健康食品・サプリメントの泉

副腎

「自由の重荷」などを書いた20世紀のフランスの劇作家トリスタン・ベルナールはユダヤ人でした。

第2次世界大戦中、パリがドイツ軍に占領されると、彼もとうとう捕らえられました。

すると、ベルナールは「今までは毎日恐怖の中で暮らしていたが、今日からは希望を持って生きることができる」といいました。

すさまじいですね。

死への恐怖を希望と言い換えますか。

もし、パリが連合軍によって解放されなかったらベルナールは死んでいたところでしょう。

ベルナールには相当ストレスがあったでしょう。

ベルナールの副腎もだいぶ活躍したことでしょうね。

副腎とは

副腎(ふくじん)はいろいろなホルモンを分泌する内分泌器の1つです。

副腎は2つあり、腎臓(じんぞう)の隣にあることから副腎とよばれていますが、腎臓(じんぞう)とはつながっていません。

副腎はギョーザくらいの大きさで、2層構造をしていて、副腎皮質および副腎髄質から構成されています。

副腎皮質ホルモン

副腎皮質からはコルチゾールと呼ばれる糖質コルチコイド、アルドステロンと呼ばれる鉱質コルチコイド、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンのおおむね3つのステロイドホルモンが分泌され、それらのホルモンを副腎皮質ホルモンと総称しています。

糖質コルチコイドはストレスから身体を守り、糖質利用の調節、血圧を正常に保つなどを行う重要なホルモンです。

鉱質コルチコイドは塩分、カリウム、水分のバランスを保つ重要な働きをしています。

男性ホルモンは筋肉の強度・性機能の維持、の働きなどに関わっています。

副腎髄質ホルモン

副腎髄質からはアドレナリンノルアドレナリンの副腎髄質ホルモンが分泌されています。

アドレナリンは激しい感情や強い肉体作業などで身体や脳がストレスを感じたときに分泌され、心拍数を上げ、瞳孔を開き、血糖値を上げるなどの作用があります。

ノルアドレナリンはアドレナリンの前駆体であり、神経を興奮させる神経伝達物質で意欲、不安、恐怖、緊張といった感情や精神状態と深い関係があります。

副腎のまとめ

副腎(ふくじん)はいろいろなホルモンを分泌する内分泌器の1つです。

副腎はギョーザくらいの大きさで、2層構造をしていて、副腎皮質および副腎髄質から構成されています。

副腎皮質からはコルチゾールと呼ばれる糖質コルチコイド、アルドステロンと呼ばれる鉱質コルチコイド、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンのおおむね3つのステロイドホルモンが分泌され、それらのホルモンを副腎皮質ホルモンと総称しています。

副腎髄質からはアドレナリン、ノルアドレナリンの副腎髄質ホルモンが分泌されています。

なお、健康食品やサプリメントとしてのプラセンタはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ