健康食品・サプリメントの泉

アポトーシス

「宮本武蔵」「鳴門秘帖」を書いた大正、昭和の小説家、吉川英治(よしかわえいじ)は小説を書く前にいろいろな仕事に就きました。

吉川英治は19歳のとき横浜の造船所で働いていて、高いハシゴからドックの底に落ち、1か月も入院しました。

しかし、入院した病院ではきれいな看護師はついているし、食事を看護師が食べさせてくれるし、その上、空想をはせる時間があって、彼はその1か月間をたいへん楽しんだそうです。

若いから体力があってよかったのでしょうね。

年をとってからケガをするとなかなか治りません。

若いとケガしてネクローシス、つまり壊死した細胞が速やかに新しい細胞に置き換わりますので、ケガはすぐよくなりますが、年をとってからだと、1か月間は楽しむどころか地獄でしょうね。

アポトーシスとは

アポトーシスとは身体の一部の細胞があらかじめ遺伝子のプログラムで決められたメカニズムによって自殺的に枯死する生理現象のことです。

身体には身体をより良い状態にするために不要な細胞や有害な細胞に細胞死を誘導し、これらの細胞を排除するアポトーシスという仕組みがあります。

アポトーシスはギリシャ語のアポ(離れて)とトーシス(下降)に由来していて、枯れ葉などが木から落ちるという意味を持っています。

アポトーシスの例として、オタマジャクシがカエルに変態するときにシッポが自然になくなることがよくあげられます。

ネクローシスとは

アポトーシスに対してネクローシスという言葉がありますが、ネクローシスは外的要因がきっかけになる細胞死で、壊死(えし)とも呼ばれます。

放射線や熱、毒物などで細胞がアポトーシスする能力さえ奪われるほど強い障害を受けると、細胞はネクローシスを起こします。

心筋梗塞(しんきんこうそく)も心臓動脈の冠動脈が血栓でつまり、血管の血流が途絶えることで、その先の組織に酸素を供給できなくなり、心筋細胞がネクローシスを起こす疾患です。

ガン細胞とアポトーシス

身体のすべての細胞はある条件を満たすとアポトーシスするようにプログラムされています。

ところが、多くのガン細胞では遺伝子に異常があるため、この仕組みがうまく働かず、無制限に増え続けます。

そして、ガンができて、臓器が正常に働けなくなり、生命を失うことになってしまいます。

アポトーシスの場合は、ネクローシスのように外部から力が働いて細胞の膜が破壊されるというわけではなく、細胞の中から崩壊します。

具体的には、DNAの断片化を起こし、細胞の中の核にあるDNAが自然にバラバラになってしまいます。

アポトーシスを起こした細胞は細胞表面にフォスファチジルセリンという脂質でeat meシグナルを提示し、これを血液白血球マクロファージ(大食細胞)などが認識して速やかに貪食してしまいます。

薬剤や放射線によってガン細胞にアポトーシスを誘導し、マクロファージに貪食させるという治療法の確立が目指されていますが、現在のところ実用化にはいたっていません。

アポトーシスのまとめ

アポトーシスとは身体の一部の細胞があらかじめ遺伝子のプログラムで決められたメカニズムによって自殺的に枯死する生理現象のことです。

身体には身体をより良い状態にするために不要な細胞や有害な細胞に細胞死を誘導し、これらの細胞を排除するアポトーシスという仕組みがあります。

それに対して、放射線や熱、毒物などで細胞がアポトーシスする能力さえ奪われるほど強い障害を受けると、細胞はネクローシス、つまり壊死(えし)を起こします。

心筋梗塞(しんきんこうそく)も心臓の冠状動脈がつまり、血流が途絶えることで、その先の組織に酸素を供給できなくなり、心筋細胞がネクローシスを起こす疾患です。

薬剤や放射線によってガン細胞にアポトーシスを誘導し、マクロファージ(大食細胞)に貪食させるという治療法の確立が目指されていますが、現在のところ実用化にはいたっていません。

なお、健康食品やサプリメントとしてのヒアルロン酸を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ