健康食品・サプリメントの泉

コーヒー

「赤とんぼ」などの童謡を作曲した大正、昭和の作曲家、山田耕筰(やまだこうさく)はたびたび痔にかかりました。

ある時、「これで酒をやったら2年も持たない」と医師にいわれました。

すると山田耕筰は「どうせ2年も持たない生命なら、いまさら酒がやめられるか」と酒を飲むことを止めず、忙しく演奏旅行して歩き回っていたら、いつの間にか痔は治っていたそうです。

まあ、デスクワークなどの座りっぱなしの仕事は痔になりやすいのですが、痔の症状の改善は血行を良くするということですので、歩きまわることは本当に痔にはいいそうです。

痔にはお風呂に入って血行を良くすることや、血行を良くするコーヒーなどの飲料もいいと思われます。

コーヒーとは

コーヒーは世界で最も多くの国で飲まれている飲料で、コーヒー豆を焙煎し、挽いた粉末にお湯や水を加えて成分を抽出しています。

家庭でも職場でも喫茶店や飲食店でも飲まれ、コーヒー専門店もたくさんあります。

某コーヒーチェーン店が鳥取県に最近、初店舗をだして話題になりました。

コーヒー豆は北回帰線と南回帰線の間、通称コーヒーベルトと呼ばれる地域のアフリカ、中南米、アジアなど、約70か国で生産され、日本でも九州や沖縄の一部で個人的に生産されています。

コーヒーの成分

コーヒーの生豆には多糖類やアミノ酸タンパク質脂質などが含まれています。

また、コーヒーのポリフェノールはクロロゲン酸、アルカロイドはカフェインやトリゴネリン、香りの成分のジテルペンはカフェストールやカフェオールなどが含まれています。

これらの成分は焙煎されることによって化学変化を起こし、数百種類にものぼる成分となって焙煎されたコーヒー豆に含まれています。

これらの成分は飲料としてのコーヒーの苦みや酸み、甘みなどの味を決定づけています。

コーヒーには0.04%程度のカフェインが含まれていますが、お茶の若い芽を使った玉露というお茶にはカフェインがコーヒーよりも多く含まれています。

このカフェインの覚醒作用は昔から利用されてきたものです。

昔、アラビアでヤギがコーヒーの木の豆を食べて異常に興奮したことを発見してからコーヒーを飲むようになったという話が伝わっているくらいです。

コーヒーの効用

コーヒーは発見当初から眠気覚ましや疲労回復などの作用を持つことに注目されてきた薬用植物です。

しかし、その一方、コーヒーは過度の刺激剤や興奮剤になるとして飲まない方もいます。

コーヒーの効用としてはコーヒーに含まれる抗酸化作用のある成分により抗ガン作用があるという研究報告があります。

コーヒーを日常的に飲む方は肺ガン肝臓ガン、大腸ガンのリスクを下げ、またガン細胞の転移を防ぐ効能があるという研究報告がされています。

しかし、その一方でコーヒーを日常的に飲む方の膀胱ガンのリスクが高まるという報告もあります。

また、コーヒーに含まれるポリフェノールや緑茶に含まれるカテキンなどの血圧降下作用、カフェインが血管や呼吸器の働きを高め、疾患になるリスクを下げているという報告があります。

コーヒーのクロロゲン酸などのポリフェノールは抗酸化作用があり、皮膚などの老化防止(アンチエイジング)の効能が期待できるという指摘もあります。

しかし、一方でコーヒーに含まれるカフェインは習慣性があり、俗にいうカフェイン中毒の状態になり、カフェインを摂らないと頭痛が起きるようになります。

また、一時に多量のコーヒーを飲んだ場合、中枢神経異常興奮、血圧上昇、頻尿血液中のLDLコレステロール増加などの諸症状が現れることがあります。

コーヒーのまとめ

コーヒーはコーヒー豆を焙煎し、挽いた粉末にお湯や水を加えて成分を抽出した飲料です。家庭でも職場でも喫茶店や飲食店でも飲まれ、コーヒー専門店もたくさんあります。

コーヒーに含まれる抗酸化作用のある成分により抗ガン作用があり、コーヒーを日常的に飲む方は肺ガンや肝臓ガン、大腸ガンのリスクを下げ、またガン細胞の転移を防ぐ効能が期待できます。

また、コーヒーに含まれるポリフェノールや緑茶に含まれるカテキンなどによる血圧降下作用、カフェインが血管や呼吸器の働きを高め、疾患になるリスクを下げているという報告があります。

コーヒーのクロロゲン酸などのポリフェノールは抗酸化作用があり、皮膚などの老化防止(アンチエイジング)の効能が期待できます。

しかし、一方でコーヒーに含まれるカフェインは習慣性があり、カフェインを摂らないと頭痛が起きるようになります。

また、一時に多量のコーヒーを飲んだ場合、中枢神経異常興奮、血圧上昇、頻尿、血液中のLDLコレステロール増加などの諸症状が現れることがあります。

なお、健康食品やサプリメントとしてカテキンを含むお茶はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ