を120℃で加熱調理すると、メイラード反応によってアクリルアミドが生じることがわかっています。

つまり炒めたもやし、フライドポテト、炒めたタマネギ、炒めたレンコン、炒めたキャベツなどのお焦げに発ガン性があると疑われたわけです。

ポテトチップスのメーカーなどは真っ青になりましたが、日常的にポテトチップスなどを大量に食べるのではなければ発ガンの危険性は低いと思われます。

偏食せずに、いろいろな食物をまんべんなく食べるということが発ガン物質の摂取率を下げ、発ガン率を下げることになります。

アルキルピラジンのまとめ

アルキルピラジンは2つの窒素原子と4つ水素原子を持つケクレ環、つまり亀の甲構造をしたピラジンの4つの水素原子がエチル基やメチル基で置換された芳香を持つ化合物です。

アルキルピラジンは麦茶の大麦の焙煎やコーヒー豆の焙煎の際にメイラード反応により生成され、香ばしい香気の重要な成分となっています。

アルキルピラジンは血液の血小板のカルシウムの取り込みを抑制して、血小板の凝集作用を抑制します。

そのため、アルキルピラジンは血液の抗凝固作用があり、血液をかたまりにくくサラサラにする効能が期待できます。

また、アルキルピラジンはその香ばしい香気からリラックス作用も効能が期待できます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのお茶を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ