健康食品・サプリメントの泉

食道静脈瘤

「春城随筆」などで有名な明治から昭和の随筆家、市島春城(いちじましゅんじょう)は江戸文学については相当自信がありました。

市島春城は友人の「小説神髄」などで有名な小説家の坪内逍遥(つぼうちしょうよう)の下宿に行き、「君も江戸文学にくわしいそうだが、どのくらい読んだのか」と尋ねました。

坪内逍遥は「これが僕の読んだもので……」と自筆の目録をだしました。

目録には1,000冊以上の読み本、洒落本、人情本などの名前があがっていました。

すごいですね。

坪内逍遥の乱読多読ぶりに市島春城はぎゃふんといわされたのでしょうね。

1,000冊を読もうとすると、1日1冊を読んだとしても、3年弱かかりますね。

それも、本の内容を完璧に理解してのことならば、もっとすごいですね。

坪内逍遥は早稲田大学の設立に関与し、早稲田大学の図書館の館長まで勤めていますから、本物でしょうね。

でも、1,000冊を読むためには酒も満足に飲めなかったでしょう。

当然、肝硬変や食道静脈瘤とは無縁でしたでしょうね。

食道静脈瘤とは

食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)は食道の粘膜下にある細い静脈が瘤(こぶ)のようにふくれて拡張し、蛇行する疾患です。

食道の下部には粘膜の下に静脈が発達していますが、肝硬変などで肝臓への血流が悪くなると粘膜の下にある静脈の血管がデコボコにふくらんで蛇行し、瘤(こぶ)状になります。

食道静脈瘤があっても、持続的に少量の出血があるほか、食物がのみこみにくい症状があるぐらいで、ほとんど症状がでません。

しかし、食道静脈瘤が破れると大出血し、吐血、下血が生じ、手当てが遅れると出血性ショックを起こして死亡することもあります。

食道静脈瘤の診断と治療

食道静脈瘤ができる原因は肝硬変や門脈圧亢進症、肝外門脈閉塞症などです。

いずれの場合もや腸、脾臓(ひぞう)などから肝臓へ行く血管、つまり門脈の血流がとどこおって、門脈圧が高くなることが原因です。

こうして高くなった門脈圧のため、とどこおった門脈の血液が大量に食道へ流れ始めます。

そのため、食道の粘膜下の細い静脈に大量の血液が流れ込み、瘤のようにふくらんで蛇行し、静脈瘤ができます。

食道静脈瘤の診断は食道の内視鏡検査がまず行われます。

内視鏡検査によって、静脈瘤の発達度合いや破裂、出血のリスクが正確に判定できます。

また、瘤が破れて大出血した場合は、止血のための緊急処置が最優先されます。

そのため、食道静脈瘤は出血を避けるためにやわらかい食事をとり、心身の安静を保つ必要があります。

食道静脈瘤の治療には手術療法があり、食道離断術や噴門切除術、門脈圧減圧術があります。

緊急処置としては硬化剤を出血した血管に注射して静脈瘤をかためてしまう硬化療法があります。

ほかにも、輪ゴムのようなリングで静脈瘤の血管を縛る結紮(けっさつ)療法や先端に風船のついた長いチューブを用いて食道の内側からバルーンで圧迫するバルーン療法などがあります。

食道とは

食道とは喉(のど)から胃までをつなぐ外膜、筋膜、粘膜の3層で構成された長さ25㎝ほどの管状の器官です。

口から食べられた食物は食道を通って胃に送られます。

食道では消化が行われませんので、飲み物なら数秒で胃に到達します。

食道の疾患としては胃食道逆流症(GERD)、食道静脈瘤、食道ガンなどがあります。

食道静脈瘤のまとめ

食道静脈瘤(しょくどうじょうみゃくりゅう)は食道の粘膜下にある細い静脈が瘤(こぶ)のようにふくれて拡張し、蛇行する疾患です。

食道の下部には粘膜の下に静脈が発達していますが、肝硬変などで肝臓への血流が悪くなると粘膜の下にある静脈の血管がデコボコにふくらんで蛇行し、瘤(こぶ)状になります。

食道静脈瘤があっても、持続的に少量の出血があるほか、食物がのみこみにくい症状があるぐらいで、ほとんど症状がでません。

しかし、食道静脈瘤が破れると大出血し、吐血、下血が生じ、手当てが遅れると出血性ショックを起こして死亡することもあります。

食道静脈瘤ができる原因は肝硬変や門脈圧亢進症、肝外門脈閉塞症などです。

食道静脈瘤の診断は食道の内視鏡検査がまず行われます。

内視鏡検査によって、静脈瘤の発達度合いや破裂、出血のリスクが正確に判定できます。

また、瘤が破れて大出血した場合は、止血のための緊急処置が最優先されます。

そのため、食道静脈瘤は出血を避けるためにやわらかい食事をとり、心身の安静を保つ必要があります。

食道静脈瘤の治療には手術療法があり、食道離断術や噴門切除術、門脈圧減圧術があります。

緊急処置としては硬化剤を出血した血管に注射して静脈瘤をかためてしまう硬化療法があります。

ほかにも、輪ゴムのようなリングで静脈瘤の血管を縛る結紮(けっさつ)療法や先端に風船のついた長いチューブを用いて食道の内側からバルーンで圧迫するバルーン療法などがあります。

なお、健康食品やサプリメントとしてのプラセンタはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ