健康食品・サプリメントの泉

ウェルシュ菌

ある記者が19世紀から20世紀にかけて活躍したアイルランドの劇作家のバーナード・ショーに楽観主義と悲観主義について尋ねたことがあります。

ショーの答えは「酒が半分はいっているビンをテーブルの上に置いてみればすぐわかるさ」でした。

「しめた! まだ半分ある!」というのが楽観主義者で「しまった! もう半分しかない!」というのが悲観主義者だそうです。

では、カレーの鍋を一晩放置してから食べて、ウェルシュ菌食中毒を起こした方は楽観主義でしょうか、それとも悲観主義でしょうか?

答えはどちらでもないでしょう。

単に食中毒に無知であるか、不注意であるかのどちらかでしょうね。

ウェルシュ菌とは

ウェルシュ菌は人間や動物の大腸内に棲む常在細菌であり、ボツリヌス菌と同じ酸素を嫌う嫌気性細菌です。

ウェルシュ菌は健康な方の便からも検出され、自然界では下水、河川、海、耕地などの土壌や食品、埃(ほこり)などに広く分布しています。

ウェルシュ菌は小腸の回腸から大腸にかけての腸内フローラの悪玉菌(あくだまきん)としての主要構成菌です。

ウェルシュ菌は腸内で食物残渣(しょくもつざんさ)を腐敗させ、硫化水素やアンモニアなどの腐敗物質を産生し、インドールスカトールなどの悪臭のもととなる物質をつくりだします。

また、ウェルシュ菌は食中毒を起こす菌として有名です。

ウェルシュ菌は食中毒のほかにガス壊疽(えそ)、化膿性感染症、敗血症などを引き起こします。

ウェルシュ菌食中毒

ウェルシュ菌食中毒とはウェルシュ菌が腸管内で増殖し、胞子である芽胞(がほう)を形成するときに産生される毒素、エンテロトキシンによって起こる急性胃腸炎です。

ウェルシュ菌は酸素のないところで増殖し、芽胞をつくります。

芽胞は非常に熱に強い性質を持ち、高温に耐えます。

このため、ウェルシュ菌食中毒は加熱後に室温に長時間保温されたカレーやシチュー、煮物などの食品が原因となりやすい食中毒です。

ウェルシュ菌は嫌気性細菌の中では比較的低い酸素濃度でも増殖することや、12〜50℃という広範囲の温度域で増殖することが知られていますが、増殖の適温は43〜45℃です。

ウェルシュ菌食中毒は6〜18時間の潜伏期間のあと、おもに腹痛や下痢などの症状を起こしますが、発熱や嘔吐はあまり見られません。

ほとんどの場合、発症後1〜2日で回復するとされていますが、高血圧脂質異常症糖尿病などの生活習慣病を発症している方や子ども、高齢者では重症化することもあります。

ウェルシュ菌食中毒を起こす食品中では、加熱して調理した後でもそのまま放置することによって、生き残った耐熱性の芽胞が発芽し、ウェルシュ菌が大量に増殖してしまうことがあります。

ウェルシュ菌食中毒は飲食店、仕出し屋、旅館、学校給食など食品を大量に調理する施設で多く見られ、家庭での発生はほかの食中毒細菌などに比べて少ないことが特徴です。

ウェルシュ菌食中毒の発生時期は他の細菌性食中毒と同様に7〜9月の夏季がもっとも多いのですが、3〜4月の春季の発生も比較的多く、12〜1月の冬季の発生も見られます。

また、商業施設で発生することが多いため、1件当たりの患者数が約70名と大規模化しやすい傾向があります。

ウェルシュ菌食中毒の予防法

ウェルシュ菌の耐熱性の芽胞は100℃で1〜6時間の加熱に耐えると考えられています。

そのため、通常の加熱調理では食品中のウェルシュ菌の芽胞を死滅させることはできないと考えられます。

ウェルシュ菌は自然界に広く分布する細菌であるため、食品への汚染を完全になくすということはできません。

しかし、ウェルシュ菌の量がかなり多くないと食中毒を発症しないため、料理を再加熱して芽胞になっていない発芽細菌を殺菌することは重要です。

また、ウェルシュ菌の増殖を阻止するためには

ことが有効な手段です。

ウェルシュ菌のまとめ

ウェルシュ菌は人間や動物の大腸内に棲む常在細菌であり、ボツリヌス菌と同じ酸素を嫌う嫌気性細菌です。

ウェルシュ菌は健康な方の便からも検出され、自然界では下水、河川、海、耕地などの土壌や食品、埃(ほこり)などに広く分布しています。

ウェルシュ菌は小腸の回腸から大腸にかけての腸内フローラの悪玉菌(あくだまきん)としての主要構成菌です。

ウェルシュ菌は腸内で食物残渣(しょくもつざんさ)を腐敗させ、硫化水素やアンモニアなどの腐敗物質を産生し、インドール、スカトールなどの悪臭のもととなる物質をつくりだします。

ウェルシュ菌は食中毒のほかに、ガス壊疽、化膿性感染症、敗血症などを引き起こします。

ウェルシュ菌食中毒とはウェルシュ菌が腸管内で増殖し、芽胞(がほう)を形成するときに産生される毒素、エンテロトキシンによって起こる急性胃腸炎です。

ウェルシュ菌食中毒は6〜18時間の潜伏期間のあと、おもに腹痛や下痢などの症状を起こしますが、発熱や嘔吐はあまり見られません。

ほとんどの場合、発症後1〜2日で回復するとされていますが、高血圧や脂質異常症、糖尿病などを発症している方や子ども、高齢者では重症化することもあります。

ウェルシュ菌は自然界に広く分布する細菌であるため、食品への汚染を完全になくすということはできません。

しかし、ウェルシュ菌の量がかなり多くないと食中毒を発症しないため、料理を再加熱して芽胞になっていない発芽細菌を殺菌することは重要です。

また、ウェルシュ菌の増殖を阻止するためには

ことが有効な手段です。

なお、健康食品やサプリメントとしての乳酸菌を含む食品はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ