健康食品・サプリメントの泉

カテキンなどの

「野生の呼び声」「白い牙」などを書いた、20世紀初頭のアメリカの小説家ジャック・ロンドンはあるとき、締め切りまでに原稿が書けませんでした。

雑誌の編集長はロンドンに電話して「24時間以内に書いてくださらなければ、私はあなたの尻を蹴とばしますぞ。私は必ず約束を守る男です」といって脅しました。

すると、ロンドンは「私も足で果たせる約束なら、必ず守るのですが…」と答えました。

原稿の締め切りはだれでもこうなりますね。

とくに原稿を書く方は書けないから焦りますが、焦るから書けないという悪循環に陥ってしまうのです。

こんなときはお茶でも飲んでリラックスしないとかえって書けないものです。

カテキンとは

カテキンはお茶に含まれる渋味の成分です。

お茶にはカフェインとならんでカテキンが含まれています。

カテキンは茶葉の水分を除いた重さの約20%を占めています。

カテキンはタンニンという成分の名前で呼ばれることもありますが、カテキンはタンニンの一種です。

タンニンはカテキンのほかの成分も含めた渋味の成分のことです。

緑茶を除いたお茶、ウーロン茶紅茶などは発酵という工程をとっています。

そのため、発酵で重合したカテキンの色が無色から赤などに変化しています。

しかし、ウーロン茶、紅茶などのお茶もカテキンを含んでいます。

なお、この発酵はいわゆる善玉菌(ぜんだまきん)といわれるビフィズス菌や乳酸菌などによる発酵ではなく、茶葉に含まれている酵素による発酵です。

カテキンの効能

  1. 脂肪の蓄積予防、脂肪の燃焼
    • カテキンには体脂肪の蓄積を抑える効能が期待できます。
    • カテキンには肝臓筋肉中の脂肪消費酵素の活性を増強させる効能が期待できます。
    • カテキンには脂肪をエネルギーとして消費しやすくする効能が期待できます。
    • 体脂肪の燃焼はダイエットに効能が期待できます。
  2. 動脈硬化の予防
  3. 高血圧の予防
    • カテキンには血圧上昇酵素を抑えて血圧を下げる作用があります。
    • そのためカテキンは高血圧の予防の効能が期待できます。
  4. 血糖値の上昇の抑制
    • カテキンは糖質を分解する酵素の働きを阻害して、血糖値の上昇を抑え、血糖値を調節する作用があります。
    • そのためカテキンは糖尿病の予防の効能が期待できます。
  5. 老化防止(アンチエイジング)、抗ガン
    • カテキンには体内の酸化を防止する抗酸化作用があります。
    • カテキンは体内の酸化の防止で、若さを保ち、老化防止(アンチエイジング)の効能が期待できます。
    • また、カテキンの抗酸化力はガンの発生を抑え、ガンの転移を低減する効能も期待できます。
  6. 虫歯や歯周病の予防、消臭
    • カテキンには抗菌作用があり、ミュータンス菌などの虫歯菌や歯周病菌などの口臭の原因となる細菌を殺菌して虫歯歯周病を予防する効能が期待できます。
    • 虫歯や歯周病を予防することは口臭を消臭する効能が期待できます。
  7. インフルエンザ、風邪の予防
    • カテキンにはインフルエンザウイルス風邪のウイルスの体内侵入を防止する作用があります。
    • そのため、カテキンはインフルエンザや風邪の予防の効能が期待できます。

カテキンの安全性

欧米ではカテキンの摂取により肝臓障害を起こす症例が見られています。

カテキンはもともと医薬品として販売されていたのですが、肝臓移植が必要な重症例が報告され、欧米では販売が禁止されているそうです。

日本ではお茶を飲む習慣が定着していたからか、肝臓障害を起こす症例は報告されていません。

ですが、多量のカテキンを摂取する場合には注意が必要です。

お茶に限らず何でもほどほどにということですね。

カテキンのまとめ

カテキンはお茶に含まれる渋味の成分です。

カテキンは脂肪蓄積や高血圧、動脈硬化の予防、コレステロールの調整、血糖値の上昇の抑制、糖尿病の予防、老化防止(アンチエイジング)、抗ガン、虫歯予防、口臭の消臭、インフルエンザや風邪の予防などさまざまな効能が期待される成分です。

なお、健康食品やサプリメントとしてカテキンを含むお茶はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ