健康食品・サプリメントの泉

パロチン

ある人が政治評論家のマコーレー夫人のおしゃれがこのごろ目立つようになったといいました。

すると、18世紀のイギリスの詩人で文献学者の「英語辞典」の編集で有名なサミュエル・ジョンソンがいいました。

「彼女はペンを持つより、化粧に専念した方が世の中のためになるよ。他人を黒く塗るより、自分の顔を赤く塗る方がずっとましだ」

さすが、サミュエル・ジョンソンは「英語辞典」を編集するだけあって、きつい皮肉をいいますね。

でも、マコーレー夫人もよく咀嚼(そしゃく)して唾液(だえき)をいっぱいだして、パロチンをたくさん分泌していれば、皮膚の新陳代謝もよくなったでしょうね。

そうすれば、顔を赤く塗らずにすんだでしょうか。

少なくともピンク程度ですんだかも知れませんね。

パロチンとは

パロチンは耳下腺(じかせん)および顎下腺(がっかせん)から分泌される唾液(だえき)に含まれる唾液腺ホルモンの一種です。

パロチンは幕末の蘭学者の緒方洪庵(おがたこうあん)の次男である、緒方知三郎(おがたともさぶろう)らによって発見されました。

パロチンの効能

パロチンの再石灰化を促進することがおもな働きですが、身体の壊れた細胞組織を修復する働きもあります。

パロチンは皮膚や筋肉などの粘膜を強化し皮膚の新陳代謝を活発にし、皮膚などのトラブルの大きな原因の1つである皮膚の老化防止(アンチエイジング)の効能が期待できます。

パロチンは皮膚の組織を正常にする働きにより、皮膚炎の治療剤としても使われています。

また、パロチンはそのほか薬剤として、唾液腺機能の低下によるとされる筋無力症、胃下垂、歯槽膿漏(しそうのうろう)、更年期障害の薬物療法に使われています。

咀嚼(そしゃく)

咀嚼とは食事のときによく噛むことです。

唾液(だえき)は20歳を過ぎると、よく噛まないと分泌されなくなっていきます。

当然、パロチンも分泌されなくなっていきますので、骨や歯の再石灰化が遅くなる、あるいは皮膚の老化が進むなどの原因になります。

咀嚼は食事のときに、1口30回バランスよく、左で10回、右で10回、両側同時に10回とよく噛みましょう。

また、よく噛んで食べることは、パロチンの分泌が増えるだけでなく、血糖値の急上昇を抑える効能も期待できます。

しかも、満腹中枢が刺激されて、食べ過ぎの防止にもなります。

また、よく噛むことは、口の周りの筋肉をよく使うことで、あごの発達を助けるだけでなく、表情や言葉の発音がよくなり、小顔になる効能も期待できます。

パロチンのまとめ

パロチンは耳下腺(じかせん)および顎下腺(がっかせん)から分泌される唾液(だえき)に含まれる唾液腺ホルモンの一種です。

パロチンは骨や歯の再石灰化を促進することがおもな働きですが、身体の壊れた細胞組織を修復する働きもあります。

パロチンは皮膚や筋肉、目などの粘膜を強化し皮膚の新陳代謝を活発にし、皮膚などのトラブルの大きな原因の1つである皮膚の老化防止(アンチエイジング)の効能が期待できます。

パロチンは皮膚の組織を正常にする働きにより、皮膚炎の治療剤としても使われています。

また、パロチンはそのほか薬剤として、唾液腺機能の低下によるとされる筋無力症、胃下垂、歯槽膿漏(しそうのうろう)、更年期障害の薬物療法に使われています。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ