健康食品・サプリメントの泉

肩こり

アレキサンダー大王は東方遠征の途中で、有名なトルコにあるエフェソスのアルテミス神殿の焼け跡によって「再建の全費用をだすから、私の名を神殿に掲げよ」といいました。

エフェソス人は「神であるあなた様がほかの神様に奉納するのはおかしくはないでしょうか?」とやんわりと断りました。

アレキサンダー大王はエジプトのアモン神に神の子であるとの神託を受けていましたから、アレキサンダー大王は神だとエフェソス人はいったのです。

でも、アレキサンダーという神に仕えなければならなかった臣下はさぞかし肩がこったでしょうね。

肩こりとは

肩こりとは肩がだるい、重苦しいといった不快感があって、同時にこわばった筋肉をもんだりすると気持ちよい症候の俗称です。肩だけではなく、首もこることが多く、肩が張るともいいます。

肩こりは医学的には筋硬症に相当し、寒冷や筋肉の使いすぎのほか、関節リウマチ風邪、代謝障害などにみられる、筋肉の有痛性硬結の肩や首の部分に症状があるものをいいます。

肩こりは一般的には背中の僧帽筋痛をさす場合が多く、僧帽筋(そうぼうきん)が緊張して肩に全般的な圧痛があり、圧痛点を認めることもあります。

肩こりの原因

肩こりの一般的な原因としては、精神的な緊張や不自然な姿勢のために僧帽筋などの筋肉が緊張して血流が悪くなるということがあります。

そして、乳酸などの疲労物質が筋肉にたまり、ビタミンの欠乏などをおこして筋肉がこわばって肩こりと感じられるのです。

つまり、不自然な姿勢を長時間続けることやストレスなどで僧帽筋などの骨格筋の緊張が続くと筋細胞内でエネルギー源としてグリコーゲンブドウ糖などの糖が分解されて乳酸がたまります。

乳酸によって、ふだん中性である筋肉が酸性に傾き、同時に血液も過剰に酸性になるアシドーシスという状態になります。

このとき、体内に蓄積された乳酸は肝臓においてブドウ糖などの再合成に利用され、エネルギー源となって血液循環によって各組織へ運ばれます。

この一連の過程を乳酸回路またはコリ回路といいます。つまり、乳酸はエネルギー源として再利用されるのです。

しかし、短い時間に強い力をだす運動をしたときや、長時間同じ姿勢をとるなどをしたときはカリウムイオンとカルシウムイオンの流出が激しくなって、筋細胞が壊れていき、細胞外にカリウムイオンとカルシウムイオンが蓄積していきます。

カリウムイオンは痛みを与える発痛物質になり、カルシウムイオンは酵素が働きATP(アデノシン三リン酸)やクレアチンリン酸の分解でできたリン酸と結びついてリン酸カルシウムになります。

カルシウムイオンが不足した筋肉は動かなくなっていきます。これが筋肉疲労という状態であり、このようにして、肩こりの原因となる筋肉疲労が起こります。

なお、従来は乳酸は疲労物質ではないかといわれていましたが、最近の研究で実は逆に疲労を回復させる物質であることがわかりました。

肩こりの回復

僧帽筋などの筋肉の疲労回復には栄養のバランスのよい食事をこころがけ、睡眠などの休養をしっかりととる、栄養をしっかり摂取する、そして血液の循環をよくすることです。

とくにビタミンB群を積極的に摂取することが大切です。にんにくにはアリシンという糖質の分解を促進するビタミンB1の効能を高める成分があります。

そして、にんにくとビタミンB1を多く含む食材、たとえば豚肉などといっしょに食べることで、疲労回復に効能が期待できることが知られています。

また、乳酸を疲労回復に効率的に働かせるためにはストレッチがおすすめです。

疲労した筋肉は縮んでいますので、縮んだ筋肉よって押しつぶされた血管を戻すために筋肉を伸ばすストレッチをしましょう。

半身浴も乳酸を効率的に働かせるためによいものです。

温度が38〜39℃のぬるま湯にみぞおちまで浸かることで、皮膚などの毛細血管をはじめ体中の血管が拡がり、血行が促進されます。

肩こりのまとめ

肩こりとは肩がだるい、重苦しいといった不快感があって、同時にこわばった筋肉をもんだりすると気持ちよい症候の俗称です。肩だけではなく、首もこることが多く、肩が張るともいいます。

肩こりは医学的には筋硬症に相当し、寒冷や筋肉の使いすぎのほか、関節リウマチ、風邪、代謝障害などにみられる、筋肉の有痛性硬結の肩や首の部分に症状があるものをいいます。

肩こりの一般的な原因としては、精神的な緊張や不自然な姿勢のために、僧帽筋などの筋肉が緊張して血流が悪くなり、乳酸などの疲労物質がたまり、ビタミンの欠乏などをおこして筋肉がこわばって肩こりと感じられるのです。

僧帽筋などの筋肉の疲労回復には栄養のバランスのよい食事をこころがけ、睡眠などの休養をしっかりととる、栄養をしっかり摂取する、そして血液循環をよくすることです。

また、乳酸を疲労回復に効率的に働かせるためにはストレッチがおすすめです。

疲労した筋肉は縮んでいますので、縮んだ筋肉よって押しつぶされた血管を戻すために筋肉を伸ばすストレッチをしましょう。

半身浴も乳酸を効率的に働かせるためによいものです。

温度が38〜39℃のぬるま湯にみぞおちまで浸かることで、皮膚などの毛細血管をはじめ体中の血管が拡がり、血行が促進されます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのプラセンタはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ