健康食品・サプリメントの泉

便秘

古代中国の晋(しん)の有名な画家、顧愷之(こがいし)は気に入った絵が描けたので、箱に入れ、知人の桓玄(かんげん)のところへ届けました。

顧愷之は桓玄にただ見せるために届けたのに桓玄も気に入って、絵だけとって箱だけ顧愷之に返しました。

すると、顧愷之は「人間も登仙するが、名画も霊妙な力を持っていて消えるものさ」といったそうです。

なるほど。

でも、名画も消えるなら、便秘の便も消えてくれませんかね。

便に消える霊力のつく食物はやっぱり食物繊維と乳酸菌ぐらいしかありませんか。

便秘とは

便秘(べんぴ)とは排泄の回数が少ないこと、また、排泄物、つまり便がお腹の中にたまっていることです。

便秘はや腸などの消化器の機能低下による機能性便秘と、腸の先天性の異常や腸閉塞、大腸ガンなどの疾患による異常で起こる器質性便秘に大きくわけられます。

ふつう私たちが便秘といっているのは機能性便秘で、器質性便秘の場合はすぐに医師などの専門家の治療が必要です。

便秘になると

便秘には便意をがまんすることで起こる便秘や、ストレスや水分不足から起こる便秘などいろいろあります。

3日以上排便がないと便秘と考える人は多いのですが、よい腸内環境であれば、排便は1日1回あるのがふつうです。

食べたものが消化されて排便されるまでの時間は24時間が目安です。

一般的な便の水分量は80%ですが、大腸に長時間とどまっている便からは、水分がどんどん吸収されていきますので、70%以下になり、どんどん固くなってしまいます。

固くなると腸の中で動きにくくなり、どんどん溜まるという悪循環になってしまいます。

便秘は、腸内に便が長期間溜まった状態ですから、小腸の回腸から大腸にかけての腸内フローラに棲む腸内細菌に悪い影響を与えます。

便がエサとなって日和見菌(ひよりみきん)の大腸菌の無毒株、悪玉菌(あくだまきん)のウェルシュ菌や大腸菌の有毒株などが増殖します。

悪玉菌が善玉菌(ぜんだまきん)よりも多くなりますと、腸内の腐敗が進み、アンモニアフェノールインドールスカトールなどの有害な物質が増えます。

そして便秘が続くと、それらの有害物質はどんどん腸壁から吸収されて、血液中をめぐります。

ですから、悪玉菌が善玉菌よりも増えることは、体調が悪くなり、「肌荒れ」やさまざまな疾患にもつながると考えられています。

便秘の予防

便秘を予防するためには、食物繊維をよく摂ることです。

食物繊維は、善玉菌のエサになりますし、整腸作用があって、水分を吸収してスムーズに外に運ばれる便をつくってくれます。

そして、生きたビフィズス菌や乳酸菌の入っているヨーグルトや乳酸菌飲料を摂ることも大切です。時間や手間のかけられない方はサプリメントで補うとよいでしょう。

漬け物などの植物性乳酸菌と食物繊維を摂取することも便秘には効能が期待できます。

腸内細菌は個人によってすべて違いますから、いろいろなヨーグルトや漬け物などを試して自分に合うものを見つけてください。

そして、ウオーキングなどで便をだす筋肉骨盤底筋を鍛えてください。

ところで、ダイエットは便秘にはよくありません。食べないと、便の材料が不足して便秘になりがちです。

すると、悪玉菌が有害物質を発生させ、有害物質が血液中をめぐると、身体はその有害物質を排除しようと働きます。

そして、身体の本来の働きであるエネルギー代謝、つまり基礎代謝量が落ちて、痩せにくい身体になってしまいます。

ダイエットをしているつもりが、逆に痩せにくい体質をつくってしまい、また有害物質のために不健康になるということにもなります。

便秘のまとめ

便秘(べんぴ)とは排泄の回数が少ないこと、また、排泄物、つまり便がお腹の中にたまっていることです。

便秘は胃腸などの消化器の機能低下による機能性便秘と、腸の先天性の異常や腸閉塞、大腸ガンなどの疾患による異常で起こる器質性便秘に大きくわけられます。

ふつう私たちが便秘といっているのは機能性便秘で、器質性便秘の場合はすぐに医師などの専門家の治療が必要です。

3日以上排便がないと便秘と考える方は多いのですが、よい腸内環境であれば、排便は1日1回あるのがふつうです。

食べたものが消化されて排便されるまでの時間は24時間が目安です。

便秘は、腸内に便が長期間溜まった状態ですから、小腸の回腸から大腸にかけての腸内フローラに棲む腸内細菌に悪い影響を与えます。

悪玉菌(あくだまきん)が善玉菌(ぜんだまきん)よりも多くなりますと、腸内の腐敗が進み、アンモニア、フェノール、インドールやスカトールなどの有害な物質が増えます。

そして、便秘が続くと、それらの有害物質はどんどん腸壁から吸収されて、血液中をめぐります。

ですから、悪玉菌が善玉菌よりも増えることは、体調が悪くなり、「肌荒れ」やさまざまな疾患にもつながると考えられています。

便秘を予防するためには、食物繊維をよく摂ることです。食物繊維は、善玉菌のエサになりますし、整腸作用があって、水分を吸収してスムーズに外に運ばれる便をつくってくれます。

そして生きたビフィズス菌や乳酸菌の入っているヨーグルトや乳酸菌飲料を摂ることも大切です。時間や手間のかけられない方はサプリメントで補うとよいでしょう。

漬け物などの植物性乳酸菌と食物繊維を摂取することも便秘には効能が期待できます。

腸内細菌は個人によってすべて違いますから、いろいろなヨーグルトや漬け物などを試して自分に合うものを見つけてください。

そして、ウオーキングなどで便をだす筋肉、骨盤底筋を鍛えてください。

なお、健康食品やサプリメントとしての青汁を含む食品やサプリメントはあくまでも健康食品ですので、医薬品ではありません。

期待される効能もエビデンス(医学的根拠)が認められていません。したがって、効能を保証することはできませんのでご注意ください。

体調の悪い方、すでに疾患にかかっている方、妊婦の方、高齢者の方、児童などは摂取する前に必ず医師などの専門家にご相談ください

こちらに興味をもっていただけそうなものがあります。よろしければ、ご覧になってください。

こちらからどうぞ1
こちらからどうぞ2
こちらからどうぞ3

最新情報はこちらからどうぞ