健康食品・サプリメントの泉

エンドセリン

古代ギリシャのアテネの哲学者ソクラテスは告発を受け、死刑宣告をされました。

ソクラテスの妻のクサンティッペは「あなたは不当に殺されるのですよ」と嘆いていいました。

すると、ソクラテスは「では、お前は私が正当に殺されることを望んでいるのかい」といいました。

聞きようによってはすごく嫌みに聞こえますね。

いくら悪妻で有名なクサンティッペでもソクラテスが正当に殺されることを望んではいませんよね。

つまり、ソクラテスは不当に殺されることをアテネの市民にわかってもらいたかったのでしょうね。

ところで、エンドセリンは1988年に発見された血管内皮細胞から分泌される、血管収縮作用のある生理活性物質です。

エンドセリンはその働きが発見されるまでは不当に評価されていたのかも。

何せ、1988年まで発見されず、しかも発見者が日本人ですからね。

いえ、何も世界の生理学者が無能だとか日本人が有能だといっているのではありません。

何でこんな使いようによっては有用な物質が、それまで発見できなかったのかが不思議なのです。

エンドセリンとは

エンドセリンは血管内皮細胞で形成され、血液中に放出されるアミノ酸が21個つながったペプチドのホルモンです。

エンドセリンは1988年に柳沢正史、真崎知生らにより強力な血管収縮作用のある生理活性物質として発見されました。

エンドセリンの働き

エンドセリンは強力な血管収縮作用があり、血圧の上昇に重要な役割があると考えられています。

エンドセリンの働きを抑えることやエンドセリンを抑える物質が高血圧の予防や治療に役立つ可能性があります。

エンドセリンは高血圧のほか、腎不全(じんふぜん)、心筋梗塞(しんきんこうそく)、くも膜下出血喘息(ぜんそく)にも関係しています。

ペプチドとは

ペプチドはアミノ酸が直鎖状につながったもので、さらにアミノ酸がつながるとタンパク質になります。

ペプチドはホルモン作用、神経伝達作用、抗菌作用など様々な生理活性作用があり、生命維持のために身体の中で大きな役割を持っています。

エンドセリンのまとめ

エンドセリンは血管内皮細胞で形成され、血液中に放出されるアミノ酸が21個つながったペプチドのホルモンです。

エンドセリンは強力な血管収縮作用があり、血圧の上昇に重要な役割があると考えられています。

エンドセリンの働きを抑えることやエンドセリンを抑える物質が高血圧の予防や治療に役立つ可能性があります。

エンドセリンは高血圧のほか、腎不全(じんふぜん)、心筋梗塞(しんきんこうそく)、くも膜下出血、喘息(ぜんそく)にも関係しています。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ