健康食品・サプリメントの泉

脳卒中

ソビエト社会主義共和国連邦、つまりソ連の中心人物はレーニン、トロツキー、スターリンでした。

そのレーニンは満3歳になるまではよく歩けず、歩けるようになっても不器用で、よくころびました。

しかも、頭からもろに倒れて、アパート中に聞こえるような大声で泣き叫ぶのでした。

レーニンは子どものころから巨頭だったのですね。レーニンは子どものころにころんで頭を打ちすぎたのかも知れませんね。

というのはレーニンの死因は動脈硬化による脳卒中だそうです。

レーニンは子どものころに頭を打ちすぎたせいで、大きくなってから脳内出血を起こしたのかも。

脳卒中とは

脳卒中(のうそっちゅう)とは血管が詰まるとか破れるかして、脳の組織に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害される疾患です。

脳卒中は救急疾患で、発症後4.5時間以内に治療を行うと後遺症が軽くなることがあります。

脳卒中の分類

脳卒中は原因によって、次の4つに分類されます。

  1. 脳梗塞(のうこうそく)
    • 脳梗塞は脳軟化症ともいわれ、脳の血管が細くなることや血栓コレステロールのかたまりで詰まって脳の組織が壊死または壊死に近い状態になってしまった状態のことをいいます。
    • 脳梗塞は以前には脳血栓症(のうけっせんしょう)と脳塞栓症(のうそくせんしょう)に分けられていました。
    • 脳血栓症というのは脳の血管が動脈硬化によりだんだん細くなり、最後には詰まってしまった状態です。
    • 脳塞栓症はどこかにできた血栓やコレステロールのかたまりがはがれて栓子(せんし)となって脳に流れてきて詰まってしまった状態です。
    • 脳梗塞は脳卒中の過半を占める病型です。脳動脈の閉塞(へいそく)ないし、狭窄(きょうさく)にともなって神経細胞に血液が十分に供給されなくなり、神経細胞が障害されます。
    • 脳梗塞はラクナ梗塞、アテローム(粥状)血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症の3つに分類されます。
    • ラクナ梗塞は細い血管の動脈硬化によるもので、アテローム(粥状)血栓性脳梗塞は太い血管の動脈硬化によるものです。
    • 心原性脳塞栓症は心臓内でできた血栓などの異物が血液の流れに乗って脳に届き、脳動脈を詰めて発症します。
    • 心原性脳塞栓症は大きな血管が突然詰まって発症することが多く、3つの病型のなかでは最も急激に症状が現れ、しかも重症であることが多い病状です。
  2. 脳内出血
    • 脳内出血は脳の動脈が破れ、あふれ出た血液が神経細胞を障害することで、症状が現れます。
    • 脳内出血は脳の細い血管、細小動脈が高血圧による動脈硬化で傷み、破れて起こります。
    • 細小動脈は脳内に深く入り込んでいますので、出血は脳内の広範囲に広がります。
  3. くも膜下出血
    • くも膜下出血は脳の動脈が破れることにより症状が現れますが、破れる血管は脳の表面を走る主幹脳動脈です。
    • 主幹脳動脈の一部が瘤状に膨れて破裂します。主幹脳動脈の動脈瘤が破裂しますと、脳の表面をおおうくも膜という薄い膜の内側に出血します。
    • くも膜下出血は脳卒中の中では死亡率が非常に高く、重症になることが多い病態です。
  4. 一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ)
    • 一過性脳虚血発作は脳梗塞と同じように起こった神経障害の症状が24時間以内に消えてしまう状態をいいます。
    • 一過性脳虚血発作の大部分は1時間以内に症状が消えますし、数分間の発作で済んでしまう場合も少なくありません。
    • 一過性脳虚血発作は脳梗塞の前触れであることが多く、脳梗塞を発見するために重要ですが、検査や治療を行わず放置すると脳梗塞にまでいたってしまうことがよくあります。
    • 一過性脳虚血発作は脳梗塞を起こす前に適切な治療を開始すると、脳梗塞を予防する可能性が期待できます。

脳卒中の症状と予防

脳は部位ごとにつかさどる機能がいろいろありますので、脳卒中は障害される部位により、いろいろな症状が現れます。

脳卒中の症状としては次のようなものがあります。

  1. 片方の手足・顔半分のマヒ・しびれが起こる
  2. 呂律(ろれつ)が回らない、言葉が出ない、他人のいうことが理解できない
  3. 力はあるのに、立てない、歩けない、フラフラする
  4. 片方のが見えない、物が2つに見える、視野の半分が欠ける
  5. 激しい頭痛がする

上記の症状のうち、1つだけが現れることもありますし、いくつかの症状が重なる場合もあります。

重症の場合は意識をなくすこともあり、注意が必要です。

自分や周りの方にこのような症状がありましたら、一刻も早く専門医を受診することが大切です。早ければ早いほど後遺症が少なくなります。

脳卒中を起こす最大の原因は、高血圧と加齢だといわれていますが、いちばん数の多い脳梗塞の原因はさまざまです。

脳卒中の原因には高血圧、加齢のほかに糖尿病狭心症心筋梗塞などの虚血性心疾患があります。

また、脂質異常症肥満タバコアルコールストレス、脱水、炎症、血液凝固系異常(血が固まりやすいこと)があります。

その他遺伝やまれに抗リン脂質抗体症候群、インスリンの濃度が高い高インスリン血症や高ホモシスティン血症などが脳卒中の原因になることがあります。

これらのリスクの多くは簡単な検査でわかります。

健康診断や人間ドックでこれらのリスクが見つかれば、早めに動脈硬化の予防などの生活習慣の改善や治療をすることが脳卒中の予防につながります。

加齢や遺伝は治療できませんが、同時に存在する他のリスクをしっかり治療すれば、脳卒中の予防に十分役立ちます。

脳ドックなどで行うMRI検査で偶然、無症状であっても、かくれ脳梗塞とか無症候性脳梗塞が見つかることがあります。

また、破裂する前の動脈瘤が見つかることもあります。このときは、早急に神経内科、脳外科医、脳卒中専門医などの専門の医師に相談しましょう。

脳卒中のまとめ

脳卒中(のうそっちゅう)とは脳の血管が詰まるとか破れるかして、脳の組織に血液が届かなくなり、脳の神経細胞が障害される疾患です。

脳卒中は救急疾患で、発症後4.5時間以内に治療を行うと後遺症が軽くなることがあります。

脳卒中は原因によって、脳梗塞(のうこうそく)、脳内出血、くも膜下出血、一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ)の4つに分類できます。

脳は部位ごとにつかさどる機能がいろいろありますので、脳卒中は障害される部位により、いろいろな症状が現れます。

脳卒中を起こす最大の原因は、高血圧と加齢だといわれていますが、いちばん数の多い脳梗塞の原因はさまざまです。

脳卒中の原因には高血圧、加齢のほかに糖尿病、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患があります。

また、脂質異常症、肥満、タバコ、アルコール、ストレス、脱水、炎症、血が固まりやすい血液凝固系異常があります。

その他遺伝やまれに抗リン脂質抗体症候群、インスリンの濃度が高い高インスリン血症や高ホモシスティン血症などが脳卒中の原因になることがあります。

これらのリスクの多くは簡単な検査でわかります。

健康診断や人間ドックでこれらのリスクが見つかれば、早めに動脈硬化の予防などの生活習慣の改善や治療をすることが脳卒中の予防につながります。

加齢や遺伝は治療できませんが、同時に存在する他のリスクをしっかり治療すれば、脳卒中の予防に十分役立ちます。

脳ドックなどで行うMRI検査で偶然、無症状であっても、かくれ脳梗塞とか無症候性脳梗塞が見つかることがあります。

また、破裂する前の動脈瘤が見つかることもあります。このときは、早急に神経内科、脳外科医、脳卒中専門医などの専門の医師に相談しましょう。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁を含む食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ