健康食品・サプリメントの泉

ホルモン

「モンテ・クリスト伯(巌窟王)」「三銃士」などを書いた19世紀の小説家アレクサンドル・デュマはドイツのフリードリヒ・フォン・シラーの「ドン・カルロス」の1場面をそっくり自作の「アンリ三世」に取り入れました。

これが指摘され、非難されましたが、デュマは平気で「俺は他人の作品を盗んだんじゃない。征服し、併合したんだ」といったそうです。

ものすごい帝国主義的な神経ですね。

さぞかし、ホルモンのアドレナリンが出ていたことでしょう。

ホルモンとは

ホルモンは身体の外や中に起こった生理情報によって、体内において特定の器官、甲状腺副腎などで合成・分泌される生理活性物質です。

ホルモンは血液などの体液によって体内を循環し、ホルモンの作用は身体の別の機能を発現させます。

ホルモンは血液などのホメオスタシス(恒常性)を維持するなど、身体の正常な状態を支え、都合よい状態にする重要な役割を果たしています。

主なホルモン

  1. 副腎皮質ホルモン
    • 副腎皮質ホルモンは副腎皮質から分泌されるホルモンです。
    • 副腎皮質ホルモンは炎症の制御、糖質の代謝、タンパク質の異化・合成、血液のミネラル調整、免疫反応に深く関わっています。
    • 副腎皮質ホルモンは身体を傷つけるストレスによって分泌されます。
    • また、副腎皮質ホルモンは医薬品としても使用されています。
  2. 甲状腺ホルモン
    • 甲状腺ホルモンは甲状腺から分泌され、細胞の代謝率を上昇させる働きを持つホルモンです。
    • 甲状腺ホルモンの働きで身体の細胞の呼吸量やエネルギー産生量が増えます。
    • 甲状腺ホルモンは基礎代謝量の維持または促進など、生きるためにとても重要なホルモンです。
  3. メラトニン
  4. 成長ホルモン
    • 成長ホルモンは脳の脳下垂体前葉から分泌されるホルモンです。
    • 成長ホルモンは成長に関する作用と代謝をコントロールする作用があり、細胞分裂を盛んにし、糖質やタンパク質、脂質の代謝を促進します。
    • 成長ホルモンは血糖値を上昇させ、カルシウム濃度を一定に保つ働きがあります。
    • 成長ホルモンはエネルギー不足のとき体脂肪を燃焼させる作用があります。
  5. インスリン
    • インスリン膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモンで、血糖値の上昇を抑制する作用があります。
    • 血液中のブドウ糖は細胞のエネルギー源として重要ですが、高濃度のブドウ糖はタンパク質と結合してメイラード反応を起こし、糖尿病などの微小血管障害をもたらします。
    • インスリンはその分泌により血糖値を一定範囲に調整する働きがあります。
  6. アドレナリン
    • アドレナリンは副腎髄質より分泌されるホルモンです。
    • アドレナリンは神経節や脳神経系における神経伝達物質です。
    • アドレナリンは身体のストレスに対する反応の中心的な役割をしていて、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開き、血糖値を上げる働きがあります。
  7. 女性ホルモン
    • 女性ホルモンは女性の卵巣でつくられるホルモンで、女性が妊娠や出産することができる身体を準備するホルモンです。
    • 女性ホルモンには卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンと黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンがあります。
    • 女性ホルモンのエストロゲンプロゲステロンの2つのホルモンの分泌量と時期のバランスが取れていると、女性は生理が安定し、体調も良く、妊娠、出産などができます。
  8. 男性ホルモン
    • 男性ホルモンはアンドロゲンともいうステロイドのホルモンです。
    • 男性ホルモンは男性では精巣からも分泌されますが、男性、女性とも副腎から分泌されます。
    • 男性の場合は男性器の形成と発達、変声、体毛の増加、筋肉の発達、性欲の亢進、脱毛症に作用します。
    • 男性ホルモンは女性ホルモンのプロゲステロン分泌を抑制する作用があります。

環境ホルモン

環境ホルモンは内分泌撹乱物質(ないぶんぴつかくらんぶっしつ)ともいわれ、環境中に存在する化学物質のうち、生体にホルモン作用をおこし、またホルモン作用を阻害するものをいいます。

つまり、極めて低濃度でも生体に大きな影響を与える化学物質のことです。

古くは殺虫剤のDDTなどがありますが、人間などほ乳類にはあまり影響を及ぼさないと思われています。

環境ホルモンは人間の近くに生息する魚類、貝類などが影響を受け、魚類はオスのメス化、貝類はメスのオス化が進むといわれています。

貝類のメスのオス化は船舶の防汚剤のトリブチルスズが原因ではないかといわれています。

しかし、魚類のオスのメス化は下水から排出される糞尿、つまり女性の尿にふくまれる女性ホルモンのせいであって、環境ホルモンのせいではないとの説もあります。

ホルモンのまとめ

ホルモンは身体の外や中に起こった生理情報によって、体内において特定の器官、甲状腺や副腎などで合成・分泌される生理活性物質です。

ホルモンは血液などの体液によって体内を循環し、ホルモンの作用は身体の別の機能を発現させます。

ホルモンには副腎皮質ホルモン、甲状腺ホルモン、メラトニン、成長ホルモン、インスリン、アドレナリン、女性ホルモン、男性ホルモンなどがあります。

環境ホルモンは内分泌撹乱物質(ないぶんぴつかくらんぶっしつ)ともいわれ、環境中に存在する化学物質のうち、生体にホルモン作用をおこし、またホルモン作用を阻害するものをいいます。

なお、健康食品やサプリメントとしてのプラセンタはあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ