健康食品・サプリメントの泉

過敏性腸症候群

明治から昭和の文芸評論家の千葉亀雄(ちばかめお)は立派なカイゼルひげを生やしていました。

ある宴席で酔客の1人が芸者に「あの男のヒゲはつけヒゲだから引っ張ってご覧」と教えました。

その芸者は本当のことと思い、千葉亀雄のヒゲを引っ張って「あら、取れないわ」といいました。

イタズラにも程(ほど)がありますね。

ヒゲとか毛髪は引っ張られるととても痛いですからね。

でも千葉亀雄にとってはヒゲを引っ張られることが過敏性腸症候群発症のスイッチとなっていたりして。

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)とは腸や血液の検査などで異常がないのに腹痛などとともに下痢便秘が長期間続く疾患です。

過敏性腸症候群は以前、過敏性大腸と呼ばれていましたが、大腸だけではなく小腸も含めた腸全体の機能の異常であるために過敏性腸症候群と呼ばれるようになりました。

過敏性腸症候群は20〜40代の男女に多く、60%ほど女性の方が男性よりも罹患率が高くなっています。

また、過敏性腸症候群では男性では下痢のタイプが多く、女性では便秘のタイプが多いことが特徴です。

過敏性腸症候群の症状

過敏性腸症候群のおもな症状は腹痛か腹部膨満感などの腹部不快感をともなう便通の異常です。

過敏性腸症候群の腹痛も急激に起こる場合と持続的に起こる場合があり、排便後に一時軽快することがあります。

過敏性腸症候群の特異的な症状は食事によって起こることが多く、睡眠中は症状がないということです。

過敏性腸症候群のもっともやっかいな下痢のタイプでは突然生じる便意のため外出が困難になり、通勤や通学など日常生活に支障が出ます。

過敏性腸症候群には世界的な自覚症状診断基準があり、次の症状が3か月以上続くというものです。

  1. 排便によって軽快すること。また、腹痛をともなう腹部不快感、排便回数の変化をともなう腹部不快感、便の硬さの変化をともなう腹部不快感があること。
  2. 排便回数の異常、便性状の異常、便排出の異常、粘液の排出、鼓腸(こちょう)と呼ばれる腸の膨らみ、膨満感のうち2つ以上の症状があること。

以上の症状があって、ポリープやガン、憩室(けいしつ)、潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)、クローン病でないことなどの検査を行います。

また、過敏性腸症候群は血液検査尿検査、便潜血検査などや腹部のS字結腸の圧痛確認などにより診断します。

過敏性腸症候群は症状が長引き、完治することが少ないので過敏性腸症候群とうまく付き合いながら日常を生活することが大切です。

そのため、過敏性腸症候群の治療はストレスを避ける生活や胃腸を刺激しない食事の指導、乳酸菌や酪酸菌製剤による薬物療法などがあります。

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)はおもに大腸粘膜に潰瘍(かいよう)や糜爛(びらん)と呼ばれるただれができる原因不明の非特異性炎症性疾患です。

潰瘍性大腸炎は似た症状を持つ、クローン病とともに厚生労働省から特定疾患、つまり難病に指定されていますので、申請すると治療に助成金が出ます。

潰瘍性大腸炎は男性では20代前半、女性では20代後半に多くみられますが、40~60代の発症例も増えてきています。

潰瘍性大腸炎の症状は粘血便、下痢、便秘の繰り返しのほか、水分が吸収されにくい、風邪をひきやすくなる、発熱、体重減少、腹痛、貧血などの症状があります。

潰瘍性大腸炎の診断は持続性または反復性の粘血・血便あるいはその既往があって、内視鏡検査や大腸のレントゲン検査によって潰瘍や糜爛が認められることなどです。

過敏性腸症候群のまとめ

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)とは腸や血液の検査などで異常がないのに腹痛などとともに下痢や便秘が長期間続く疾患です。

過敏性腸症候群は以前、過敏性大腸と呼ばれていましたが、大腸だけではなく小腸も含めた腸全体の機能の異常であるために過敏性腸症候群と呼ばれるようになりました。

過敏性腸症候群のおもな症状は腹痛か腹部膨満感などの腹部不快感をともなう下痢や便秘の便通の異常です。

過敏性腸症候群は血液検査、尿検査、便潜血検査などや腹部のS字結腸の圧痛確認などにより診断します。

過敏性腸症候群は症状が長引き、完治することが少ないので過敏性腸症候群とうまく付き合いながら日常を生活することが大切です。

そのため、過敏性腸症候群の治療はストレスを避ける生活や胃腸を刺激しない食事の指導、乳酸菌や酪酸菌製剤による薬物療法などがあります。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁を含む健康食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ