健康食品・サプリメントの泉

ウオーキング

「あめりか物語」などを書いた明治から昭和の小説家、永井荷風(ながいかふう)は晩年幸田露伴(こうだろはん)のものばかり読んでいました。

そして永井荷風は読みながら声をだしていうのでした。

「やっぱりうまい。僕よりもうまい!」

永井荷風の小説の上手下手は自分が基準なのですね。

まあ、永井荷風は正直なのですね。

ほかの小説家、森鴎外(もりおうがい)や夏目漱石(なつめそうせき)は自分よりもうまいといって他人を褒めませんでしたからね。

ところで、ウオーキングは歩数とかタイムを測って記録しておくと体力の向上が実感できます。

もちろん、基準は自分で、ウオーキングをはじめたころを基準にするとよいですよ。

ウオーキングとは

ウオーキングは健康維持や体力増強のための歩行運動です。

歩くという動作から、散歩に似ていますが、散歩はとくに散歩の目的や目的地がありません。

散歩は気分転換をはかることがもっとも大きな目的ともいえます。

それに対してウオーキングは健康を目的として歩く、または歩くことで健康になるというもっとも大きな目的があります。

そのためには、正しい歩き方でウオーキングすることが必要です。

正しい歩き方とは

  1. 正しい姿勢
    背筋を伸ばし、お腹を引っ込め、あごを引きます。
  2. 手を大きく振る
    拳を軽くつくり、肘(ひじ)を曲げて、大きく前後に振ります。
  3. 大股で歩く
    大きく脚を前に出し、かかとから着地して、つま先で地面を蹴ります。
  4. できるだけ早足であるく
    少し汗ばむ程度のウオーキングにするためには、早足が必要です。

紫外線の強い夏は、スウェットスーツに運動靴や帽子、サングラスを準備してウオーキングをしましょう。

また、スポーツドリンクなどの準備もできれば、なおいいでしょう。

歩数計や、ストップウオッチがあれば、毎日の記録がとれて、体力の向上が実感できます。

ウオーキングの時間は最低でも10分以上、できれば20分以上行うことが望ましいです。

ウオーキングの効能

ウオーキングの効能としては、心肺機能の向上がもっとも期待できます。

階段の昇り降りで息が切れていた方もウオーキングを続けていると、息が切れなくなります。

ウオーキングは有酸素運動になりますので、中性脂肪の燃焼によるダイエットの効能も期待できます。

また、ウオーキングはストレスの解消の効能が期待できます。

そのほか、ウオーキングは血液の循環がよくなりますので、集中力や記憶力の向上の効能も期待できます。

有酸素運動とは

有酸素運動とは酸素を空気中から取り込みながら長時間運動し、もっぱら体脂肪と血液中の中性脂肪をエネルギー源とする運動のことです。

代表的な有酸素運動にはウオーキング、ランニング、ジョギング、サイクリング、水泳などがあります。

一般に有酸素運動は最低でも10分、できれば20分以上行うことが望ましいといわれています。

しかし、ダイエットや運動療法として行う有酸素運動をのぞくと、続けて20分以上という時間にこだわる必要はありません。

有酸素運動を20分以上行わなければ、体内の脂肪は使われないように思われますが、10分でも効果がある、脂肪を燃焼させる効率のいい時間帯というものがあります。

それは、空腹時です。起床直後、昼食前、夕食前など血液中の血糖値が下がっているときに有酸素運動を行うと、効率よく脂肪を燃焼させることができます。

運動のはじめは血液中のブドウ糖がエネルギーとして使われやすく、運動を続けていくことで徐々に脂肪がエネルギー源として利用されていきます。

起床直後などは血糖値が低く、起床直後に有酸素運動を行うと、すぐにブドウ糖は消費されてしまい、効率よく脂肪を燃焼させることができるわけです。

起床直後のウオーキングは気分のリセットも行われ、すっきりできておすすめです。

夏場などの暑い季節には有酸素運動を行う前に、水分を補給してから有酸素運動を行いましょう。

ウオーキングのまとめ

ウオーキングは健康維持や体力増強のための歩行運動です。

ウオーキングは健康を目的として歩く、または歩くことで健康になるというもっとも大きな目的があります。

そのためには、正しい歩き方でウオーキングすることが必要です。

正しい歩き方とは

  1. 正しい姿勢
    背筋を伸ばし、お腹を引っ込め、あごを引きます。
  2. 手を大きく振る
    拳を軽くつくり、肘(ひじ)を曲げて、大きく前後に振ります。
  3. 大股で歩く
    大きく脚を前に出し、かかとから着地して、つま先で地面を蹴ります。
  4. できるだけ早足であるく
    少し汗ばむ程度のウオーキングにするためには、早足が必要です。

紫外線の強い夏は、スウェットスーツに運動靴や帽子、サングラスを準備してウオーキングをしましょう。

また、スポーツドリンクなどの準備もできれば、なおいいでしょう。

歩数計や、ストップウオッチがあれば、毎日の記録がとれて、体力の向上が実感できます。

ウオーキングの時間は最低でも10分以上、できれば20分以上行うことが望ましいです。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁はあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ