健康食品・サプリメントの泉

キサントフィル

明治から大正にかけての小説家、巌谷季雄(いわやすえお)は硯友社(けんゆうしゃ)の新進小説家として文壇にデビューしました。

デビューしたころ、彼は漣山人(さざなみさんじん)と号しました。

ところが、しずく山人と読まれたので、小波(さざなみ)と号しました。

ところが、これもこなみと読まれたので、彼はがっかりしました。

珍しく、難しい漢字でもなくても、読み方がふつうでない漢字だと明治の方でも読めなかったわけですね。

結局、ペンネームは巌谷小波(いわやさざなみ)となったわけですね。

これは目の問題ではなく、教育の問題ですから、しょうがなかったでしょうね。

いくらルテインを摂取していても、読めなかったのでしょう。

キサントフィルとは

キサントフィルカロテノイドの一種で、炭素と水素に水酸基などの形で酸素を含む黄色色素です。

キサントフィルは天然に植物や動物に広く分布しています。

キサントフィルは光合成では葉緑素カロテンに並んで重要な色素です。

キサントフィルには卵黄や網膜の黄斑に存在するルテインなどがあります。

キサントフィルの働き

キサントフィルは狭義にはルテインを指します。

ルテインは植物の緑の葉の中にカロテンとともに多量に存在し、緑黄色野菜のホウレン草やケール、ブロッコリー、アスパラガス、柑橘類の実の皮、ソバなどに多く含まれています。

ルテインは植物以外では卵黄や動物脂肪、カナリアの羽毛、黄体で見られ、強力な抗酸化作用を持っています。

ルテインは植物や動物の体内では紫外線や青色光を吸収して活性酸素の発生を防止する作用があります。

ルテインは食物から摂取されるとそのほとんどがの網膜と水晶体に蓄積されます。

目の網膜と水晶体に蓄積されたルテインは活性酸素の発生原因となる紫外線や可視光線のうち青白色の部分を吸収して網膜や水晶体を酸化や老化から守っています。

ルテインはその強力な抗酸化作用により、抗炎症、血流改善、花粉症などに効能が期待でき、非感染性前立腺炎、変形性関節症、老化防止(アンチエイジング)にも効能が期待できます。

また、ルテインは健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める作用もあります。

ルテインの抗酸化作用は加齢黄斑変性症のリスクを軽減すると考えられています。

カロテノイドとは

カロテノイドはカロチノイドともいい、黄色や橙色、赤色、紫色などの天然色素で動植物に広くみられる色素です。

カロテノイドは植物ではケールやホウレン草、ニンジン、トマト、柿などの緑黄色野菜や果実などにβ-カロテン(βはベータと読みます)やリコピンなどのカロテン、ルテインなどのキサントフィルとして多く含まれています。

魚介類ではカニやエビ、サケ、イクラなどにアスタキサンチンというカロテノイドとして多く含まれています。

カロテノイドは活性酸素を抗酸化作用によって無害化して、過酸化脂質を除去して、細胞を活性化する作用があり、ガンや老化防止(アンチエイジング)に効能が期待できます。

また、カロテノイドは血液中の悪玉といわれるLDLコレステロール血管内でたまって酸化するのを防ぐ効能が期待できます。

そのためカロテノイドは動脈硬化の予防、狭心症心筋梗塞(しんきんこうそく)・脳梗塞(のうこうそく)の予防、生活習慣病の予防の効能が期待できます。

魚介類に含まれるアスタキサンチンは近年の研究で非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の予防や抑制など、肝臓病などに効能が期待できるとわかってきました。

キサントフィルのまとめ

キサントフィルはカロテノイドの一種で、炭素と水素に水酸基などの形で酸素を含む黄色色素です。

キサントフィルは天然に植物や動物に広く分布しています。

キサントフィルは光合成では葉緑素、カロテンに並んで重要な色素です。

キサントフィルには卵黄や網膜の黄斑に存在するルテインなどがあります。

キサントフィルは狭義にはルテインを指します。

ルテインは植物の緑の葉の中にカロテンとともに多量に存在し、緑黄色野菜のホウレン草やケール、ブロッコリー、アスパラガス、柑橘類の実の皮、ソバなどに多く含まれています。

ルテインは植物以外では卵黄や動物脂肪、カナリアの羽毛、黄体で見られ、強力な抗酸化作用を持っています。

ルテインは植物や動物の体内では紫外線や青色光を吸収して活性酸素の発生を防止する作用があります。

ルテインは食物から摂取されるとそのほとんどが目の網膜と水晶体に蓄積されます。

目の網膜と水晶体に蓄積されたルテインは活性酸素の発生原因となる紫外線や可視光線のうち青白色の部分を吸収して網膜や水晶体を酸化や老化から守っています。

ルテインはその強力な抗酸化作用により、抗炎症、血流改善、花粉症などに効能が期待でき、非感染性前立腺炎、変形性関節症、老化防止(アンチエイジング)にも効能が期待できます。

また、ルテインは健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める作用もあります。

ルテインの抗酸化作用は加齢黄斑変性症のリスクを軽減すると考えられています。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ