健康食品・サプリメントの泉

タンニン

あるウイスキー会社が「老人と海」などを書いたアメリカの小説家、ヘミングウェイの顔と名前をCMに使わせてくれと申しでました。

条件は4,000ドル、つまり今の価値で約1,500万円と一生飲むだけのウイスキーでした。

しかし、ヘミングウェイはこの話を断りました。

ヘミングウェイいわく「4,000ドルぐらいで好きでもないウイスキーを飲まされてたまるものか。俺には特別の愛用酒があるんだ」だそうです。

かっこいいですね。

今でいえばクールでしょうか。

昔は渋いといいました。

渋いといってもタンニンとは関係ありませんが。

タンニンとは

タンニンはほとんどの植物に含まれるポリフェノールのことです。

このポリフェノールは植物の木質部、樹皮、葉、小枝、実、莢(さや)、根などにあります。

タンニンはタンパク質アルカロイド、金属イオンと反応して強く結合して、縮んでひきしまる、つまり収斂(しゅうれん)し、渋く感じるのでその植物の葉や果実、根などが動物や昆虫などによって傷つけられることを防ぐ役割を持っています。

また、柿などの果実の部分に含まれているタンニンは、果実が熟していくにつれて含有量が少なくなっていく特徴があります。

お茶に含まれるカテキンなどのポリフェノールもタンニンの一種です。

タンニンの利用

タンニンはタンパク質に結合して、収斂(しゅうれん)するので、渋く感じるのですが、皮のなめしでは、硬化や腐敗に関係するタンパク質を除くのに使われます。

皮革のなめしに用いられるタンニンはふつう、ブナやナラ、カシなどの虫こぶからとれる没食子(もっしょくし)やヌルデの虫こぶからとれる五倍子(ごばいし)などの虫こぶから大量に抽出されます。

このタンニンはまた、鉄の塩化物と反応して青黒色の沈殿を生じますので、インクなどの原料にも使います。

タンニンの効能

タンニンはお茶のカテキンや柿渋の成分でも有名ですが、食物として摂取すると殺菌作用を始め、血中のコレステロール値を低下させるほか、高血圧を予防する効能が期待できます。

  1. 脂肪の蓄積予防、脂肪の燃焼
    • タンニンには体脂肪の蓄積を抑える効能が期待できます。
    • タンニンには肝臓筋肉中の脂肪消費酵素の活性を増強させる効能が期待できます。
    • タンニンには脂肪をエネルギーとして消費しやすくする効能が期待できます。
    • 体脂肪の燃焼はダイエットに効能が期待できます。
  2. 動脈硬化の予防
  3. 高血圧の予防
    • タンニンには血圧上昇酵素を抑えて血圧を下げる作用があります。
    • そのためタンニンは高血圧の予防の効能が期待できます。
  4. 血糖値の上昇の抑制
    • タンニンは糖質を分解する酵素の働きを阻害して、血糖値の上昇を抑え、血糖値を調節する作用があります。
    • そのためタンニンは糖尿病の予防の効能が期待できます。
  5. 老化防止(アンチエイジング)、抗ガン
    • タンニンには体内の酸化を防止する抗酸化作用があります。
    • タンニンは体内の酸化の防止で、若さを保ち、老化防止(アンチエイジング)の効能が期待できます。
    • また、タンニンの抗酸化力はガンの発生を抑え、ガンの転移を低減する効能も期待できます。
  6. 虫歯や歯周病の予防、消臭
    • タンニンには抗菌作用があり、ミュータンス菌などの虫歯菌や歯周病菌などの口臭の原因となる細菌を殺菌して虫歯歯周病を予防する効能が期待できます。
    • 虫歯や歯周病を予防することは口臭を消臭する効能が期待できます。
  7. インフルエンザ、風邪の予防
    • タンニンにはインフルエンザウイルス風邪のウイルスの体内侵入を防止する作用があります。
    • そのため、タンニンはインフルエンザや風邪の予防の効能が期待できます。

タンニンのまとめ

タンニンはほとんどの植物に含まれるポリフェノールのことです。

タンニンは植物の木質部、樹皮、葉、小枝、実、莢(さや)、根などにあります。

タンニンはタンパク質、アルカロイド、金属イオンと反応して強く結合して、縮んでひきしまる、つまり収斂(しゅうれん)し、渋く感じるのでその植物の葉や果実、根などが動物や昆虫などによって傷つけられることを防ぐ役割を持っています。

タンニンはその収斂(しゅうれん)作用により、皮のなめしやインク、収斂剤などに使われてきました。

食物として摂取するタンニンには脂肪の蓄積予防、脂肪の燃焼、動脈硬化の予防、高血圧の予防、コレステロールの調整、血糖値の上昇の抑制、老化防止、抗ガン、虫歯の予防、消臭、インフルエンザや風邪の予防などの効能が期待できます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのお茶を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ