健康食品・サプリメントの泉

乳液

あるイギリス人が「トム・ソーヤの冒険」などを書いた、アメリカの小説家マーク・トウェインに手紙をだしましたが、さっぱり返事が来ませんでした。

そこで、そのイギリス人は白紙と切手を入れて、「至急、返事下されたし」と手紙をマーク・トウェインに送りました。

すると、マーク・トウェインは「封筒をお送り下さい」とそのイギリス人に返事をしてきました。

もし、そのイギリス人が封筒もマーク・トウェインに送ったら、マーク・トウェインは「ペンを送ってくれ」と次は返事したかも知れませんね。

なんとも皮肉屋のマーク・トウェインらしいですね。

手紙もだすときには便せんや封筒や切手を使う順番が決まっていますが、化粧品も使う順番が決まっています。

乳液は化粧水や美容液のあとに使います。

乳液とは

乳液は20〜30%のラノリンなどの油分を含んだ、乳状の基礎化粧品です。

乳液は適度な油分を含んでいますので、皮膚からの水分蒸発を防ぐ働きがあります。

化粧水は失われた皮膚の角質の水分を補給する役割があります。

しかし、乳液は成分の油分がその補給された水分にふたをして皮膚からの水分の蒸発を防ぐ役割があります。

乳液の使い方

化粧品の利用者の年齢や皮膚の状態、季節によっても皮膚などの保湿機能は違います。

化粧水、または乳液だけで皮膚の保湿ができる方もいますが、冬の乾燥した時期や、年齢を重ねた方など皮膚の保湿機能が十分でない方は乳液の前に美容液を使います。

化粧水が失われた皮膚の角質の水分を補給するのとは異なり、美容液は皮膚にうるおいを与えるだけではなく、皮膚のみずみずしさを保つ働きがあります。

化粧水と美容液が皮膚にうるおいを与え、皮膚のみずみずしさを保っている状態をキープさせるのが乳液です。

また、乳液は適度な油分を含み、皮膚からの水分蒸発を防ぐ役割がありますが、美容液は油分を中心としない保湿成分が多く含まれていますので、基礎化粧品を使用する際は、化粧水、美容液、乳液、クリームの順に使います。

乳液とクリームの違いは水分と油分のバランスの違いで、乳液のほうは水分が多めであり、クリームは油分が多めで重くしっとりとします。

「乾燥肌」の方や、冬などシーズンによってはクリームを使いますが、洗顔後は、化粧水、美容液、乳液、クリームの順番を守ることがスキンケアにはとても重要です。

乳液のコストパフォーマンス

乳液の機能は値段的にはそれほど差はありません。

もちろん、100円と10,000円の乳液では雲泥の差がありますが、年齢の若い方や「乾燥肌」ではない方はふつうの乳液で十分でしょう。

化粧品は使用する目的によって、費用をかける化粧品が違ってきます。

たとえば美白や老化防止(アンチエイジング)を期待するのであれば、化粧水や乳液に費用をかけるよりは美容液に費用をかける方がコストパフォーマンスは高くなります。

美容液は化粧品メーカーが長い時間と多くの開発費用をかけていますので、値段的な差には高価なものと安価なものでは美白や老化防止(アンチエイジング)の機能には雲泥の差があります。

したがって、費用をかけるなら、美容液にということになります。

また、化粧水、乳液、美容液、クリームなど、どんな化粧品にもいえることですが、必ずパッチテストをしましょう。

これは乳化剤、界面活性剤が多く配合されている美容液などはアレルギー反応を起こす方もいることや、製品によって皮膚に合わないとか、その時の体調の変化で、ある日突然アレルギーを起こすケースもあるからです。

なお、パッチテストは塗ったあと、3日は様子をみましょう。これは化粧かぶれが接触皮膚炎の一種であり、接触皮膚炎の反応は丸2日後に現れやすいからです。

乳液のまとめ

乳液は20〜30%のラノリンなどの油分を含んだ、乳状の基礎化粧品です。

乳液は適度な油分を含んでいますので、皮膚からの水分蒸発を防ぐ働きがあります。

化粧水は失われた皮膚の角質の水分を補給する役割があります。

しかし、乳液は成分の油分がその補給された水分にふたをして皮膚からの水分の蒸発を防ぐ役割があります。

化粧水、または乳液だけで皮膚の保湿ができる方もいますが、冬の乾燥した時期や、年齢を重ねた方など皮膚の保湿機能が十分でない方は乳液の前に美容液を使います。

乳液とクリームの違いは水分と油分のバランスの違いで、乳液のほうは水分が多めであり、クリームは油分が多めで重くしっとりとします。

化粧水、乳液、美容液、クリームなど、どんな化粧品にもいえることですが、必ずパッチテストをしましょう。

これは乳化剤、界面活性剤が多く配合されている美容液などはアレルギー反応を起こす方もいることや、製品によって皮膚に合わないとか、その時の体調の変化で、ある日突然アレルギーを起こすケースもあるからです。

パッチテストは塗ったあと、3日は様子をみましょう。

これは化粧かぶれが接触皮膚炎の一種であり、接触皮膚炎の反応は丸2日後に現れやすいからです。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ