健康食品・サプリメントの泉

偏頭痛

大衆文学の小説家を目指す小説家の卵たちの登竜門、直木賞の創設のもととなった明治、大正の小説家、直木三十五(なおきさんじゅうご)はいつも債権者らにとりまかれていました。

しかし、債権者たちがどんなにおどかしても、怒鳴っても、直木三十五は無表情な顔をして「できたら払う。今はない」と一言いうだけでした。

そのうちに借金取りの方が泣きそうな顔をして「どうぞよろしく願います」と帰っていくのでした。

あべこべですね。

どっちが債権者だかわかりませんね。

しかし、これだけ借金取りが多いと、直木三十五は頭が痛かったでしょうね。

偏頭痛は女性の方に多いので、直木三十五は緊張型頭痛の方の典型だったのでは?

直木三十五は小説家ですから肩こりは年中、職業病のようなものですし、頭痛も職業病のようなものだったかも知れませんね。

偏頭痛とは

片頭痛ともいう偏頭痛(へんずつう)はとくにはっきりした疾患があるわけではないのに繰り返し起こる一次性頭痛のうちの1つです。

偏頭痛は20〜40代の女性にとくに多く見られ、その原因とメカニズムについてはまだ、はっきりとは解明されていません。

頭蓋骨(とうがいこつ)内の血管が拡がり、神経を圧迫しているためであると考えられています。

偏頭痛はストレスや疲れによっても見られますが、生理の2日目にもっとも症状がきつくなる傾向がありますので、女性ホルモンが関わっているものと見られています。

偏頭痛の症状

偏頭痛のおもな症状は月に1〜2回ズキンズキンと脈打つような強い痛みをこめかみから頭の一部に覚えます。

偏頭痛が起きる前に前兆症状として光がチカチカ見えることがあります。

光や音に敏感になり、吐き気などの症状がでることがあります。

また、頭や身体を動かすと頭にひびいてさらに偏頭痛がひどくなる傾向があります。

偏頭痛を起こしているときは、入浴や運動、マッサージなどはやめましょう。

頭の血管がさらに拡がって偏頭痛がひどくなります。

偏頭痛は痛む部分を冷やし、静かな部屋で横になって安静にすることがおすすめです。

偏頭痛が発作的に起きた場合は、こめかみを押さえて血流を阻害するのも1つの方法です。

また、がまんできないほどひどい場合は、専門医の診察を受けたほうがいいでしょう。

偏頭痛の下にくも膜下出血や脳腫瘍などの疾患が潜んでいる二次性頭痛の場合がありますので注意が必要です。

バファリンやセデス、ロキソニンなどの市販の痛み止めはに負担がかかるとか、習慣性になることもありますので、どうしてもの場合を除いてやめた方がいいでしょう。

緊張型頭痛

偏頭痛が血管の拡張で起こるのに対して、緊張型頭痛は筋肉が収縮することで起こります。

緊張型頭痛は起こる原因が偏頭痛とはちがいますので、偏頭痛用の対応を行いますと頭痛が悪化することがあります。

また、緊張型頭痛と偏頭痛の両方を頻繁に起こす人もいますので、そのときの症状を判断して、偏頭痛と緊張型頭痛の対応を使いわけしなければなりません。

緊張型頭痛は年齢や性別を問わず、もっともふつうに見られる頭痛です。

緊張型頭痛は一般に精神的なストレスや長時間のデスクワークなど同じ姿勢を続けたことによって、血行が悪くなり首や頭の筋肉が緊張してしまうことで起こります。

緊張型頭痛は原因・メカニズムが似ているため、肩こりや首のこりをともなう人が多くあります。

緊張型頭痛のおもな症状としては後頭部を中心に頭全体が締め付けられるような重苦しい痛みが起こります。

緊張型頭痛は毎日のように朝から晩まで鈍い痛みが続きます。パソコンなどを使ったあとにとくに痛むことがあります。

緊張型頭痛は軽い目眩(めまい)をともなうこともあり、首や肩を温めると楽になることが多いです。

緊張型頭痛の対策としては蒸しタオル、入浴などで首や肩周辺を温めるとか、ストレッチやマッサージをして筋肉の緊張がほぐすと効果的です。

ふだんから長時間同じ姿勢を続けるのをやめ、ストレスを溜め込まないようにすることが緊張型頭痛の予防になります。

また、首をゆっくり左右に回転させるとか、首を左右に倒してストレッチをするのも効果的です。

ただし、首を回転させるとか、首を左右に倒したとき、首がポキポキ鳴る方はやらないようにしてください。

首の靭帯(じんたい)椎間板(ついかんばん)を傷めることがあります。

偏頭痛のまとめ

片頭痛ともいう偏頭痛(へんずつう)はとくにはっきりした疾患があるわけではないのに繰り返し起こる一次性頭痛のうちの1つです。

偏頭痛は20〜40代の女性にとくに多く見られ、その原因とメカニズムについてはまだ、はっきりとは解明されていません。

頭蓋骨(とうがいこつ)内の血管が拡がり、神経を圧迫しているためであると考えられています。

偏頭痛はストレスや疲れによっても見られますが、生理の2日目にもっとも症状がきつくなる傾向がありますので、女性ホルモンが関わっているものと見られています。

偏頭痛のおもな症状は月に1〜2回ズキンズキンと脈打つような強い痛みをこめかみから頭の一部に覚えます。

偏頭痛が起きる前に前兆症状として光がチカチカ見えることがあります。

光や音に敏感になり、吐き気などの症状がでることがあります。

また、頭や身体を動かすと頭にひびいてさらに偏頭痛がひどくなる傾向があります。

偏頭痛を起こしているときは、入浴や運動、マッサージなどはやめましょう。

頭の血管がさらに拡がって偏頭痛がひどくなります。

偏頭痛は痛む部分を冷やし、静かな部屋で横になって安静にすることがおすすめです。

偏頭痛が発作的に起きた場合は、こめかみを押さえて血流を阻害するのも1つの方法です。

また、がまんできないほどひどい場合は、専門医の診察を受けたほうがいいでしょう。

偏頭痛の下にくも膜下出血や脳腫瘍などの疾患が潜んでいる二次性頭痛の場合がありますので注意をしてください。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ