健康食品・サプリメントの泉

麻疹

「ゴリオ爺さん」「谷間の百合」などを書いた19世紀のフランスの小説家オノレ・ド・バルザックはナポレオン・ボナパルトが大好きでした。

そして、バルザックはナポレオンのいった言葉で気に入ったものを見つけるたびに書き取っておきましたので、7年間で500ほど集まりました。

あるとき、ゴーディという男が、フランス王ルイ・フィリップ1世に献上すれば、勲章が必ずもらえるという本を代筆してくれといってきました。

バルザックはそのナポレオンのいった500の言葉をゴーディに4,000フラン(400万円?)で譲りました。

う〜む、趣味が実益になる実例または先例でしょうか。

現在でも有名人のいった名言(迷言?)集を出版する例があとをたちませんからね。

売れたもん勝ちですね。

勝てば官軍、負ければ賊軍。

後悔先に立たず。

あのとき、思いついた言葉をメモしておけばよかったと思うのは私だけでしょうか。

後悔といえば麻疹の予防ワクチンもきちんとやっておきましょう。

麻疹にかかってからでは遅いですよ。

麻疹とは

麻疹(ましん)とははしかとも呼ばれる急性熱性発疹性のウイルス感染症です。

麻疹は感染力が非常に強く、重症になると死亡することがあります。

麻疹は空気感染、飛沫(ひまつ)感染、接触感染のいずれの場合でも感染し、よく発症する年齢は2歳以下の乳児、幼児です。

最近では、10~20代の麻疹感染が増えていて、問題になっています。

麻疹の症状

麻疹は感染してから10~12日の潜伏期間を経て、発熱して発症します。

麻疹は発症すると、咳(せき)、鼻水、結膜炎症状がでて、38℃以上の発熱が2~3日続きます。

この時期が一番、麻疹の感染力が強い時期で、その後いったん少し熱が下がります。

そして、耳後部あたりから発疹がでて、39℃以上の発熱が2~3日続きます。

また、発疹がでてから1~2日の間に口腔粘膜に麻疹の特徴である、白いコプリック斑と呼ばれる粘膜疹がでます。

耳後部あたりからの発疹は、顔面、体幹、手足、全身に広がります。2~3日後、発疹は色素沈着を残して回復していきます。

麻疹は肺炎、中耳炎を併発することが多く、また、1,000分の1ほどの割合で脳炎も発症します。

学童期に中枢神経疾患の亜急性硬化性全脳炎(あきゅうせいこうかせいぜんのうえん)が麻疹ウイルスに感染後、発症することがあります。

亜急性硬化性全脳炎は知能障害、運動障害などの症状を起こし、発症から6〜9か月で死亡することがあります。

麻疹はコプリック斑などの特徴的な臨床症状で多くは診断されますが、血液から麻疹に対するIgM抗体を検出することで診断できます。

また、血液や尿、咽頭ぬぐい液などから麻疹ウイルスの遺伝子、RNAを検出して確定することもできます。

麻疹は発症すると、診断した医師が最寄りの保健所に1週間、可能な限り24時間以内に届けでることが義務づけられています。

麻疹を発症すると麻疹ウイルスに対する特効的な治療方法はありません。

咳(せき)や鼻水、結膜炎症状、発熱などに対する対症療法を行います。

また、肺炎、中耳炎などを併発することも多く、麻疹発症者の約40%は入院して治療することになります。

麻疹の予防

麻疹は麻疹・風疹混合ワクチンがありますので、ワクチンを接種して麻疹そのものの発症を予防することが大切です。

1歳になってからと、小学校入学1年前の幼児期に2回接種することが望ましいといわれています。

この2回のワクチンの費用は通常無料となっていますが、ワクチンを接種する幼児、児童は約半数にとどまっています。

麻疹のまとめ

麻疹(ましん)とははしかとも呼ばれる急性熱性発疹性のウイルス感染症です。

麻疹は感染力が非常に強く、重症になると死亡することがあります。

麻疹は空気感染、飛沫(ひまつ)感染、接触感染のいずれの場合でも感染し、よく発症する年齢は2歳以下の乳児、幼児です。

最近では、10~20代の麻疹感染が増えていて、問題になっています。

麻疹は感染してから10~12日の潜伏期間を経て、発熱して発症します。

麻疹は発症すると、咳(せき)、鼻水、結膜炎症状がでて、38℃以上の発熱が2~3日続きます。

この時期が一番、麻疹の感染力が強い時期で、その後いったん少し熱が下がります。

そして、耳後部あたりから発疹がでて、39℃以上の発熱が2~3日続きます。

また、発疹がでてから1~2日の間に口腔粘膜に麻疹の特徴である、白いコプリック斑と呼ばれる粘膜疹がでます。

耳後部あたりからの発疹は、顔面、体幹、手足、全身に広がります。2~3日後、発疹は色素沈着を残して回復していきます。

麻疹は麻疹・風疹混合ワクチンがありますので、ワクチンを接種して麻疹そのものの発症を予防することが大切です。

1歳になってからと、小学校入学1年前の幼児期に2回接種することが望ましいといわれています。

この2回のワクチンの費用は通常無料となっていますが、ワクチンを接種する幼児、児童は約半数にとどまっています。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ