健康食品・サプリメントの泉

体脂肪

20世紀のドイツ生まれのスイスの詩人で小説家のヘルマン・ヘッセは「車輪の下」「シッダールタ」などを書きました。

ヘッセは窮屈な学校生活に耐えられず、高校を中退したのち、書店の小僧、時計工などの仕事を転々としました。

そして、ヘッセは詩人・小説家が自分の天職であることを悟るまで、なかなか1つのところに腰を落ち着けることができませんでした。

しかし、ヘッセが職を転々とした経験はのちの作品の中に活かされました。

人生のどん底を経験した方は本当の詩や小説を書くことができる方が多いですからね。

でも、ヘッセは詩人や小説家として成功するまでは、楽な生活ではなかったでしょうね。

体脂肪も相当減ったのでは?

体脂肪とは

体脂肪(たいしぼう)は体内にある脂肪のことをいいますが、たいていは皮膚の下にたまる皮下脂肪と内臓の周りにたまる内臓脂肪のことを意味しています。

自分の体脂肪量は体脂肪率がだせる体脂肪計がついた体重計がありますので、簡単に体脂肪量がわかります。

体脂肪量は次の式で計算できます。

体脂肪量(㎏)=体重(㎏)× 体脂肪率(%)÷ 100

それで、食物から取得された脂質胃液膵液(すいえき)の脂肪分解酵素、リパーゼなどによって脂肪酸グリセリンに分解されます。

消化酵素によって分解された脂肪酸とグリセリンは小腸から吸収されて血液中に入り、身体の生命維持活動に利用されます。

使い切れなかった脂肪酸とグリセリンは肝臓中性脂肪に再合成されるほか、ブドウ糖からも中性脂肪に再合成され、脂肪細胞や肝臓などに蓄えられます。

中性脂肪が皮膚などの下の脂肪細胞にたまったものが皮下脂肪で、内臓の周りにまったものが内臓脂肪です。

内臓脂肪がたまりすぎると、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)のもとになり、中性脂肪が肝臓にたまり、30%を超えると脂肪肝になります。

中性脂肪は脂肪のもとである脂肪酸がグリセリンと結合してつくられる脂肪酸エステル、つまりトリアシルグリセロールという物質です。

中性脂肪はトリグリセリドとも呼ばれることがあります。

脂肪酸だけでは脂肪とはいわず、脂肪酸がグリセリンと結合して脂肪酸エステルになってはじめて、中性脂肪と呼ばれます。

脂肪酸は文字通り酸性の物質ですが、これがグリセリンとエステル結合すると中性になります。

中性脂肪の中性はこの元の脂肪酸から変化したという意味に対しての中性です。

中性脂肪の役割としては、生命維持活動のほかに、ブヨブヨの脂肪分として内臓を守り、また体温を一定に保つ働きがあります。

中性脂肪は生きていくうえで必要なエネルギー源ですので、ある程度の量は必要になります。

人間が農耕を始める前の原始時代にまだ安定的に食事を確保できなかったので、体内に脂肪を蓄え、必要なときに使うために中性脂肪を蓄える身体の構造になったといわれています。

皮下脂肪と内臓脂肪

皮下脂肪は皮膚の下にたまり、女性にたまりやすい傾向があり、落ちにくい体脂肪です。

腰まわりやお尻、太ももなどの下半身に体脂肪が洋ナシ型に過剰にたまった状態を皮下脂肪型肥満といいます。

内臓脂肪は内臓の周りにたまり、男性や閉経後の女性にたまりやすい傾向があり、たまりやすく、おちやすい体脂肪です。

お腹がポッコリでた、内臓の周りに体脂肪がリンゴ型に過剰にたまった状態を内臓脂肪型肥満といいます。

内臓脂肪は肥満になりやすく、また、生活習慣病になりやすい危険な脂肪です。

なお、高血圧脂質異常症、高血糖、つまり血糖値が高い状態の2つ以上併発している状態をメタボリックシンドロームといいます。

バランスの悪い食事、毎日の生活であまり動かない、適度な運動をしないなど、食事からの摂取エネルギーよりも、運動などによる消費エネルギーが少ないと体脂肪が増えます。

また、大人になってからは加齢とともに筋肉が落ちて基礎代謝量が少なくなるので、体脂肪がたまりやすくなります。

体脂肪を減らすには

体脂肪を減らすには規則正しい食事のリズムの中で栄養バランスのよい食事と適度な運動をすることが基本です。

食事による摂取エネルギーよりも、運動などによる消費エネルギーを増やすことで、体脂肪を減らすことができます。

ダイエットなどで食事の量を極端に減らすと、身体は入ってきた栄養をできるだけ蓄えようとするので、体脂肪は逆に増えてしまうことになります。

食事の回数を減らすことや食事の間隔をあけすぎるのも同じことです。

食事量を減らすことや食事の回数を減らすよりも、ビタミンミネラルタンパク質を適度に含んだ栄養バランスのよい食事を1日3回、少量でも決まった時間に食べることが大切です。

体脂肪を燃やすためには、酸素を身体に取り込みながら行う、水泳、ウオーキング、エアロビクスなどの有酸素運動が効果的です。

有酸素運動は、ある程度まとまった時間続けて行うことが大切です。

有酸素運動は一度に最低でも10分以上、できれば20分以上、毎日続けて行うのが理想的です。

それは筋肉には遅筋と速筋があり、この2種類の筋繊維が混じり合って筋肉を構成しているからです。

速筋は瞬間的に大きな力をだせる瞬発性に優れた筋肉で、短距離走やウエイトリフティングなどで、この速筋が活躍します。

速筋は糖質をエネルギー源としますが、その糖質は筋肉中に少ししかないため短時間のうちに消費してしまいます。

ですから、速筋は大きなパワーをずっとだし続けることはできません。

いざというときに力を発揮する筋肉が速筋です。

ふだん使われるのは遅筋です。

別名を色の赤さから赤筋ともいいます。

遅筋が身体の全筋肉量の70〜80%を占めていて、身体全体のエンジン的な役割を果たしています。

遅筋は大きな力を発揮できませんが、長い時間運動を続けるときやふだん腸などの内臓で活躍する筋肉です。

おもに有酸素運動時に使われる筋肉が遅筋で遅筋を鍛えることでエネルギーを生産できる筋肉になっていきます。

つまり、遅筋を鍛えるとより多くの脂肪をエネルギーとして利用できるようになります。

有酸素運動を続けると運動中に脂肪が燃え、さらに遅筋も鍛えられます。これで太らない身体づくりの好循環サイクルができあがります。

なお、遅筋を鍛えても筋肉は肥大せず、ウエイトトレーニングなどで速筋を鍛えた場合に、筋肉は肥大します。

ボディーラインを整えるときにはウエイトトレーニングと有酸素運動を組み合わせます。

つまり、内臓脂肪や皮下脂肪を取り去り、代わりに筋肉をつけて体型を整えるということです。

体脂肪のまとめ

体脂肪(たいしぼう)は体内にある脂肪のことをいいますが、たいていは皮膚の下にたまる皮下脂肪と内臓の周りにたまる内臓脂肪のことを意味しています。

食物から取得された脂質は胃液や膵液(すいえき)の脂肪分解酵素、リパーゼなどによって脂肪酸とグリセリンに分解されます。

消化酵素によって分解された脂肪酸とグリセリンは小腸から吸収されて血液中に入り、身体の生命維持活動に利用されます。

使い切れなかった余ったエネルギーは肝臓で脂肪酸とグリセリンから再合成され、脂肪細胞などに中性脂肪として蓄えられます。

中性脂肪が皮膚などの下の脂肪細胞にたまったものが皮下脂肪で、内臓の周りにまったものが内臓脂肪です。

中性脂肪の役割としては、生命維持活動のほかに、ブヨブヨの脂肪分として内臓を守り、また体温を一定に保つ働きがあります。

中性脂肪は生きて行くうえで必要なエネルギー源ですので、ある程度の量は必要になります。

体脂肪を減らすには規則正しい食事のリズムの中で栄養バランスのよい食事と適度な運動をすることが基本です。

食事による摂取エネルギーよりも、運動などによる消費エネルギーを増やすことで、体脂肪を減らすことができます。

食事の量を極端に減らすと、身体は入ってきた栄養をできるだけ蓄えようとするので、体脂肪は逆に増えてしまうことになります。

食事の回数を減らすことや食事の間隔をあけすぎるのも同じことです。

食事量を減らすことや食事の回数を減らすよりも、ビタミンやミネラル、タンパク質を適度に含んだ栄養バランスのよい食事を1日3回、少量でも決まった時間に食べることが大切です。

体脂肪を燃やすためには、酸素を身体に取り込みながら行う、水泳、ウオーキング、エアロビクスなどの有酸素運動が効果的です。

有酸素運動は、ある程度まとまった時間続けて行うことが大切です。

有酸素運動は一度に最低でも10分以上、できれば20分以上、毎日続けて行うのが理想的です。

なお、健康食品やサプリメントとしてのお茶はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ