健康食品・サプリメントの泉

低血圧

18世紀のポーランド生まれのユダヤ人哲学者サロモン・マイモンがある時、友人たちと散歩しているとヤギが道をふさいでいました。

マイモンがヤギをステッキで殴ると友人たちが「残酷だ」ととがめました。

するとマイモンは「デカルト主義者のシュトゥルムは、ヤギは単なる機械だといっているよ」といいました。

哲学の実践ですか。

えらく自己中心的な哲学ですね。

それにヤギにも事情があったかも知れません。

低血圧で動けないとか。

低血圧とは

低血圧の明確な基準はありませんが、一般に最高血圧が100〜110㎜Hg以下であり、頭痛など各種の症状がある状態とされています。

一方、高血圧の基準値は日本高血圧学会の定義によれば、最高血圧が140㎜Hg以上または最低血圧が90㎜Hg以上です。

一般には最高血圧が140㎜Hg以上、最低血圧が90㎜Hg以上の両方またはどちらか一方を満たすときを高血圧と定義しています。

低血圧の症状

低血圧の症状には頭痛のほか、目眩(めまい)、肩こり、動悸、呼吸困難、不眠、疲労感、倦怠感、吐き気、食欲不振、冷え性などがあります。

立ち上がったときに、立ちくらみを起こす低血圧は一時的な低血圧で、起立性低血圧と呼ばれます。

また、遺伝性、心筋梗塞(しんきんこうそく)や心不全貧血更年期障害など他の疾患からの症状として低血圧になる場合もあります。

低血圧は原因がわかっている場合はその原因を取り除く治療を行いますが、原因不明の場合は対症療法としてリズミックなどの血圧を上げる薬剤を投与する薬物療法を行います。

血圧のしくみ

血液心臓のポンプ機能によって動脈を通って全身の血管に押しだされていきます。

心臓が収縮して血液を送りだすときに血圧が最も大きくなり、このときの血圧を最高血圧、または収縮期血圧といいます。

また、逆に心臓が拡張するときの血圧は最小となり、このときの血圧を最低血圧、または拡張期血圧といいます。

最高血圧は心臓の収縮によるもの、最低血圧は大動脈の血管壁の収縮によるものです。

つまり、大動脈の血管壁の伸縮性が正常で動脈硬化の異常などが起こっていない場合は心臓収縮によって送りだされた血液のその半分以上が大動脈でためられ、残りは末梢血管へと送りだされます。

そして心臓の収縮が終わって心臓が拡張を開始し、大動脈弁を閉鎖する拡張期には大動脈にためられていた半分以上の血液が今度は大動脈の血管壁の収縮によって末梢血管までゆっくり移動します。

もし、大動脈に動脈硬化などがあれば、心臓の収縮期は血管の伸縮性が乏しいためためることができる血液量が減り、血圧も高くなって末梢血管へ血液が送りだされます。

心臓の拡張期は大動脈弁が閉鎖しているうえに、動脈の血管壁が収縮しても弾力性に欠けているため、血圧が下がります。

つまり、最高血圧と最低血圧の脈圧の差が開くことは、動脈硬化が進行しているということになります。

最低血圧が高い状態で脈圧が狭いのであれば、常に高い圧力がかかっているということになり、何か血管に圧力をかけ続けている原因があります。

脈圧の差が開くのは高齢者に多く、脈圧の差が狭いのは若い方に多いのです。

低血圧のまとめ

低血圧の明確な基準はありませんが、一般に最高血圧が100〜110㎜Hg以下であり、頭痛など各種の症状がある状態とされています。

低血圧の症状には頭痛のほか、目眩(めまい)、肩こり、動悸、呼吸困難、不眠、疲労感、倦怠感、吐き気、食欲不振、冷え性などがあります。

立ち上がったときに、立ちくらみを起こす低血圧は一時的な低血圧で、起立性低血圧と呼ばれます。

また、遺伝性、心筋梗塞(しんきんこうそく)や心不全、貧血、更年期障害など他の疾患からの症状として低血圧になる場合もあります。

低血圧は原因がわかっている場合はその原因を取り除く治療を行いますが、原因不明の場合は対症療法としてリズミックなどの血圧を上げる薬剤を投与する薬物療法を行います。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁を含む食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ