健康食品・サプリメントの泉

ビフィズス菌

アレキサンダー大王がエジプトのアモン神から「なんじは神の子である」といの宣託を受けたと聞いて、部下の1人のフィロータスは早速祝いの手紙を書き送りました。

「大王さま、誠におめでとうございます。が、神さまにお仕えしなければならなくなった私たちには大変迷惑なことでございます」と。

このフィロータスはアレキサンダー大王とは率直に意見がいえる立場だったのでしょうね。

でないと、命知らずということになります。

それでも、ものすごいストレスを感じていたでしょうね。

ビフィズス菌はストレスでも減少しますから、下痢になっていたかも知れませんね。

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌小腸の回腸から大腸にかけての腸内フローラと呼ばれる腸内に棲息する代表的な善玉菌(ぜんだまきん)で、とくに母乳を飲んでいる乳幼児の糞便にはたくさん見つかっています。

ビフィズス菌はおもに乳酸だけをつくる乳酸菌とちがって、ビフィズス菌は糖質発酵・分解して、乳酸だけではなく酢酸もつくります。

ビフィズス菌の働き

ビフィズス菌は悪玉菌(あくだまきん)の増殖を防いで、腸内環境を整え、さまざまな生理機能を発揮します。

ビフィズス菌は乳糖やオリゴ糖などを分解して乳酸や酢酸といった有機酸を生成して増殖し、腸内を酸性に変えます。

とくにビフィズス菌が生成する酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌の繁殖を抑制すると考えられています。

大腸菌の無毒株などの日和見菌(ひよりみきん)やウェルシュ菌などの悪玉菌は腸内が酸性であると、十分増殖ができません。

その結果、善玉菌が増え、悪玉菌が相対的に減るという状態になります。

つまり、腸内フローラの環境を改善する効能が期待できます。

なお、酢酸は酢としても飲むこともできますが、酢は消化酵素による消化の途中で中和されてしまいます。

酢酸の大腸での働きを期待するのであれば、大腸で酢酸を生成するビフィズス菌を増やすことが大切です。

ビフィズス菌などの腸内細菌が腸内を酸性にするため、大腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発化して排便が促され、便秘に効能が期待できます。

ビフィズス菌は花粉症などアレルギー症状の緩和にも効能が期待できます。

ビフィズス菌は乳幼児に多いロタウイルスによる感染性腸炎の抑制をする可能性も報告されています。

ビフィズス菌は病原菌やウイルスに対する感染防御作用や抗ガン作用、免疫調節作用、血液中の脂質改善作用などに効能が期待できます。

そのほか、ビフィズス菌はビタミンB1ビタミンB2などのビタミンB群、ビタミンKなどのビタミンも産生します。

ビフィズス菌を増やすためには

ビフィズス菌を腸内で増やすには、生きているビフィズス菌が含まれる食物を摂取することが考えられます。

しかし、1回摂取すればビフィズス菌が永久に腸内に棲み続けるというものではありません。

ビフィズス菌は加齢や日々のストレスなどでも減少し、腸内の腐敗産物が大幅に増えてしまうので、健康を維持するためには毎日摂取することが大切です。

また、正常な母乳栄養児の腸内フローラはビフィズス菌が極めて優勢です。

腸内フローラのビフィズス菌を増やすためには母乳に含まれる乳糖やオリゴ糖などを摂取することもビフィズス菌のエサとなって有効です。

ビフィズス菌のまとめ

ビフィズス菌は小腸の回腸から大腸にかけての腸内フローラと呼ばれる腸内に棲息する代表的な善玉菌(ぜんだまきん)です。

ビフィズス菌はおもに乳酸だけをつくる乳酸菌とちがって、ビフィズス菌は糖質を発酵・分解して、乳酸だけではなく酢酸もつくります。

とくにビフィズス菌が生成する酢酸には強い殺菌力があり、悪玉菌(あくだまきん)の繁殖を抑制することが期待できます。

大腸菌の無毒株などの日和見菌(ひよりみきん)やウェルシュ菌などの悪玉菌は腸内が酸性であると、十分増殖ができませんので善玉菌が増え、悪玉菌が相対的に減ります。

ビフィズス菌は病原菌に対する感染防御作用や抗腫瘍作用、免疫調節作用、血液中の脂質改善作用などが期待できます。

その他、ビフィズス菌はビタミンB1、ビタミンB2などのビタミンB群、ビタミンKなどのビタミンも産生します。

ビフィズス菌は加齢や日々のストレスなどでも減少し、腸内の腐敗産物が大幅に増えてしまうので、健康を維持するためには毎日摂取することが大切です。

また、正常な母乳栄養児の腸内フローラはビフィズス菌が極めて優勢です。

腸内フローラのビフィズス菌を増やすためには母乳に含まれる乳糖やオリゴ糖などを摂取することもビフィズス菌のエサとなって有効です。

なお、健康食品やサプリメントとしての乳酸菌を含む食品はあくまでも、健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ