健康食品・サプリメントの泉

葉酸

一般相対性理論で有名なアルベルト・アインシュタインは1929年3月14日に50歳の誕生日をベルリンで迎えました。

彼はいろいろなプレゼントをもらいましたが、中には失業者からのプレゼントもありました。

それは少しのパイプタバコで、手紙には

「これは相対的にはほんの少しですが、それでも本場から来たものです」

と書いてありました。

失業者が天才といわれたアインシュタインに誕生日のプレゼントをするのは相対的な美談ですね。

ところで、天才は胎児のときにすでに決まっているという話があります。

とくに葉酸は妊娠初期には重要なビタミンですので、摂取はお忘れなく。

葉酸とは

葉酸はビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸ともいわれるビタミンで、アミノ酸およびDNAの合成に関係する重要な水溶性ビタミンです。

1941年に乳酸菌の増殖因子としてホウレン草の葉から発見されたため、フォリウムというラテン語で葉を意味することばから名づけられました。

葉酸はホウレン草、ブロッコリー、イチゴ、枝豆、レバーなどに多く含まれていて、胎児の正常な発育のため、とくに妊娠初期の摂取が重要です。

厚生労働省は妊娠を予定する女性に1日当たり上限を1,000μg、つまり1㎎として480μg、つまり0.48㎎の葉酸の摂取をすすめています。

葉酸の働き

葉酸は細胞の中で酵素によってホモシステインというアミノ酸がメチオニンというアミノ酸に変換される反応の補酵素として働きます。

メチオニンはタンパク質の合成や細胞増殖に必要なDNAの合成に必要な必須アミノ酸です。

とくに、妊娠の初期は胎児の細胞増殖が盛んなので、葉酸がたいへん重要です。

一般に、葉酸が不足すると

  1. DNAの合成障害が原因で悪性の貧血が起こりやすい。
  2. 食欲がなくなるとか口内炎下痢などの症状がでやすい。
  3. 妊娠中に減少すると悪阻(つわり)がひどくなりやすい。

という症状がでます。

そのほか、葉酸が不足すると以下の疾患の発症リスクが高まります。

  1. 心血管系疾患(狭心症心筋梗塞(しんきんこうそく))
  2. 脳卒中脳内出血脳梗塞(のうこうそく))
  3. 末梢神経障害
  4. 抑うつ・アルツハイマー型認知症
  5. 結腸ガン・白血病

なお、現在のところ葉酸のとりすぎによる異常は見られていませんが、1日に1,000μg、つまり1㎎以上の葉酸を摂ると、ビタミンB12欠乏症による巨赤芽球性貧血という疾患を発見しにくくなることが知られています。

妊娠と葉酸

葉酸の不足が問題になるのは妊娠初期の妊婦の方の場合で、葉酸の摂取不足になると胎児の二分脊椎(にぶんせきつい)などの先天性神経管閉鎖障害(せんてんせいしんけいかんへいさしょうがい)の発症のリスクが高くなります。

胎児の二分脊椎の起きた部位では、脊椎(せきつい)の脊髄(せきずい)の神経組織をおおっていないため、神経組織が障害され、下肢の運動障害や膀胱(ぼうこう)・直腸機能障害が起こることがあります。

また、胎児の神経管の上部で閉鎖障害が起きると、が形成不全となり、これを無脳症といいますが、無脳症の場合、流産や死産の割合が高くなります。

二分脊椎などの先天性神経管閉鎖障害は10,000人に対して約3人の割合で見つかっていますが、葉酸を480μg摂取することで、発症率が約70%下がるといわれています。

そこで、厚生労働省は2009年に二分脊椎などの先天性神経管閉鎖障害の防止のために、妊娠適齢期の女性すべてに対して、緑黄色野菜や豆類など葉酸を多く含む食品を食べて、1日に480μgの葉酸を摂取するように勧告しました。

葉酸は体内に蓄えることがなかなかできないので、毎日摂取することが大切です。

しかし、葉酸はホウレン草(ゆで)で100g当たり110μg、ブロッコリー(ゆで)で100g当たり120μg、アスパラガス(ゆで)で180μgほどしか含まれていません。

緑黄色野菜、果物などに多く含まれていますが、十分に摂ることができない場合はサプリメントの利用がすすめられます。

葉酸のまとめ

葉酸はビタミンM、ビタミンB9、プテロイルグルタミン酸ともいわれるビタミンで、アミノ酸およびDNAの合成に関係する重要な水溶性ビタミンです。

葉酸はホウレン草、ブロッコリー、イチゴ、枝豆、レバーなどに多く含まれていて、胎児の正常な発育のため、とくに妊娠初期の摂取が重要です。

厚生労働省は妊娠を予定する女性に1日当たり上限を1,000μg、つまり1㎎として480μg、つまり0.48㎎の葉酸の摂取をすすめています。

一般に、葉酸が不足すると

  1. DNAの合成障害が原因で悪性の貧血が起こりやすい。
  2. 食欲がなくなるとか口内炎や下痢などの症状がでやすい。
  3. 妊娠中に減少すると悪阻(つわり)がひどくなりやすい。

という症状がでます。

そのほか、葉酸が不足すると以下の疾患の発症リスクが高まります。

  1. 心血管系疾患(狭心症、心筋梗塞(しんきんこうそく))
  2. 脳卒中(脳内出血、、脳梗塞(のうこうそく))
  3. 末梢神経障害
  4. 抑うつ・アルツハイマー型認知症
  5. 結腸ガン・白血病

現在のところ葉酸のとりすぎによる異常は見られていませんが、1日に1,000μg、つまり1㎎以上の葉酸を摂ると、ビタミンB12欠乏症による巨赤芽球性貧血という疾患を発見しにくくなることが知られています。

葉酸の不足が問題になるのは妊娠初期の妊婦の方の場合で、葉酸の摂取不足になると胎児の二分脊椎(にぶんせきつい)などの先天性神経管閉鎖障害(せんてんせいしんけいかんへいさしょうがい)の発症のリスクが高くなります。

胎児の二分脊椎の起きた部位では、脊椎の骨が脊髄の神経組織をおおっていないため、神経組織が障害され、下肢の運動障害や膀胱(ぼうこう)・直腸機能障害が起こることがあります。

また、胎児の神経管の上部で閉鎖障害が起きると、脳が形成不全となり、これを「無脳症」といいます。無脳症の場合、流産や死産の割合が高くなります。

二分脊椎などの先天性神経管閉鎖障害は10,000人に対して約3人の割合で見つかっていますが、葉酸を480μg摂取することで、発症率が約70%下がるといわれています。

そこで、厚生労働省は2009年に二分脊椎などの先天性神経管閉鎖障害の防止のために、妊娠適齢期の女性すべてに対して、緑黄色野菜や豆類など葉酸を多く含む食品を食べて、1日に480μgの葉酸を摂取するように勧告しました。

葉酸は体内に蓄えることがなかなかできないので、毎日摂取することが大切です。

しかし、葉酸はホウレン草(ゆで)で100g当たり110μg、ブロッコリー(ゆで)で100g当たり120μg、アスパラガス(ゆで)で180μgほどしか含まれていません。

緑黄色野菜、果物などに多く含まれていますが、十分に摂ることができない場合はサプリメントの利用がすすめられます。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁を含む食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ