健康食品・サプリメントの泉

蕁麻疹(じんましん)

大正の中央公論の編集者であった滝田樗陰(たきたちょいん)は身長が150㎝もないのに体重が68㎏もありました。

滝田樗陰は下腹が丸くでっぱり、子どもっぽい顔をして、頬は赤かったので夏目漱石(なつめそうせき)は彼のことを金太郎と呼んでいました。

滝田樗陰は肥満体型だったのですね。

肥満といえば肥満細胞は蕁麻疹(じんましん)の原因物質のヒスタミンを放出する細胞です。

肥満細胞のヒスタミンの放出を抑えると、蕁麻疹(じんましん)はでなくなります。

蕁麻疹(じんましん)とは

蕁麻疹(じんましん)とは皮膚が突然かゆくなり、身体全体に赤いふくれた発疹(はっしん)を生じる疾患です。

蕁麻疹(じんましん)による発疹は数分から数時間で跡かたもなく消えてしまいます。

蕁麻疹(じんましん)の原因は個人によってちがいますので、いろいろありますが、次のようなものがあります。

魚肉、牛乳、卵などの食物、食品添加物、抗生物質などの薬剤、ウルシなどの植物、虫、感染症、冷温などの物理的刺激、運動、発汗などです。

蕁麻疹(じんましん)の出現

皮膚などの血管の周りには肥満細胞があり、肥満細胞は蕁麻疹(じんましん)の原因の刺激を受けると化学物質を放出します。

このときに放出されたヒスタミン血管を膨張させ、血液の中の血漿(けっしょう)が血管の外にでて皮膚を盛り上げ、発疹ができます。

また、ヒスタミンは末梢神経を刺激し、かゆみを起こさせます。

蕁麻疹(じんましん)は原因が残っている限り、発疹の出現を繰り返しますが、掻きむしらないと湿疹になることはありません。

蕁麻疹(じんましん)の検査と治療

蕁麻疹(じんましん)の検査には細い針で皮膚に傷をつけ、検査物質のエキスをおいて、25分後に判定して、原因物質を調べるスクラッチテストがあります。

また、血液検査アレルギーのときに増える免疫グロブリンE、つまりIgE抗体を調べる場合もあります。

非アレルギー性の蕁麻疹(じんましん)であれば、免疫グロブリンEに異常はありません。

蕁麻疹(じんましん)の治療は肥満細胞から放出されるヒスタミンの働きを防ぐ、抗ヒスタミン剤の内服、または注射が行われます。

あるいは、抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー剤を使う場合もあります。

蕁麻疹(じんましん)がでたら、原因がわからない場合も含めて皮膚科での診察を受けることをおすすめします。

蕁麻疹(じんましん)のまとめ

蕁麻疹(じんましん)とは皮膚が突然かゆくなり、身体全体に赤いふくれた発疹(はっしん)を生じる疾患です。

蕁麻疹(じんましん)による発疹は数分から数時間で跡かたもなく消えてしまいます。

蕁麻疹(じんましん)の原因は個人によってちがいますので、いろいろありますが、次のようなものがあります。

魚肉、牛乳、卵などの食物、食品添加物、抗生物質などの薬剤、ウルシなどの植物、虫、感染症、冷温などの物理的刺激、運動、発汗などです。

蕁麻疹(じんましん)の治療は肥満細胞から放出されるヒスタミンの働きを防ぐ、抗ヒスタミン剤の内服、または注射が行われます。

あるいは、抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー剤を使う場合もあります。

蕁麻疹(じんましん)がでたら、原因がわからない場合も含めて皮膚科での診察を受けることをおすすめします。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ