健康食品・サプリメントの泉

β-カロテン

ある人が古代ギリシャの哲学者のアリストテレスに「嘘(うそ)をつく人はどんな得をするのでしょうか?」と尋ねました。

するとアリストテレスは「本当のことをいったときに、信じてもらえないということさ」と答えました。

そうですね。

「オオカミと少年」というイソップの寓話もありますし、何度も嘘をつくと信用をなくします。

それが嘘つきへの罰でしょうが、アリストテレスはそれを得だと皮肉ったのですね。

でも、β-カロテンが身体に良いということは嘘ではありませんよ。

β-カロテンとは

β(ベータ)-カロテンはニンジンなどの赤橙色を表すカロテンという色素です。

β-カロテンは体内に摂取されると容易にビタミンAに変換される脂溶性のカロテノイドの一種でもあります。

β-カロテンは野菜ではシソ、モロヘイヤ、ニンジン、パセリ、バジル、明日葉(アシタバ)、シュンギク、ホウレン草、カボチャなどに豊富に含まれています。

また、β-カロテンは脂溶性なので、β-カロテンを含む野菜を油で調理するとβ-カロテンの吸収率が高まります。

β-カロテンのビタミンAとしての効能

β-カロテンは体内に摂取されると、ビタミンAに変換されますが、ビタミンAが不足した場合に必要な量だけビタミンAに変換されます。

ビタミンAは網膜にある光や色を感じる物質、ロドプシンをつくる重要な働きがあります。

ロドプシンは光が当たるとビタミンAに分解されて視覚を生じさせ、その後、ビタミンAからロドプシンに再合成されます。

長時間の目の酷使などでは再合成が間に合わず、ロドプシンが減少していき眼精疲労が起きます。

また、ビタミンAは暗順応にも関係していますので、ビタミンAが不足すると明るい場所から暗いところに移動した際、目が慣れるまで時間がかかります。

ビタミンAの不足は暗いところで物が見えにくくなる夜盲症を引き起こします。

ビタミンAには、腸や気管支などの粘膜を正常に保ち、健康な皮膚をつくる役割があります。

ビタミンAが不足すると、のどや鼻などの粘膜に細菌ウイルスが侵入しやすくなりインフルエンザ風邪などの発症の原因になります。

ビタミンAは皮膚などの粘膜を形成するのを助けて皮膚の角質化を防ぐ作用がありますので、「肌荒れ」「乾燥肌」を防止する、シミ・シワの予防、ニキビ対策などにも効能が期待できます。

ビタミンAの過剰摂取は副作用の可能性があり、とくに妊婦の方の場合、胎児に悪影響を及ぼす恐れがありますので、継続しての過剰摂取は控えなければなりません。

しかし、β-カロテンの場合、体内でビタミンAに変換されますが、必要に応じてのみ転換されるので、ビタミンAの過剰摂取の問題を心配する必要がありません。

β-カロテン自体の効能

β-カロテン活性酸素や過酸化脂質を除去して、細胞を活性化する作用があり、ガンや老化防止(アンチエイジング)に効能が期待できます。

β-カロテンは紫外線によって発生した活性酸素を抗酸化作用によって無害化して、シミやソバカスの原因となるメラニンの発生を抑制する効能が期待できます。

また、β-カロテンには抗酸化作用があることから、血液中の悪玉といわれるLDLコレステロール血管内でたまって酸化するのを防ぐ働きもあり、動脈硬化の予防、狭心症脳梗塞(のうこうそく)・心筋梗塞(しんきんこうそく)の予防の効能が期待できます。

β-カロテンのまとめ

β(ベータ)-カロテンはニンジンなどの赤橙色を表すカロテンという色素です。

β-カロテンは体内に摂取されると容易にビタミンAに変換される脂溶性のカロテノイドの一種でもあります。

β-カロテンは野菜ではシソ、モロヘイヤ、ニンジン、パセリ、バジル、明日葉(アシタバ)、シュンギク、ホウレン草、カボチャなどに豊富に含まれています。

また、β-カロテンは脂溶性なので、β-カロテンを含む野菜を油で調理するとβ-カロテンの吸収率が高まります。

β-カロテンは体内に摂取されると、ビタミンAに変換されますが、ビタミンAが不足した場合に必要な量だけビタミンAに変換されます。

β-カロテンはビタミンAとして目の暗順応の改善や、夜盲症の予防、インフルエンザや風邪の予防、「肌荒れ」「乾燥肌」を防止する、シミ・シワの予防、ニキビ対策としての効能が期待できます。

ビタミンAの過剰摂取は副作用の可能性があり、とくに妊婦の方の場合、胎児に悪影響を及ぼす恐れがありますので、継続しての過剰摂取は控えなければなりません。

しかし、β-カロテンの場合、体内でビタミンAに変換されますが、必要に応じてのみ転換されるので、ビタミンAの過剰摂取の問題を心配する必要がありません。

β-カロテンは活性酸素や過酸化脂質を除去して、細胞を活性化する作用があり、ガンや老化防止(アンチエイジング)に効能が期待できます。

β-カロテンは紫外線によって発生した活性酸素を抗酸化作用によって無害化して、シミやソバカスの原因となるメラニンの発生を抑制する効能が期待できます。

また、β-カロテンには抗酸化作用があることから、血液中の悪玉といわれるLDLコレステロールが血管内でたまって酸化するのを防ぐ働きもあり、動脈硬化の予防、狭心症や脳梗塞(のうこうそく)・心筋梗塞(しんきんこうそく)の予防の効能が期待できます。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ