健康食品・サプリメントの泉

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)

「ドリアン・グレイの肖像」などを書いた19世紀のアイルランドの小説家オスカー・ワイルドのある劇が上演されましたが、初日以来、まったく評判がよくありませんでした。

しかし、ワイルドは友人に意気揚々として「僕の劇は非常な大成功だよ。だが観客の方が全然だめなんだよ」というのでした。

それは何ですか。

相対性理論ではないでしょう。

観客ではなく自分の方がだめなんでしょう。

構想をきちんと練って、観客にうける劇を書けないワイルドの方がだめなんでしょう。

ワイルドは構想不全症候群ですね。

まあ、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)によるエイズ(AIDS)よりははるかにましですが。

そういえば、ワイルドは同性愛者で、恋人は男性でした。

現代であれば、エイズ(AIDS)にかかっていたでしょうね。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)とは

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は英語でhuman immunodeficiency virusと表記され、人間やサルの白血球T細胞マクロファージ(大食細胞)などの免疫細胞に感染してエイズ(AIDS)を発症させるウイルスです。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は他の多くのウイルスと同じように遺伝情報をDNAとしてではなく、RNAとして保持しています。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)はマクロファージによって貪食されてもその食作用を回避する機能を持っています。

マクロファージによる貪食を免れたヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、そのマクロファージ細胞内部に感染します。

マクロファージ自体は強い殺菌作用を持っていますが、マクロファージ内部には抗体やその他免疫による攻撃が到達しません。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞のT細胞やマクロファージに侵入すると、RNAを放出し、自分の遺伝情報をコピーしながら増殖します。

マクロファージ内に感染したヒト免疫不全ウイルス(HIV)が長期に渡ってマクロファージ内に潜伏し、感染後、10年以上の長い年月が経ってからエイズ(AIDS)を発症することになります。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染するとヒト免疫不全ウイルス(HIV)は血液や精液、膣分泌液、母乳などからたくさん分泌されます。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は唾液(だえき)や涙液(るいえき)、尿などの体液では他人に感染させるだけのウイルス量は分泌されません。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染は腸管、膣、口腔内などの粘膜および針刺し事故などの血管に達するような皮膚などの傷からです。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は傷のない皮膚からは感染しませんので、おもな感染経路は性交などの性的感染、注射針や輸血からの血液感染、産道や母乳からの母子感染です。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は変異を起こしやすいためワクチンの予防法は確立されていません。

エイズ(AIDS)

エイズ(AIDS)、つまり後天性免疫不全症候群(acquired immunodeficiency syndrome)はヒト免疫不全ウイルス(HIV)がT細胞やマクロファージに感染して起こる疾患です。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)がT細胞やマクロファージなどに感染すると、T細胞やマクロファージの中でヒト免疫不全ウイルス(HIV)が増殖します。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)がT細胞やマクロファージの中で増殖すると、免疫に大切なこれらの細胞が身体から徐々に減っていき、免疫力が低下してふだんは感染しない病原体にも感染しやすくなります。

そして、カリニ肺炎などの日和見(ひよりみ)感染症やカポジ肉腫などの悪性腫瘍を発症します。

この日和見感染症や悪性腫瘍を発症した状態をエイズ(AIDS)、つまり後天性免疫不全症候群(acquired immunodeficiency syndrome)といいます。

エイズ(AIDS)は代表的な23の疾患が決められていて、代表的な23の疾患のいずれかを発症した時点でエイズ(AIDS)と診断されます。

エイズ(AIDS)は致死率が高く、発症して治療をしない場合の生存年数は2〜3年です。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)のまとめ

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は英語でhuman immunodeficiency virusと表記され、人間やサルの白血球のT細胞やマクロファージ(大食細胞)などの免疫細胞に感染してエイズ(AIDS)を発症させるウイルスです。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)はマクロファージによって貪食されてもその食作用を回避する機能を持っています。

マクロファージによる貪食を免れたヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、そのマクロファージ細胞内部に感染します。

マクロファージ自体は強い殺菌作用を持っていますが、マクロファージ内部には抗体やその他免疫による攻撃が到達しません。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞のT細胞やマクロファージに侵入すると、RNAを放出し、自分の遺伝情報をコピーしながら増殖します。

マクロファージ内に感染したヒト免疫不全ウイルス(HIV)が長期に渡ってマクロファージ内に潜伏し、感染後、10年以上の長い年月が経ってからエイズ(AIDS)を発症することになります。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染は腸管、膣、口腔内などの粘膜および針刺し事故などの血管に達するような皮膚などの傷からです。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は傷のない皮膚からは感染しませんので、おもな感染経路は性交などの性的感染、注射針や輸血からの血液感染、産道や母乳からの母子感染です。

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は変異を起こしやすいためワクチンの予防法は確立されていません。

なお、健康食品やサプリメントとしてのお茶はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ