健康食品・サプリメントの泉

カリウム

「宇宙船ビーグル号の冒険」は20世紀のカナダ生まれのアメリカのSF小説家A・E・ヴァン・ヴォークトが書いた古典SF小説です。

ビーグル号は1,000人の科学者と軍人を乗せて、さまざまな銀河系を探検する宇宙船です。

そのビーグル号は未知の生命体と遭遇し、乗組員たちはは未知の生命体と知力を尽くした戦いをしながら銀河系を探検していきます。

「宇宙船ビーグル号の冒険」にはケアルと呼ばれる知性を持った巨大猫型生命体がでてきます。

そのケアルのエネルギー源はカリウムで人間を襲って、そのカリウムを奪取するというストーリーが含まれています。

「宇宙船ビーグル号の冒険」は今でも電子書籍などで面白く読めます。

興味を持たれた方は「宇宙船ビーグル号の冒険」を1度読んでみてはどうでしょうか。

なお、19世紀のイギリス海軍の測量船にビーグル号があります。

ビーグル号はチャールズ・ダーウィンが乗船して「種の起源」を書くきっかけとなった帆船です。

カリウムとは

カリウムは元素記号Kで表される原子番号19の激しい反応性を持ったアルカリ金属です。

カリウムは地表付近の元素割合を示すクラーク数の7番目に位置していて花崗岩などの岩石に多く含まれています。

カリウムは塩化カリウムとして採取されて肥料、火薬などの原料として利用され、また、栄養素としても16種ある必須ミネラルの1つになっています。

カリウムの働き

ナトリウムが細胞の外にあるのに対して、カリウムは細胞壁の内側にあって、細胞の内側と外側での物質交換に関係しています。

カリウムが増えると血液から細胞内に水分が移動し、その結果として血圧が下がります。

また、カリウムが減ると逆の作用が働き、血圧が上昇します。

カリウムは食物からエネルギーをつくる、ナトリウムと一緒に作用して身体の水分バランスを保つ、血圧を下げるのを助ける、心臓の規則的な鼓動を保つ、疲労感・脱力感を防ぐ働きがあります。

カリウムの過剰

血圧はナトリウムとカリウムの量によって調整されていますので、塩分としてのナトリウムの摂取が多く、カリウムの摂取が少ないと高血圧になりやすくなります。

一方、カリウムが過剰に摂取されると不整脈を起こし、重症の場合は心臓が止まるなど非常に危険な症状がでる高カリウム血症を起こすことがあります。

その他カリウムの過剰症には胃腸障害、吐き気、下痢、嘔吐、げっぷ、潰瘍ガン、鼻咽頭ガンのリスクが増大するなどの症状や影響があります。

しかし、カリウムはサプリメントなどで多量に摂取していて、かつ腎臓(じんぞう)の機能が低下しているのでなければ、ふつうの食事で過剰になることはありません。

カリウムのまとめ

カリウムは元素記号Kで表される原子番号19の激しい反応性を持ったアルカリ金属です。

カリウムは塩化カリウムとして採取されて肥料、火薬などの原料として利用され、また、栄養素としても16種ある必須ミネラルの1つになっています。

ナトリウムが細胞の外にあるのに対して、カリウムは細胞壁の内側にあって、細胞の内側と外側での物質交換に関係しています。

カリウムが増えると血液から細胞内に水分が移動し、その結果として血圧が下がります。

また、カリウムが減ると逆の作用が働き、血圧が上昇します。

カリウムは食物からエネルギーをつくる、ナトリウムと一緒に作用して身体の水分バランスを保つ、血圧を下げるのを助ける、心臓の規則的な鼓動を保つ、疲労感・脱力感を防ぐ働きがあります。

なお、健康食品やサプリメントとしての乳酸菌を含む食品はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ