健康食品・サプリメントの泉

脂肪肝

古代インドにはさまざまの珍書がありました。

「ステーヤ・シャーストラ」もその1つで、泥棒の指南書でした。

「ステーヤ・シャーストラ」は忍び込む穴の開け方などが詳しく書いてあり、原典は幸か不幸か伝わっていませんが、他書によってその一部がうかがえます。

珍書ではありませんが、古代インドの医療書「アーユルヴェーダ」も有名です。

「アーユルヴェーダ」の中にはハーブを使った脂肪肝の治療法や予防法もあったような。

脂肪肝とは

脂肪肝(しぼうかん)とは肝臓中性脂肪がたまった状態をいいます。

健康な肝臓でも3〜5%の脂肪を含んでいますが、30%を超えた場合を脂肪肝といいます。

食物から取得された脂質胃液膵液(すいえき)に含まれている脂肪分解酵素、リパーゼなどの消化酵素によって脂肪酸グリセリンに分解されます。

消化酵素によって分解された脂肪酸とグリセリンは小腸から吸収されて血液中に入り、身体の生命維持活動に利用されます。

使い切れなかった余ったエネルギーは肝臓で脂肪酸とグリセリンから中性脂肪に再合成されるほか、ブドウ糖からも中性脂肪に再合成され脂肪細胞などに蓄えられます。

中性脂肪が皮膚などの下の脂肪細胞にたまったものが皮下脂肪で、内臓の周りの脂肪細胞にたまったものが内臓脂肪です。両方あわせて体脂肪といいます。

しかし、糖質や脂質を摂りすぎて、肝臓に送られる脂肪酸が増えると、肝臓で脂肪酸からつくられる中性脂肪が肝臓の肝細胞にたまります。

30%以上の脂肪を含むと脂肪肝になるというわけです。

脂肪肝は肝硬変肝臓ガンに進行しますので、大変危険です。

肝硬変に進行するまでに処置をすると、肝臓は正常な状態に戻すことができます。

アルコール性脂肪肝

酒を飲むとアルコールが体内に入り、体内に入ったアルコールは肝臓の働きでアセトアルデヒドを経て、最終的には水と二酸化炭素に分解されてしまいます。

しかし、肝臓の処理能力以上のアルコールが体内に入ると肝臓の細胞が傷つき、炎症を起こして肝炎になります。これが肝臓病などに多いアルコール性肝炎です。

アルコール性肝炎が続くと、肝臓の細胞の機能の低下や、壊死が始まり、肝臓に中性脂肪がたまり、アルコール性脂肪肝になります。

また、酒を飲むときに、肉や魚など動物性の脂肪を含んだ食物も一緒に摂取することが多いので、酒をたくさん飲む方はたくさん脂肪を摂ることになり、肝臓に中性脂肪がたまりやすくなります。

アルコール性脂肪肝はアルコール性肝障害の1つです。

脂肪肝の特徴

正常な肝臓の脂質は約3分の2がリン脂質で占められ、おもに細胞の膜を構成し、残りの約3分の1がコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸になっています。

ところが脂肪肝では、中性脂肪が異常に増加して大部分を占め、コレステロールやリン脂質が蓄積することはほとんどありません。

脂肪肝は男性で40歳前後、女性では40代以降の中高年に多発していますが、男性のほうが多く発症するのが特徴です。

肝臓は沈黙の臓器ともいわれ、脂肪肝には痛みなどの自覚症状があまりありません。

それは肝臓が再生・代謝能力に優れ、組織がダメージを受けても残った正常な細胞が余分に働き、肝臓の機能を維持するからです。

そのため肝臓に異常があっても気づかず、異常に気づいたときには疾患がかなり進んでいることがあります。

脂肪肝には自覚症状がないため、医師などの専門家の定期的な検診を受けることが重要となります。

脂肪肝を予防し、肝機能を改善するためは脂肪肝の原因を解消する必要があります。

そのためには高calの食事を制限してダイエットをするのも1つの方法ですが、脂肪肝の原因の多くは生活習慣病にあります。

生活習慣病は日常生活の中で適度な有酸素運動をする、食事の量や栄養のバランスをよくする、アルコールを節制する、睡眠を十分とる、禁煙をすることなどによって予防・改善することが期待できます。

脂肪肝のまとめ

脂肪肝(しぼうかん)とは肝臓に中性脂肪がたまった状態をいいます。

健康な肝臓でも3〜5%の脂肪を含んでいますが、30%を超えた場合を脂肪肝といいます。

正常な肝臓の脂質は約3分の2がリン脂質で占められ、おもに細胞の膜を構成し、残りの約3分の1がコレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸になっています。

ところが脂肪肝では、中性脂肪が異常に増加して大部分を占め、コレステロールやリン脂質が蓄積することはほとんどありません。

脂肪肝は男性で40歳前後、女性では40代以降の中高年に多発していますが、男性のほうが多く発症するのが特徴です。

また、脂肪肝には自覚症状がないため、医師などの専門家の定期的な検診を受けることが重要となります。

脂肪肝は肝硬変や肝臓ガン進行しますので、大変危険です。

肝硬変に進行するまでに処置をすると、肝臓は正常な状態に戻すことができます。

脂肪肝を予防し、肝機能を改善するためは脂肪肝の原因を解消する必要があります。

そのためには高calの食事を制限してダイエットをするのも1つの方法ですが、脂肪肝の原因の多くは生活習慣病にあります。

生活習慣病は日常生活の中で適度な有酸素運動をする、食事の量や栄養のバランスをよくする、アルコールを節制する、睡眠を十分とる、禁煙をすることなどによって予防・改善することが期待できます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのプラセンタはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ