健康食品・サプリメントの泉

フェノール

19世紀末から20世紀のフランスの詩人のロベール・ド・モンテスキュー・フザンサック伯爵は優雅な才気ある青年でした。

モンテスキュー伯爵は実際、大勢の女性にいいよられましたが、女性の身体に触れるのが大嫌いな性質でした。

ある晩、友人たちの集まりで、戯れに女優のサラ・ベルナールと喜劇を演じて、彼女を抱きましたが、その後24時間吐きつづけました。

ああ、なんというもったいないことを。

しかし、 サラ・ベルナールのつけていた化粧品の香料にフェノールが入っていたら、モンテスキュー伯爵も吐かざるをえなかったのかも知れませんね。

まあ、モンテスキュー伯爵は男色家との説もあり、そっちの方だったのかも知れませんが。

フェノールとは

フェノールは石炭酸ともいい、実験室内ではコールタールを分留して得られるフェノール油の主成分です。

フェノールは特有の臭気をもつ無色の結晶で、激しい毒性の化合物です。

フェノールの濃厚溶液は皮膚に激しい炎症を起こします。

しかし、ごく薄い溶液は防腐剤や消毒剤として使われます。

フェノールは以前、コールタールを分留して得られましたが、現在では石油からつくられるベンゼンを原料として工業的に大量生産されています。

フェノールはおもに有機合成原料やフェノール樹脂製造に使われます。

ところで、ベンゼン環などの芳香族化合物の環に直接結合した水酸基はフェノール性水酸基と呼ばれます。

そして、フェノール性水酸基をもつ化合物もフェノールと呼ばれます。

フェノール性水酸基をもつ化合物としてはフェノールのほかに、クレゾール、ナフトールがあります。

また、2個以上のフェノール性水酸基をもつ化合物はポリフェノールといいます。

つまり、健康成分として話題のポリフェノールはフェノールということですね。

フェノールの働き

腸内フローラの悪玉菌(あくだまきん)は腸内腐敗を進ませ、アンモニアフェノールインドールなどの有害な物質が増加します。

腸内細菌がタンパク質アミノ酸に分解すると、チロシンからフェノール類がつくられ、トリプトファンからインドールやスカトールがつくられます。

これらの有害な物質は悪臭や肝臓心臓腎臓(じんぞう)などの内臓に負担を与える原因になります。

とくに血液中のフェノール類の多くは表皮形成過程に悪影響をおよぼすことから「肌荒れ」を起こす要因の1つにあげられています。

フェノールのパラクレゾールは皮膚の正常な新陳代謝であるターンオーバーを阻害して表皮の形成に悪影響を及ぼします。

具体的にはフェノールがくすみや「乾燥肌」の原因になります。

というのは、くすみの原因となるメラニンはフェノール類が高分子化して色素となったものの総称ともいえるからです。

腸内フローラ

腸内フローラとは小腸の回腸から大腸にかけて棲息する多種多様な細菌の群落、腸内細菌叢(そう)のことです。

腸内細菌は群落をつくりながら、腸内の壁面にびっしりと棲息していて、それをフローラ、花畑にたとえて、腸内フローラと呼んでいます。

腸内フローラに棲息する細菌の種類は個人やその方の生活習慣、年齢、ストレスなどによってそれぞれ違います。

しかし、腸内フローラに棲息する細菌の種類はふつう善玉菌(ぜんだまきん)と悪玉菌(あくだまきん)と日和見菌(ひよりみきん)の3つにわけられます。

善玉菌と人間は共生関係にあって、人間は善玉菌にすみかとエサを与え、善玉菌は人間に有益な代謝物をつくって人間に利用させているのです。

しかし、前述のように悪玉菌は腸内の腐敗を進ませ、アンモニア、フェノール、インドールなどの有害な物質が増加します。

健康な方の腸内では、善玉菌が悪玉菌よりも多く、悪玉菌が善玉菌よりも多い方は健康が悪くなっている状態であるといえます。

腸内フローラの改善には善玉菌を悪玉菌より増やすことが大切です。

善玉菌を悪玉菌よりも増やすためには、食物繊維がたっぷりと入った野菜や果物を食べることやオリゴ糖などを摂取することです。

フェノールのまとめ

フェノールは石炭酸ともいい、実験室内ではコールタールを分留して得られるフェノール油の主成分です。

フェノールは特有の臭気をもつ無色の結晶で、激しい毒性の化合物です。

フェノールの濃厚溶液は皮膚に激しい炎症を起こします。

しかし、ごく薄い溶液は防腐剤や消毒剤として使われます。

腸内細菌がタンパク質をアミノ酸に分解すると、チロシンからフェノール類がつくられ、トリプトファンからインドールやスカトールがつくられます。

これらの有害な物質は悪臭や肝臓や心臓、腎臓(じんぞう)などの内臓に負担を与える原因になります。

とくに血液中のフェノール類の多くは表皮形成過程に悪影響をおよぼすことから「肌荒れ」を起こす要因の1つにあげられています。

フェノールのパラクレゾールは皮膚の正常な新陳代謝であるターンオーバーを阻害して表皮の形成に悪影響を及ぼします。

具体的にはフェノールがくすみや「乾燥肌」の原因になります。

というのは、くすみの原因となるメラニンはフェノール類が高分子化して色素となったものの総称ともいえるからです。

なお、健康食品やサプリメントとしての乳酸菌を含む食品はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ